RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
廣川のうなぎで傘寿を祝う
日曜日は早くお店を閉めてから、嵐山にある廣川という川魚料理屋に。

今日は父親の傘寿のお祝いでした。

久しぶりに家族7人が揃います。

箱根旅行の帰りに三島に寄った際に、三島のうなぎを試してみたいと計画していたのですが、あいにく訪れた当日は「土用の丑」でしたので回避しました。 今日は、その日のリベンジでもありました。

廣川は、天保年間創業の埼玉は熊谷の出自と聞きます。 焼き方は背開き・蒸しを行なう関東風です。 その日に提供される国産うなぎの出自が明記されています。 大変混雑しており、駐車場も満車です。 少し歩かなければなりませんが、離れた駐車場に車を回します。 別料金が請求されますが、予約を入れていたので二階に上がらせてもらいました。 土日に訪れるなら予約した方が良いようですね。

両親は、バスに乗って度々訪れているようです。 どちらも、それほど魚好きではないのですが、廣川では鯉の洗いやどじょうの柳川鍋を戴いているようです。 もちろん魚嫌いの私にとっては初体験。 当初は「うな重だけでよい」と言っていたのですが、「騙されたと思って、食べてみよし。」と言う事でした。

これは、最初に出てくる「うざく」 うなぎの酢の物ですね。

これが問題の「鯉の洗い」 酢みそと上品な天然わさびで戴きました。 そう、生まれて初めて「鯉」を戴きました。 上品な酢みその力を借りたのかもしれませんが、美味しく戴けました。

これは「鰻まき」 普段戴いている分厚い卵焼きに包まれた鰻とは趣が異なります。 鰻の臭みはもちろん、卵の臭みも感じない「フレンチっぽい」逸品です。

これはどじょうの柳川鍋。 まさか、自分が「どぜう」を戴く日が来るとは! 臭みも嫌みも無い、身体が温まる逸品です。

鰻丼と肝いり赤出し。 メインです。 関東風に蒸されてから焼かれる鰻は、あくまで柔らかく、柔らかい。 ご飯も、タレも文句無し。 この鰻丼だけでは物足りないかもしれませんが、ここまでに十分戴いていますので、大変満足しました。

鰻丼としては高価ですが、店内の設え、贅をこらしたお料理。 魚の臭みを取り除く事に血道を上げるに趣を同じくするフランス料理に比べれば、庶民的な価格とも言えます。

天竜寺の向かいにあるという絶好のロケーションにも恵まれた廣川。 京都旅行の際には、日があるうちにこの地を訪れ、日暮れとともに店内に。 ご自分で訪れるも良し、接待に使うも良し。 魚嫌いの私が申す事です。 故に説得力が無いとお感じにならずに、どうか信じて下さいませ。

廣川のお料理。 そこに京都の神髄の一端を見た想いです。 御馳走さまでした。

帰路に「さがの温泉天山の湯」に。 夏休み最後の日曜日とあって大変混んでいました。 Dr.フィッシュも居ましたが、試す時間がありませんでした。いつか。

傘寿を向かえて、いまだバリバリ現役でお店にでる両親。 両親あっての私たちです。 身体が続く限りお店に出て、元気でいて下さい。 来年は半寿です。 来年はお肉にしましょう。 そうなんです、傘寿を向かえて、未だこれだけのお料理を平らげるお二人。 そりゃ、ゲンキだわ。
| 旅行 | 01:49 | comments(0) | - |
PHILIPS sonicare 電動歯ブラシ Flex Care+
日本製のミニバンの多くは、移動するお茶の間です。 一日の移動距離はどれ位が想定されているのでしょうか? お盆や年末年始はともかく、日本で使われている自家用車の年間走行距離から想像すると、それほど長い距離を想定していないでしょう。

セカンドシートが最も乗り心地が良いと聞いているのが、アルファードやエルグランド。 芸能人がセカンドシートの住人となっているのをTVで良く見かけます。 あの小沢一郎もエルグランドだったような、、。

サードシートは居住性や安全性は二の次三の次のようでして、それより、如何にそこに無かったかのように畳めるとか、沈み込ませるとかに設計の血道があがっているように思えます。

