RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。

4月のお休みには、なばなの里と長島スパーランド併設の三井アウトレットパークに出掛けました。

その後、風邪をひいてしまい、ブログの更新も滞っております。

今日はようやく風邪薬を飲まずに過ごせましたが、購入以来ずっとログインしていたグランツーリスモ5もご無沙汰です。

今週は、お客さまが切れ次第、早めの閉店とさせていただきました。 もしも10時前にご来店になってくださったのに、既に閉店状態となっていたとお怒りのお客様が居られましたら、ここでお詫びさせていただきます。

生まれて初めてのアウトレットモール体験の事や、なばなの里のおはなし等もあるのですが、またの機会に書かせてもらいます。

なばなの里のスライドショーには、竹内まりやの「人生の扉」を使わせてもらいましたが、桜の時期にぴったりです。 この時期に、「ここにも桜が」と再確認する桜。 本当に日本人は桜が好きなんですね。

震災から復興する日本にも桜の美しさがぴったり。だと思います。

桜は青空と合いますね。 そのためにも桜は大きな木が良いです。 見上げる桜と、春の青空。 美しい。

そんな桜の名を冠したロゼワインがあります。

ドメーヌ・シュヴロ/Domaine Chevrot シュヴロ・ブルゴーニュ・ロゼ・キュヴェ・サクラ“Sakura” 2010 750mlのレビューと評価: サクラと云う名のブルゴーニュ産ロゼワイン [coneco.net 商品レビュー]

| 旅行 | 23:58 | comments(0) | - |
エネファーム

何故、すぐに情報が出てこないのか?

何故、すぐにベントを行えなかったのか?

何故、すぐに海水を投入しなかったのか?

何故、届かないに決まっている放水車を出動させたのか? 三重県の業者さんが供出を申し出ていたポンプ車を最初から使わせてもらわなかったのか?

何故何故だらけです。 事が落ち着いてからなら、きちんと説明してくれるのでしょうか?

あの政治家の失態だとか、この政治家の陰謀だとか、まるで三国志や戦国時代のゲームです。

この非常時に、自らの出世や選挙への影響を考えての「わざと」なんて無いと信じたいのですが、果たして?

エネファームというシステムがあります。

大変優れた資質を持つ、ガスを利用した省エネシステムですが、オール電化や太陽光発電システム程の普及は果たせていません。

質問箱等を見ても、売電出来ない、外部電源無しでは自立しない等のデメリットが並んでいます。

しかし、そのデメリットは、対立している電気会社の横槍によって人為的に作られたもののようです。 太陽光発電より、エネファームの方に電力会社は胸囲を感じているようです。 確かに被災地では、電力よりガスの復旧の方に時間がかかることがほとんどでしょう。。 しかし、今回の様に被災地域から遠く離れたところでも計画停電が実施された場合のことを想定すると、「もしエネファームがスタンドアローンで作動したなら」 病院や事業所の電力が維持できたのに、と残念に思います。

エネファームが外部電源無しに立ちゆかない等というイヤガラセを実現したのは、電力系政治家の力でしょう。

そう思うと、今回の原発事故に際しても、事の収束を第一に考えていない人間が居たとしても不思議はありません。

良心というものに憧れたのは、キカイダーやデータ少佐。 形の見えない良心ですが、今一度思い出して欲しい。

そうそう、被災地での空き巣や、募金箱泥棒とかしたらあかんよ。 ほんまに。
| その他 | 23:21 | comments(0) | - |
しっかりと見届けたい。 
とてつもない被害をもたらした東日本大震災ですが、道路や鉄道は想像より早く復旧の兆しをみせてくれています。

残念ながら福島の原発の様子が芳しくないために、もっと前へ前へと考えることができません。 

しかし、国内外から、これも想像を越える多額の義援金が集まっていることや、様々な地域や業種の方々からの励ましの言葉を見聞きすると、被災地域に住んでいない者の涙腺も緩みますし、力強く思えます。

そのような情報は、テレビや新聞、雑誌、ウェブから入手するわけですが、特に雑誌とウェブ上にある情報には特徴があると感じます。

新聞やテレビからの情報の出所が同じであると感じるのに対して、ウェブや雑誌上の情報は、出自が様々なんだろうと言うことです。

それぞれの情報に関して、それぞれ私が感じたことを書くことは避けます。

ここで改めて書いておきたいことは、ひとつだけ。

もともと、「民主党が嫌いな人、官僚が嫌いな人、原子力発電が嫌いな人、自民党が嫌いな人、皇室が嫌いな人、ナベツネが嫌いな人、都知事が嫌いな人、蓮舫が嫌いな人、テレビが嫌いな人、なんにでも文句をつけたい人」達が、この震災を利用して、「ダメだダメだ」とコジツケを行っているかもしれないということ。

もちろん、事の後には、これまで以上に責任を明確にして、処分や計画の変更、再設計、人事の刷新、新しいルールの策定等をしっかりと行って欲しいんです。

でも、不幸を利用して自分の価値を上げるとか、誰かを犠牲にして自分たちに水を引くとか、そんなことはゲームやドラマの中だけにしておいて欲しいと切に願います。

明けて週末には、ずいぶん明るい見通しが、と書き出したいものです。

こんな時には、普段より人となりが「バレます」 こちらからは案外見えていますよ、政治家や財界の皆さん。

東日本が完全復興するまで、どうか東南海地震が起きませんように。 いつか起きてしまうことは覚悟していますが、せめて東日本が完全復興してからに、お願いします。 って、誰に?

| その他 | 23:40 | comments(4) | - |