RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
Bluetooth仕様 サウンドピーツ社のQ12
ベストセラーQY7を筆頭にBluetooth接続仕様のスポーツイヤホンを数多く販売しているサウンドピーツ社製の製品です。

製造元から数多くの製品を提供していただいており、対価としてAmazonレビューを書いております。

それに際して、サウンドピーツ社側から評価の上乗せや指導の類は一切ありません。

自腹購入を想定してレビューを制作しております。

初期の同社製品の音質傾向は、分解能重視で軽快、明るいものだと認識しておりますが、 最近の新製品は、より自然でバランスの良い音調に変化していると感じています。

もともとアナウンスの明瞭は際立っており、英語学習にも良い音調でしたが、 姉妹機のQ15も、このQ12も、音楽を楽しめるレベルに達していると感じています。

但し低域方向への伸長は、イヤピースの選択次第でかなり大幅に変わります。

初期設定ではMサイズのイヤピースが付属していますが、私はLサイズに変更することで 響きも良く、最低域まで伸びる低音が楽しめています。

イヤピースは柔らかいシリコンゴム製なので、キツメを選択しても耳腔が痛くなることは 無いと思われます。

周囲音の遮断とトレードされるので、使用環境次第では緩めの選択が必要になるかもしれませんが 室内や電車内で使うなら(音漏れは無いと断言できるレベルなので)ぜひキツめのイヤピースを 選択されることを推奨します。

もし低域を抑えたいとお感じになる場合は緩めのイヤピースを選択してください。

DAP付属のイコライザーを利用するより良い結果が出る可能性があります。

残留ノイズや無線接続に起因する不快な雑音などは皆無と言って良いレベル。

少なくとも通常の音量でノイズが気になることは考えられません。

クリティカルな操作が要求されるゲームで試したわけでは無いことをお断りしておいた上ですが 遅延も感じません。

これまでのサウンドピーツ社製品から大きな変更点がありました。

充電用MicroUSB端子がハウジングにではなく、コマンドボックスに移りました。

作動状態や充電状態を知らせるLEDもここに。

音量調整・スキップを担うプラスとマイナスボタンが左右に。

真ん中に再生・停止・電話に出る・切るを担うファンクションボタンが配されており、裏側にヘッドセット用マイクが備わります。

そのコマンドボックス側面にMicroUSB端子がありました。

コマンドボックスは、右耳用ハウジングの10センチ程下に位置しますので、ヘッドセットとして 利用する時に、口元にマイクを近づけることが可能になりました。

ハウジングに各種ボタンが備わる仕様だと、脱着時に必要のないコマンドが出ることもありますし、ブラインド操作自体もQ12が採用している構造に分があると思うんです。

左右ハウジング、その間にコマンドボックスが存在する構造ですが、それを繋ぐケーブルはフラットタイプ。 

絡みづらい素材と柔らかさです。

使用者の好みや体格に合わせるために、ケーブルをまとめるための治具がふたつ用意されており 帽子や襟元とつなげるためのクリップも付属していました。

外耳の襞に合わせるためのイヤフックは大中小3種類が付属していますが、脱着交換は簡単。 ご自分に合うフックが必ず見つかると思います。

装着感は優れており、運動中に使用してもズレる心配はゼロに近いはず。

収納ケースはファスナー仕様のセミハード型。

イヤホン自体はハウジング外側に内蔵されているマグネットの力で仮想連結します。

首からかけたままにしておくときなどに便利かもしれません。

取説は英語だけですが、絵図は備わります。

一度でもBluetooth接続仕様のイヤホンをお使いの方なら、英語に暗くても大丈夫だと思うのですが 初期設定の手引だけを書き足します。

操作ボックスの中央にあるボタンを長押しすると、イヤホンから「接続します」と日本語でアナウンスがありますので、お手持ちのiOS機器やAndroid機器とペアリングする作業に入ります。

端末の設定画面からBluetoothを選び、機能をオンにすると接続先一覧にQ12が表示されますので それを選択すると無事完了です。

iOSなら画面上にQ12の電池残量も表示されます。

複数の端末とペアリングを行う場合は、すでにペアリングが済んでいる端末のBluetooth機能をオフにしてからでないと上手くゆかないので、そこは注意してくださいね。

製品から漂う「高級感」「ブランド感」は薄いかもしれませんが、音質・操作性・品質と販売価格を考えると、非常にお買い得だと思います。

| お買い得情報 | 07:36 | comments(0) | - |