閻魔大王が座る椅子を自動車メーカーに造らせるとしたら、それはフランスのメーカーに頼むべきでしょう。 世界中のミニバンの走り(少なくとも奔るミニバンの)となったルノーエスパス。 確かエスパスの椅子は全席ほとんど同じサイズだったはず。 そのセカンドシート、サードシートは重厚な造りのため、バカンス時は引っ越し時にも決して畳む事は適いません。 必要に応じて取り外すんです。

年に1度か2度の、その日の為に重たい椅子を取り外す事を嫌がり、片手で折り畳める椅子を喜ぶのが普通の日本人でしょう。

年に1度か2度の為に、普段から狭くてアンコの薄い椅子に座る事を嫌がるのがフランス人ということでしょう。

価格競争面から正しい比較とは言えませんが、どちらも選ぶ事ができるのが今の日本です。 お好みに合わせて、価値観に合わせて選べば良いだけの話です。

そう言えば電動歯ブラシにも、お国柄が出るようです。

頑なに反転カップ型を貫くブラウン。 

音波振動を武器にするフィリップス。

時代と顧客に合わせて、どのようなものでも造り販売するパナソニック。

私が生まれて初めて購入した電動歯ブラシは松下製でした。 その後、ブラウンを愛用してきました。

ここへ来て、我が家にフィリップスがやって来ました。 それはコネコネットからの戴きものです。 レクサスもかくやというフル装備のそれは、 たいへん高価なものでした。 

ヒトコトで言うと、ひとつひとつの歯を狙って磨き上げる快感があるのがブラウンオーラルケア。 まるで BMWの趣き。

対するフィリップスは、ゾーンで歯を捉え、そこらへんに軽く押し付けていれば、それで良しとするラクチン作業。 作業者のスキルに左右され辛い磨き上がりが得られます。 個人的な感覚ですが、それはメルセデスの趣きでしょうか。

では、日本の雄、パナソニックブランドのドルツは如何に? 残念ながら手元にありませんので比較は適いません。

ただ、コネコレビューに日本製ライオンの音波歯ブラシを交えて簡単な比較をかきましたので、ご興味のある方はどうぞごらん下さい。

フィリップス/Philips フレックスケアープラス HX6972/10のレビューと評価: PHILIPS ひげ剃りの王は歯ブラシの王でもありました。 [coneco.net 商品レビュー]

お勧めは、このフィリップスの普及型です。  いや、フィリップス。 なかなかやります。 つるつるになりますし、朝のネバネバ感が少なくなります。
| その他 | 18:37 | comments(0) | - |
グランツーリスモ攻略には、これが要るかな? Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

11月3日。 まだまだ先なんですが、グランツーリスモ5。

1〜4までのグランツーリスモ。 ほとんどクリアしましたが、ライセンスは銅メダルどまりもたくさんあります。

定常円旋回テストなどは、ステアリングコントローラーさえあれば、舵角を決め、後はアクセルを寸止めにしておけば基本的に金メダルが獲れます。 しかし、プレステコントローラー使用の場合は、方向キーを断続的に入れたり抜いたりしながらの操作となり、タイム短縮には根気が必要となります。 なにより、リプレイ画面が見苦しい。 前輪が小刻みに揺れるのは許せません。

しかし、ステアリングコントローラーの置き場所や収納場所に困ります。 ずっと、ひょこひょこハンドルで過ごして来ました。 

そこに現われたのが、このフェラーリ仕様のコントローラー! 左側の丸いスイッチは回転するステアリングになるんです。 ラジコンの2スティックコントローラーで遊んでいた時にも、仕様を変更してステアリングは左で扱っていた私です。 舵角より、スロットル開度を利き手たる右手親指に委ねた方が得策だと感じて改造しておりました。 このフェラーリコントローラーも右手スロットル/左手ステアリング! 気に入った!

