RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
プロの技を見た? 最終戦ブラジルGP
2007年最終戦ブラジルGPはフェラーリ・キミ・ライコネンが制し、大逆転で年間チャンピオンの座も獲得する形で終わりました。 昨年まで在籍したマクラーレンが、昨年度に持ち合わせていなかった信頼性を取り戻して、自分が座っていた椅子に乗る新人がまさかの大活躍。 もう一人のチャンピオンも人後に落ちない速さを披露していました。 

しかし、件のスパイ疑惑でマクラーレンはまさかの失格扱い。 製造者部門での参加資格は奪われました。 ドライバー部門は失格扱いとならないという裁定でしたが、これは第3位グループを走るBMWドライバー・チームが半分ほどのポイントしか持ち合わせていない為、シリーズ終盤の興味を観戦者が失わないようにとの思惑が有ったためと想像します。

その後、上海GPでハミルトンが不自然な行動を取りました。 このGPで4位に入れば総合王者が決定するハミルトンは優勝はおろかポールポジションも必要有りません。 しかし意地になってのポール奪取。 あげくの不自然なリタイヤ。 それを見た時に「筋書き」を確信しました。 その時の記事はこちら。

 下衆の勘ぐりがあたっているのかどうかはさておき、ライコネンが年間王者となったわけですが
最終盤に難コースをファステストラップで攻略する様は王者にふさわしいものではありました。 ハミルトンの不可解なメカニカルトラブルには興をそがれましたが、、。

玉突き屋の子供として思うことがあります。 技量に大きな差がある場合、上手は下手の機嫌を取ることが出来ます。 ビギナーが自分の実力を錯覚してしまうような世界を演出できます。 相手に悟られずに失敗したり、失敗の後に好機を創出することも出来ます。

筋書きのあるプロレスでも上手下手があります。 心底興奮できるものもあります。 それは真剣勝負といわれるボクシングより楽しめます。 

さて、今年の戦いはどうだったのでしょう? 優勝争いにお楽しみが無かったとしても、ハイドフェルド・クピサの鍔迫り合いは楽しめました。 ベッテルやスーティルという新しい才能も出てきました。

来年に目を移すと、ドライバーズエイドと呼ばれるシステムの禁止が楽しみです。 ホンダ・トヨタの巻き返しはあるのか?

浮気な男を愛する女性の台詞ではありませんが、「嘘をつくなら上手についてね。」
| formula-1 | 00:27 | comments(2) | - |
マスター、こんにちわ。

ライコネンの逆転にはビックリしました。
マスターはある程度は予想されてましたが世間の皆は驚いたことでしょう。
最大ポイント23からの逆転劇は前代未聞でしょう。
よほどの策略がない限りありえません。
確かにハミルトンの不可解なトラブルには思わず『何してんねん』と叫んでました。
長年フェラーリを応援してきましたが今回ほど素直に喜べませんでした。
アイスマンだろうが何だろうが自分に嘘偽りがなく正々堂々と勝ったならもっともっとオーバーアクションして喜んでもいいのじゃないかったかなぁと・・・。
マッサを見てたらいつものマッサじゃなかったようにも見えました。
気のせいかも知れません。
八百長はなかったのでしょうか?
| しんじろう | 2007/10/23 3:58 PM |

ねぇ。 1チーム2名構成であればイコールコンディションはあり得ません。 テストドライバーより遅い正ドライバーもいます。 セナはベルガーにもブーツェンにも譲ったことがありました。 ベネトンも広告効果を狙って最終ラップにはランデブーを強制した時代もありました。
チームに参加し、グリッドに並ぶまでに戦いの大部分が終了しているとも言えませんでしょうか? 
チームにはレース自体には興味が無くても、他を陥れる事で報酬を得ている輩も存在していましょう。 その情報にも値段が付くようですし。
とはいえ、来期からはトラコンやABSなどのドライバーズエイドが禁止されます。 より人間同士の戦いに近くなりそうです。 良いマシンでも使いこなせないドライバーの馬脚が露わとなりますね。
あまりに酷いと皆が離れます。 あまりにシリアスでも駄目かもしれません。 今年はもう終わりました。 来年に期待しましょうや。
| rhymin master | 2007/10/23 11:13 PM |