RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

8月19日(日曜日)地蔵盆でおやすみです

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
3月1日以降 メール送信が出来なくなった方は居られませんか?
3月1日あたりにMacOSLionアップデートのパッチ配信がありました。

これにより、全開のメジャーアップデート後にスリープ解除後にインターネット接続に手動操作を要求されるようになっていた事が無くなり喜んでおりました。

しかし、おそらく時を同じくしてメール送信が出来なくなってしまいました。 ブラウザは問題なく走りますし、メール受信も問題なく出来ています。 メールソフトとして使用しているMailの接続診断も異常なしと表示しています。

同じ無線LANに接続しているプレステ3も大丈夫。 ブラビアも大丈夫。 iPod touchからのメール送信も出来ます。

これはiMac自体か、Mailアプリの問題だと考え、リストアディスクを持たないiMacのダウンロードリストアに挑みました。 ADSL環境下では2時間程かかります。

作業は問題なく終わりましたが、状況に変化はありません。 ほとほと疲れます。

次のMountainLionになるまで放置しようか?などと消極的になっていましたが、頼みにしていた妻が使用しているiMac(スノーレパード仕様)までもが同様のトラブルを抱えていることが発覚!

OSバージョンが異なるのに(アップデート内容も異なる)のに、同様のトラブルが出ているということは、プロバイダ側に問い合わせるのが近道と考え、まずはFAQを確認します。

すると、どうやら?と思われるページに辿り着きました。

SMPTサーバのオプションを選択し(以前は認証なしで問題なかったようですが?、、、、)パスワードを使うに変更してから、し時に従い個別に持っているパスワードを入力しました。  

これで復旧します。

これまでパスワード無しで走っていたのに、何故にこのような作業を行う必要が発生したのか? それは判りません。 これがタイガースネット側の問題なのか、アップデートデータ側の問題なのか? 判りません。

問題が解決するまで、文言を変えながらかなり検索しましたが、そこからは参考になる情報は見つかりませんでした。

もし、タイガースネットでアップルをお使いの方で同様のトラブルを抱えた居られる方がいらっしゃったら、と思いここに書き留めました。

いくつかのキーワードを意識して書きましたので、上手く引っかかることを願います。

しかし、パソコンのトラブルは消耗するわ、ほんまに。

今日戴いたプロバイダーからのお知らせで再確認したのですが、どうやら迷惑メールを防ぐための仕組みが、ユーザーが発信するメールに影響を及ぼしていたとのことです。

OP25B(Outbound Port25 Blocking)と呼ばれる対策らしいのですが、このような仕組みのことなど知らないままのユーザーが殆どだと思います。

プロバイダーのお知らせを一部抜粋して掲載しますと

最近プロバイダが提供するメール送信サーバを使用せずに、ウイルスメール、迷惑メールやフィッシングメールなどの迷惑メールが多数送信されるようになり、 大きな社会問題になっています。 このような状況から〇〇プロバイダーではサービス会員のみなさまをはじめとするインターネット利用者のセキュリティ向上を図るため、他のプロバイダと協調しながら、「25番ポートブロックOP25B(Outband Port 25 Blocking)」を順次実施してまいります。

迷惑メールの送信や個人情報の流出を防止する対策です。 迷惑メールの多くは、ご利用プロバイダのメールサーバーを経由せずに、直接送信されます。このような直接送信のメールを阻止して、迷惑メールの送信を防止するのがOP25B(Outbound Port25 Blocking)と呼ばれる対策です。 外部ネットワークのメール送信ポート25番へのアクセスを禁止します。

ADSL Sプラン、フレッツコース、ダイアルアップコース、モバイルコースをご利用のお客様は、〇〇プロバイダーのメールサーバーの外部ネットワークをご利用されているため、このままではメールの送信ができません。ここで登場するのがサブミッションポート(Submission Port 587)です。

メール送信は一般的に「25番ポート」と呼ばれるポートを使用して送信します。しかし、これまでの説明のとおりこの25番ポートの使用が規制されます。そこでサブミッションポートとして「587番ポート」を使用してメール送信できるようにしたものです。587番ポートを使用した通信はSMTP認証されますので送信ユーザーが特定され、迷惑メールの防止になります。 このサブミッションポートをメールソフトに設定することによりメールの利用が可能になります。他社プロバイダのメールサーバーを利用したい場合も同様で、サブミッションポートの利用を許可していないプロバイダのメールサーバーでの送信はできなくなりますのでご注意ください。サブミッションポート対応プロバイダを下記しますが、詳しくはご利用のプロバイダにお問合せください。

判る人には判るんでしょうが、私は普段の作業でこのような仕組みのことなど考えていませんでしたので、プロバイダーのFAQを見るまで全く混乱していました。

あまりにオートマチックなのも不安ですが、専門用語の羅列も感心しません。もっと上手い防御策や上手い通知が有っても良いのに、と恨み言のひとつも言いたくなりました。 

PCを触る方ならどなたも経験されたことがあると思いますが、ほんとに消耗しますね。
| お知らせ | 01:49 | comments(3) | - |
今更ですけど、おつかれさまでした。ひどい話です(笑)。事前アナウンスが欲しかったですね。
| pmc | 2012/03/16 1:27 AM |

知り合いの知り合いが乗るフェラーリが高速道路上で炎上したという話を聞き
「水温計、油圧、油温、はたまた音や振動等を自分で管理できずに、火を噴くまでなにも判らないなら、乗る資格なし」と断罪した覚えがあります。

「ガソリンさえ入れておけば良いのだろう? 後は点検に出しているのだから大丈夫」だとの考えは「ダメ」だと思っていました。

でも。Web管理の専門家達は、私のように「それくらいはみんなわかっているだろう」と考えていたのかもしれません。

自分自身も気をつけようと考えなおしました。

それと、先程次男の入試発表があったのですが、第一希望校に合格しました。
やれやれ、ほっとしました。

これで、色々な事を決め始められます。 良かった。
| rhymin' master | 2012/03/16 9:39 AM |

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
| ビジネスマナーメールのマナー | 2012/03/28 1:46 PM |