未だ、グランツーリスモ5の予約を本体込みにしようか? ソフトのみにしようか? 逡巡しておりますが、どちらを選んだとしても、このFerrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Editionは同時注文しようと計画しています。 どうせなら、このFerrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition同梱版があれば良いのに、、。
| | 23:52 | comments(0) | - |
大変な土曜日でした。
土曜日(21日)には色々ありました。 ほんとに色々ありました。

まずは良かったことから。

箱根静岡旅行から帰って来て以来、パワーステアリング機構から異音がしていました。 直進時には、ほとんど気になりませんが、狭い駐車場の出し入れ時に、何かを踏んでいるかの様な異音が聞こえていました。 操舵力自体には影響がありませんし、警告灯も点いていません。 ボンネット内を確認すると、パワステフルードタンクの液面が最少位に届いていないことを確認。 もう少し液面が下がると警告灯が点灯するようです。 おそらく液面が下がっている状態で、箱根の裏道で坂道発進する際にエンストしたことが原因だと思われます。 平地でのエンストなら問題ないのですが、箱根の裏道は急勾配でしたので、再始動の際に空気がポンプに混入したのでしょう。 もちろん、液面が下がっていること自体の原因がポンプ自体の故障やラインからの液漏れであったとしたら、根本的な原因解決にはなりませんが、土曜日に神楽坂モーターズを訪問してフルード補給してみました。 液を満たしエンジンをかけると、液が吸い込まれて行くことを確認しました。 その後据え切りを何度か行なうと、泡が出て来きました。 これで空気抜きも完了。 その後、液面の低下は見られませんので、自然蒸発による液面低下と急勾配停車時のエンストが(MTですので、そんなこともあります)異音の原因と確認しました。

最近の車はパワーステアリングの補助動力として油圧を使わず電動ポンプを利用するものが増えて来ました。 しかし、油圧タイプのお車をお使いの方で、私と同じ様な症状が出た時に、最初にチェックすべきはパワステフルードタンクの液面のようです。 パワステフルードはとても安価ですので、丸投げ修理を依頼して法外な修理費を請求されない様にご注意を。

サイクルベースアサヒで購入後、2年程使用したMTB用の1.5幅タイヤのサイドが日焼けにより弱り、バーストしてしまったのを受け、チューブ毎交換を余儀なくされたのを機に、アマゾンで1.25幅タイヤを購入し、DIYしました。

カンチブレーキのMTBは、簡単にホイールが外れますし、リム幅もそれなりにありますので、タイヤレバー3本と空気入さえあれば簡単にタイヤ交換できます。 

通勤用とも言えるオーソドックッスなトレッドですが、その細さ故に軽い踏み出しが得られます。 平地でのスピードはともかく、いつもの九条山の登りが苦になりません。 緩い坂道が平地に感じられる程です。 登坂路なのに、惰性を感じることが出来ると言えばお判りになることが出来る方も居られると思います。

九条山は、先月の大雨時の土砂崩れの影響で、法面工事が延々続いています。 いつもと違う方を走行する必要に迫られています。 で、というだけでもないのですが、軽い踏み込みに気を良くして調子に乗って走っていると、「ウエッ!」 タイヤが細い分、空気圧を上げています。太いタイヤがゴムだとしたら、細いタイヤはプラスティックの趣き。 段差や素材の違いに敏感です。 タイヤが滑り、バランスを崩しました。 幸い、スライド幅が小さかった事と、周りになにもなかったので、事無きを得ましたが、寿命が縮まりました。 良かった、転けないで。

その後、夕方から次男を伴って山科〜滋賀県へ車で出かけます。 買い物とスーパー銭湯で子供の散髪が目的。 順に買い物を済ませて、西大津の業務スーパーに車を停めます。 子供に会員券とお金を渡し、国道の向かい側にある「やまとの湯」へ一人で行って散髪をして待っている様に言いつけます。 私は業務スーパーでの買い物の後、リカーマウンテンで最後の買い物をし、銭湯に一緒に入る算段です。

既に買い物がトランクを埋めていますので、新しく購入した食品等を詰め込むのに手間取りますが、買い物カートを返しにいくところまでは順調。 

しか〜し、リカマンに行こうとした時に、車の鍵がない事に気付きました。 え? 今、車に荷物を積み込む時に鍵を使ったのに? (キーレスエントリー未装備なので、施錠解錠には鍵が必要なんです。今時、鍵を使っている人って少ないですよね) もちろん閉じ込みの類ではありません。 車には鍵がかかっていない状態です。 車から全ての荷物を降ろして丹念に探しましたが、何処にも見当たりません。

