RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

しばらくの間
午前10時半より午後9時まで営業。
日曜祝日は休業します
はやく 元通りに戻れますように

トップページへは、この上をクリックして下さい。
ドイツの地で甦る皇帝シューマッハ。 ドイツGP
ここドイツの地で甦る皇帝シューマッハ。 それを支えるのはブリジストンタイヤと、フェリペマッサ。 二人は別次元の走りで300キロを走り抜けました。 フェラーリにとっての朗報は、これにとどまらず。ルノーを脅かすマクラーレン、トヨタ、ホンダの台頭。  方やルノーは、マスダンパーと呼ばれるサスペンション部品にクレームが付いているのがアキレス腱になっているようです。 次回のハンガリーは、低速コーナーが多く、今回とは違う性格の様に見えますが、トラクションが重視されることでは同じです。 故に、次回も同じような展開が予想されます。  ミシュランも今季限りですので、開発に力が入らないのかもしれません。

スーパーアグリは、予選やレース結果を順位だけで見ると、新車効果がないように見えますが、決して落胆すべきで無いと思います。 ポールとのタイム差という見方では、確実な進歩が確認出来ます。新車といっても、フロントサスは未だアップデートされていません。 箱から出したところの車としては、非常に良い結果です。 ポテンシャルがあるように見受けられます。 少なくともMF1は食えるでしょうね。 次回、ハンガリーは今週に開催されるので、アップデートは間に合わないと思いますが、8/27のトルコは期待してみませんか? 山本選手にも、ニュータイプの香りが感じられます。 ドイツGPの結果をお知りになりたい方はこちらに載せておきますね。
1位 M.シューマッハー(フェラーリ) 2位 F.マッサ(フェラーリ) 3位 K.ライコネン(マクラーレン) 4位 J.バトン(ホンダ) 5位 F.アロンソ(ルノー) 6位 G.フィジケラ(ルノー) 7位 J.トゥルーリ(トヨタ) 8位 C.クリエン(レッドブル) 9位 R.シューマッハー(トヨタ) 10位 V.リウッツィ(トロロッソ) 11位 D.クルサード(レッドブル) 12位 S.スピード(トロロッソ) 13位 C.アルバース(ミッドランド) 14位 T.モンテイロ(ミッドランド) R M.ウェーバー(ウイリアムズ) R 佐藤琢磨(スーパーアグリ) R J.ビルヌーブ(BMWザウバー) R R.バリチェロ(ホンダ) R N.ハイドフェルド(BMWザウバー) R P.デ・ラ・ロサ(マクラーレン) R 山本左近(スーパーアグリ) R N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
| formula-1 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://rhymin.tblog.jp/trackback/101228