RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
もうすぐさよなら AlfaRomeo 155TS Super
次男の誕生と同時に我が家にやって来たAlfaRomeo155TS Super。

前任車のAlfaRomeo33 1.5から数えると都合25年間左ハンドルMTで過ごしたことになります。(上から三段目真ん中がAlfaRomeo33です)

15年以上走らせての走行距離は僅か46850キロと極僅ですが、沢山の思い出を残してくれました。

15年前はよくゲレンデに出向くことがありましたし、市内も現在より積雪量が多かったので、購入後すぐに純正装着のPIRELLI P-4000という夏タイヤを外してしまいました。 以来ずっとPIRELLIの高速対応スタッドレスタイヤで通年を過ごしています。 踏面の柔らかいPIRELLIのお陰で155のシャシー・ダンパーのヤレが抑えられたのではないかと推測しています。

後に弟が購入したFIAT500はもちろん、ALFA33とも全く違うステアリングフィールは、柔らかいスタッドレスタイヤを履いていても大きく損なわれる事はありませんでした。 もともとフロントアクスルを中心にじんわりと深くロールしながらコーナーをいなしていくシステムですので、横方向には望外のグリップを発揮しながらも、縦方向にはそれなりの腰砕け感を伴うPIRELLIスタッドレスタイヤは、あまり危険な速度域に脚を踏み込まずにおきながら車との対話を楽しむという事の助けになっていたように思えます。 但し五分山を越えてすり減ってからのロードノイズには辟易しましたが、、。

ALFAに乗り心地も何も無いだろうと訝しくお思いの方がおられるかもしれません。 しかし、れっきとしたセダンです。 確かに前席中心に設えられたシャシーセッティングの為に、後席の乗り心地は褒められたものでは無いのですが、写真を御覧ください。 後席の住人用に設えられたロールスクリーン、灰皿(時代を感じます)、エアアウトレット、分厚いクッション。 90度近くまで開くドア。 それを支えるしっかりとした造りのヒンジ。 SUPER仕様は明るい内装色も魅力でした。

ボディフロントやリアはもちろん、ホイールセンター、ステアリング、ガラスやシートベルトアンカー、ウィンカーレンズ、ヘッドライトユニット、ペダルにまで刻印されたALFAの紋章。

王冠を戴いた蛇はビスコンティ家の富と力の象徴。 十字軍で聖地奪還に力を注いだビスコンティ家らしく、蛇が飲み込むのはサラセン人の王子とのこと。 現在の意匠では、それが人間だと判らないものになっています。 私も最初は3つに割れた舌だと思っていました。

現在のエンジンルームは樹脂製カバーで覆われたモノがほとんどです。 このツインスパークエンジンも、世代によってはそのヘッドカバーは樹脂製のものとなります。 写真のヘッドカバーは合金製。 その下に隠されている8本のスパークプラグをイメージさせるデザインとなっています。

この車を選ぶ時に、「流石にキャブレター仕様ではないけど、時速100キロ時に三千回転近く回るようなマニュアルミッション車なんて、絶滅危惧種指定を受けるだろうな。 この種の車に乗れるのはこれが最後になるかも?」と感じていたことを思いだします。

マニュアルミッション車は今でも選べますが、多くの場合それは高価なグレードに限定されています。 実際に、私がこの度購入する車は2ペダル車となりました。 ちょっと残念です。

まだ、一年半程車検が残っていますので、ぜひどなたかに可愛がっていただきたいと心から望みます。

ブレーキパッドは限界近くまで減っていますが。エンジンは絶好調。 100キロ巡航時にはリッター15キロ程の燃費を出します。 オイル消費は1リッターあたり3000キロ前後でしょう。 オーバークール気味で、冬場の高速走行時にはエアコンを使わないと暖房が効きづらい程で、酷暑でもオーバーヒートの経験はありません。

ヘッドライトはHID仕様に変更済み。 ラジエーターコアは2年前に交換済み。 タイミングベルトASSYは5年前に交換済み。 

運転席にしかエアバッグは装備されていませんが、故に低いスカットルや広い車室幅が90年代車故の雰囲気を醸し出します。

 本国でも部品供給が滞るとの話です。 もしブツケたら部品が無いので治らないかもと脅かされていました。 

あぁ、それがなかったら。もし不具合が出ても、きちんと治るなら、、もっとずっと乗っていたかったです。

ほんとに愛着がある車ですので、もう一花、新しいオーナーさんの元で魅力を発揮して欲しいと心から願います。 明後日の朝の買い物が最後のドライブになりそうです。 ちょっと遠回りしようかな。
| | 22:28 | comments(2) | - |