時刻は午後7時頃です。 午後8時に業務スーパーは閉店しますので、駐車場に施錠されると万事休すとなります。 責任者に訳を話し、鍵を探してもらいましたが、届けはないようです。 ただ、駐車場の施錠は行なわれないというのが不幸中の幸いでした。 もし、鍵が出て来る様な事があれば、連絡して欲しいと自宅の電話番号を伝えておきました。 

車に施錠出来ないのが心残りですが、やまとの湯に出向き、次男を見つけて訳を話します。 自分が家に鍵を取りに帰ろうが、家族に鍵を届けてもらおうが、一時間仕事では済まないので、とりあえずお風呂に入り、何か食べて、業務スーパーの駐車場に戻り、車のとところで待つ様に指示します。 

さて、どうしたもんでしょう?
続きを読む >>
| その他 | 01:06 | comments(0) | - |
グランツーリスモ5 20%引き 予約受付中

2010年11月3日 待ちに待ったグランツーリスモ5が発売されます。 SONYスタイルでもアマゾンでも予約を受け付けていますが、アマゾンなら20%オフです。 但し、チタンマフラーが熱で青く焼けている状態をイメージしたプレステ本体との同梱版の価格は発表されていません。 一応お知らせメールに登録しておけば、受付可能時にお知らせが届きます。 多分、同梱版も割り引かれるはずです。

11月となれば、夜も長くなり、プレステにはちょうど良い季節。

子供は旧型マシンを持っていますが、思い切って同梱版を注文しようかどうか迷っております。

プロローグ版を少しだけ経験していますが、プレステ2時代とは全く異なる次元に到達していました。 ここまでくると、ステアリングコントローラーも欲しくなってくるかもしれません。 プレステ3 だと、コントローラーがブルーツースによる無線接続が可能です。 良い歳をして、、、とも思いますが、「亭主元気で留守が良い」とも申しますので、、。

| お買い得情報 | 20:04 | comments(0) | - |
南伊勢町贄浦仮装盆踊り2010 怪物君を捜せ

仮装盆踊りの様子です。 初盆の三年前に初仮装しましたが、当時と比べると大幅にレベルアップしているようです。 私たちが火をつけたのかも? 一昨年、私たちがゲゲゲの鬼太郎を選択した時に、妻は猫娘に化けました。 「猫娘だったら、ミニのジャンパースカートか?」と尋ねたところ、「そんなん着たら犯罪や、迷惑やろ」と怒られました。 しか〜し、今年は70歳代の猫娘が居ましたよ!

これほどレベルが上がると、現金一万円の一等賞を取る事は難しいです。 結果、アイデア賞として二千円分の地域振興券を戴けました。

ビデオの後半に収録されているのは、盆踊りが終わってから午前零時を合図に行なわれる精霊送りの儀式です。 昼間はお盆に帰省している方々の車だけしか見当たらない長い堤防に町民の方々が集まり、松に灯をともします。 幻想的な様子が伝わるでしょうか?

この日は夏には珍しい程の満天の星に恵まれました。 残念ながら、その様子を撮影出来る機械の持ち合わせがありませんので、お伝え出来ないのが残念です。 子供の頃に淡路島で一度だけ見た「天の川」。 子供達に1度でも良いから見せてやりたいです。  本当にミルクをこぼした様な星屑の川がありました。 あれは秋だったのか? いや、夏休みだったと思うのですが、、。 夏にも見えるのかな?

七夕と言うくらいですから、夏にも見えるんですよね。 視力の衰えが原因なのか、都会の空気のせいなのか、星空に季節感を持てなくなって久しくなったと再確認しました。

ビデオの中のどこかに怪物君とドラキュラとフランケンと狼男が出て来ます。 お時間があれば探してみてくださいね。

午前六時に出発して、午前三時に帰宅するという強行軍でした。 盆踊りでは、フランケン故に長袖の上着を着ていました。 二時間もそのまま踊り続けるのは無理かと思ったのですが、海辺の贄浦は夜になると涼しい海風が吹きます。 すぐに上着を洗濯する必要はありますが、最後まで脱がなくても大丈夫でした。  目玉親父に扮したおばあちゃんに「あんたも大変やな」と越えをかけて戴きましたが、、。 

昼間は照りつける日差しが強い海の町は、一転夜になると涼しい風が吹きます。 京都に帰ると、夜になってもいっこうに涼しくならない事を再確認しました。 盆地。 盆地ですね京都は。 それも、帰宅して二日目には慣れました。

まだしばらく暑い日が続くようです。 どうぞご自愛下さいませ。

| about Rhymin' | 00:17 | comments(0) | - |
たこくらげ

日曜日と月曜日は連休を戴きました。

日曜日は午前6時半頃に出発し、目指すは妻の実家。 南伊勢町贄浦です。

お盆時期と日曜割引が重なりましたが、全く渋滞は無く、二時間程で到着しました。

二年前に次男が地元の海でクラゲに刺されて酷い目に遭いました。 その模様をお伝えした記事は、夏になると検索エンジンで取り上げられているようで、たくさんのアクセスがあります。

その時はあんどんクラゲにやられたようです。 

海でなくても、山では虫等に刺されます。 これは、毒を吸い出すリムーバー。 残念ながらクラゲの毒には使えません。 アナフィラキシーショックが怖いので、今年は海に入る予定は立てずに行った三重県ですが、、。

居ました、居ました。 グロテスクな奴が。 調べてみると、タコクラゲという種類のようです。 毒はないようですが、遊泳中に出くわしたくない奴ですね。 傘に目はないようですし、触覚の類も有していないようで、盲滅法に進んで行きます。 ごつんと船や岸壁にぶつかる様子はユーモラスですが、、アレが自分の背中やお腹にぶつかって来るのは、、、イヤです。

15日に執り行なわれた精霊を送る行事や盆踊り、お墓参りを済ませ、日付が替わってすぐに帰宅しました。 20時間程に詰め込まれた強行軍でしたが、月曜日をおやすみにしたので大丈夫です。 盆踊りの様子等も撮影して来ましたので、追って掲載させていただきます。

| その他 | 00:34 | comments(0) | - |
エネループとエボルタ
サンヨーブランドが消えてしまうそうです。 程なく全てがパナソニックブランドに統合されるとの報道がありました。 伝えるメディアがサンヨーブランドのアイドルとして掲げるのは、オシャレなラジカセU-4やエネループ電池。 U-4は友達も持っていましたが、デザインこそよいものの、音質はたいした事無かったと記憶しています。 私は冷蔵庫やVHSビデオ、ファクスやラジオ等を選んだ事があります。 ザクティも買いましたし、もちろんエネループも、ニッカド充電器も買いました。

ザクティは、私の周りにもファンがたくさん居ます。 しかし、それも含めサンヨー製品全体に言える事はデザイン先行で、操作性が悪い事だと思います。 電池で一世を風靡したサンヨーブランドですが、ザクティの充電池は裏表/前後の区別がつかない形状で、暗所での入れ替えに難儀します。 エネループ電池にしても、エコっぽさを前面に出したデザインは、一見あっさりしていて良さげなんですが、極性表示が小さくて、間違える可能性が高いものです。 やはり色分けするか、方向性を強調したデザインの方が、電池挿入時に間違えを起こす可能性を小さく出来ます。

このデザイン重視感覚は、エネループ充電器にも伝搬していると感じます。 せっかく充電状況を知らせるLEDを搭載しているのに、通電しなければランプの存在すら判らないようにデザインされています。 また、ランプも電池の真下に配置されていませんので、せっかく個別に充電状況を知る事が出来、完了したものから取り外し、充電を待っている電池と交代させる事が出来るのに、間違えて取り外してしまう可能性を高めてしまっています。

自動車の空力という概念にしても、ただただ空気抵抗を減らしたいが為に、実走行時にガラスが汚れ易かったり、ワイパーを作動させた時に歩行者に迷惑をかけたり、緊急時に車内に取り残された搭乗者を助ける事が困難になってしまうようでは、正しいデザインとは呼べません。 

調べてみると、パナソニックブランドのエボルタより、サンヨーブランドのエネループの方が、充電池として優れているようです。 でも、取り説の読み易さや、製品のデザインが持つ正しさは巨人パナソニックの方が上だと思います。

しかし、文句を垂れながらも購入し使い続けているのが防水ザクティ。 無かったものを創る力、拘りを捨てない姿勢など、サンヨーブランドには良い血が流れています。 ぜひとも、パナソニックブランドに取り込まれるだけで無く、これを良い機会にして、よりよい製品を創られんことを切望します。

先だって、コネコのユーザーレビュー対象製品として戴いた新型エネループ充電器セットの出来が素晴らしかったので、なおさらそう思います。

三洋電機/サンヨー(SANYO) 充電器セット N-TGR01ASのレビューと評価: エネループ体験レビュー企画に付き、出来るだけ検証します。 [coneco.net 商品レビュー]三洋電機/サンヨー(SANYO) 充電器セット N-TGR01ASのレビューと評価: エネループ体験レビュー企画。実験、検証結果をご報告します。 [coneco.net 商品レビュー]

三洋電機/サンヨー(SANYO) 充電器セット N-TGN01ASのレビューと評価: 福袋デジカメのお供(友)にエネループ [coneco.net 商品レビュー]
| エレクトロニクス | 23:55 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその10 東静岡駅前ガンダム 最終回です
既にとっぷりと日は暮れました。 ナビに従い国道を西に進みます。 大きな交差点にある看板を見ると、国道一号線に並走するバイパスがある事が判ります。 以前は有料だったそうですが、現在は無料で利用できるそうです。 東西に長い静岡県内を通り抜ける時に有効な道路だと聞いています。残念ながら、今回は利用する機会に恵まれませんでした。

1/1リアルスケールのガンダムは、約18メートルの立ち姿らしいのですが、果たして、国道を走る車窓から確認できるのでしょうか? ナビのスケールを時々変更しながら駅が近づいて来るのを確認していました。 「おおぉっ!」最初に見えたのは後頭部だったと記憶しています。

周辺には駐車場が無いと聞いていましたが、全く土地勘が無いので、とりあえずガンダムに近づく形で駅構内ロータリーに進入しました。 全く駐車場は見当たりませんし、警備員に尋ねても要領を得ません。 そこで、取り急ぎ子供だけを降ろして、私たちは付近の駐車場をナビに探してもらう事にしました。 今にして思えば、この時に財布とカメラを子供に渡してやれば良かったんですが、人と車で混雑している交差点付近ではゆっくり考えている暇はありませんでした。

ナビが示す最も近い駐車場は、駅の裏側にあるタイムス。 直線距離で一キロ弱です。 そこからガンダムは見えません。駅の明かりを頼りに走りました。 途中でウォーキング中のご夫婦に道を尋ねますと、駅の中を通り抜ける事が近道で、無料で通り抜ける事が出来ると教えていただきました。 ありがとうございました。

駅構内は、おびただしい数のパイロンとテープポールが規則正しく配置されています。 休日のお昼なら、駅の中から並ばなくてはならないのでしょうね。

中二階のガラス越しにガンダムが見えて来ました。 ガラス越しに三脚を立て撮影している方も居られます。

汗を拭きながら会場に到着した時には、閉場10分前でした。 子供は親が自分を見つけられる様にとじっと待っていました。 残念ながら、特設会場にも入れず、グッズを購入する事もできませんでした。 可哀想な事をしましたが、「車に乗っている間に、様々な状況を想定して、様々な策を練っておかなかった自分も悪い」と言い聞かせます。 三人三様、それぞれが想いを果たし、想いを果たせないのがいつもの旅です。 次はもっと上手くやろうと考えるのも楽しい。 次に同じ所を尋ねたなら、きっと上手く回れます。 でも、次は知らない所に行きたいんですよね。

お台場にそびえ立ったガンダムと違うのは、ビームサーベルらしいです。 少々子供っぽいきらいはありますが、効果音を響かせ、スリットから蒸気を吹き出し迫力満点のガンダムさんでした。 兵器としては「おかしい配色」のガンダムですが、赤と黄色の色目がよく考えられていたと思います。 おもちゃっぽい感じは無く、リアルに感じられます。 秋口から冬にかけて、ここを訪れたなら、背景に富士山が見えるでしょう。

8時で閉場。 そこから車を取りに行き、国道沿いにある「回転寿し」を探します。 海に近いなら、きっと美味しいと思ったんです。 後で知ったんですが、「スシロー」が良かったそうです。 しかし、スシローは京都では馴染みがありません。確かにナビにはスシローが表示されていましたが、馴染みのカッパ寿司を選択します。 カッパ寿司の店内は、西大津店と全く同じ配置で驚きました。 しか〜し、メニューは異なりました。 うどんが無いんです。 何度も言いますが、私はお魚が苦手ですので、回転寿しに入ると、うどんを注文します。 エビやイカ、タコやカッパ。 サラダ巻きや納豆巻きを食べています。 関西だけなんでしょうか? 回転寿しにうどんがあるのは、、。 で、お魚のお味は? 妻や子供に尋ねると「全然。、、。」だったそうです。 全国展開チェーンですから、ネタは同じなんでしょう。そうゆうと、北海まつりが開催されていました。

ここから、東名高速に入り、名古屋から新名神を利用して帰宅の途に付きます。 名古屋の工場地帯がオレンジ色にライトアップされている所は綺麗でした。 夜工場ファンが居られるのに不思議はありません。  鈴鹿〜四日市間が工事渋滞していましたが、快適に走ります。

これで午前零時をまわってから京都東インタに着けば高速料金は半額になります。 

初めての道をたくさん走りました。 思い出せば、箱根では「ヒグラシ」が秋の雰囲気を伝える様に鳴いていました。 静岡ではアブラゼミでした。 富士山には登らなかったのですが、海抜千メートルから零メートルまで、登ったり降りたりの繰り返しでした。 京都と比べると、箱根ではメルセデスやアルファが少なく、ルノーに至ってはゼロでした。 代わりにプジョーとBMWが多かったという印象を受けました。

一泊二日で、丁度千キロを走りましたが、その間、運転席の角度や前後位置を1度も微調整する必要はありませんでした。 これは155がまだまだやれる事を意味していると信じています。 エアコンと箱根の急坂、それと、それなりの渋滞の影響がありましたので、総行程での燃費はリッターあたり12キロに留まりましたが、高速料金は節約出来ました。

これといったトラブルが無かったので、最後まで期待して読んだのに残念だったと思われている方も居られるかもしれません。 こちらも、TBSのような嘘の引っぱりはしませんでしたよ。

ともあれ、帰宅してから丸二週間が経ちましたが、ようやく旅の記録をまとめる事ができました。 最後までお読み戴けました方々に御礼を申し上げます。

週末のお盆には、南伊勢町に帰り、恒例の仮装盆踊りを楽しんで参ります。 今年の出し物は「怪物君」 既に衣装は完成しているようです。 その模様は、来週にお伝えします。 私はフランケンと狼男の二役です。 フランケンは長袖ジャケットを羽織らなくてはなりません。 暑そうで、、心配しています。 体調を整えておかなければ、、!
| 旅行 | 00:16 | comments(4) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその9 三保の松原 番外編
清水ICから三保の松原を目指しているときのことです。 国道沿いにある不動産屋の立て看板に、「地下室物件あります。

地下室? 京都には、一般家庭で地下室という感覚はありません。 土壌や地質から向き不向きがあるのやもしれません。

興味の無い地下室の看板にどうして反応したのか?と言いますと。 こんな話があったからです。

お向かいの大病院から、静岡の関連病院に出向かれるお医者さんがたくさん居られます。

静岡は、気候も人柄も良く、食べ物も美味しいし、大変良い所やで。 と聞いています。 でも、

でも、病院の官舎に出る部屋があるんや。

出るって?

出るって、あれやがな。

え〜? そんな? と聞き流していました。

そんなお話は忘れていました。

で、それから、数年前に仲良くさせてもらっていた京都出身の独身ドクターが静岡に出向かれることになります。 向こうに行かれる時に、「官舎やったら気をつけや。 出る部屋があるらしいで。」と、要らない事をお伝えしました。

京都に帰って来られると、お店に寄って下さいますので、その後を尋ねました。 すると、「出ないけど、なんか変な部屋なんです。」

「なにが変なん?」

「部屋に地下室があるんや、 それも、入り口が二つあるんや。なにに遣うのか判らないんやけど。」

えぇ?地下室? と、聞いた事があるので「地下室物件」に反応したんです。

で、その官舎の地下室です。

最近、その地下室ドクターの姿を見かけません。 彼の友人がお向かいに居られます。 彼は、件の地下室ドクターが赴任される前に、同じ病院に出向かれていたそうで、なおかつ、その地下室がある官舎に住まわれていたそうです。

そこで、静岡方面に旅行した話をしたついでに、地下室の話をしてみました。

「地下室? そんなんあらへんかったよ。 あいつ、なに言うてんねんやろ?」

続きを読む >>
| 旅行 | 00:26 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその9 三保の松原
ほとんどの高速道路から見える光景は前走車と遮音壁だけです。 単調な景色は時に眠気を誘いますが、狭い国土を切り開いて建設される高速道路ですので、近隣住民への影響を考えると、それは仕方のない事です。

しかし、沼津ICより清水ICを目指す際に通り抜けた由比辺りの風景は素晴らしいものでした。 台風が近づくと通行止めになる事があるのも頷けます。 左に太平洋の海原が、右に山肌が迫り、積み上げられた家々。 想像に過ぎませんが、40数年前かの地に暮らしていた方々は、東名高速が完成した時、車が発する騒音に対する怒りより、荒れた太平洋の被害から、太い道路が守ってくれるのではないか?という安堵感の方が大きかったのではないか、と想像しました。

奈良や京都等、身近に海がない所に住む団体客を乗せるバスガイドさんが言っていましたが、「彼女達は、海が見えると一斉に騒ぎだす。」 私もそうです。 魚が苦手で、海沿いの旅館などには泊まれないくせに、海が見えるとテンションが上がります。 すごい風景でした。

ほどなく清水に到着。 ナビを頼りに三保の松原を探します。

素晴らしい松林を持つ遊歩道横を並走して、突き当たりは三保の松原。 綺麗に整備された公園の体です。 ここから見える海は、さえぎるものが無い見渡す限りの水平線。 生まれたときから海を見続けて来た妻ですが、彼女の里はリアス式海岸の内海です。 視界には向こうの半島や橋が見えます。 沼や池はもちろん、あの大きな琵琶湖ですら、「海とは違う感じがして、なんだか怖い」と言う妻ですが、この大きな海は海で怖いらしいです。 なんだか、勝って。結局、見慣れないものは怖いんですね。

三保の松原には、単身赴任で関西に戻って来ている友人の自宅があります。 松原から、その娘さんの名前を大きな声で呼ぶと、出て来るよ。 と、もちろん冗談で彼は言っていました。 そこで、日が暮れかけた松原で大きな声で呼んでみます。

もちろん誰も出て来ません。 しかし、そこには今時珍しい公衆電話ブースがありました。

 

ご存知のように、私たちは携帯電話を持っていませんので、この電話が無ければそのまま帰る所でした。 手元のナビには、友人が購入した新居の番地が登録されていなかったのです。

ほどなく出て来てくれた友人の奥さんと娘さんと一緒に記念撮影。 娘さんは次男よりひとつ年上で中学三年生。 就学前には、一緒に遊んでいたのに、今では記念撮影だと言っても、すこし距離を取ります。 なんだか可愛いですね、中学生。

小田原城で買っておいたお土産と水ようかんを交換します。 車中で戴いた甘くて冷えたお菓子は大変美味しかったですよ。 ありがとうございました。

さて、ここから目指すのは、東静岡JR駅前のRG1/1ガンダム。 国道を西に向かうと見えて来るはずです。 
| 旅行 | 23:53 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその8 三島〜沼津
松林が一号線に並んでいます。 三島市内に入る頃には渋滞が始まりました。 三島では富士山の湧き水で締めたうなぎが有名ですが、この日は土用のうなぎですので、パスした方が賢明でしょう。

柿田川湧水群をナビに登録していますが、渋滞を凌いで到着したのは市役所観光課窓口。マップコードを入力して検索出来るナビなら目的地まですんなり到着できたようですが、ルルブに掲載されていた電話番号が観光課だったようです。 私の様な者がたくさん居ると見え、担当のお姉さんが笑顔で案内して下さいました。 資料も戴くとが出来ました。 本当にありがとうございます。 お姉さんによると、目的地まで数十メートルの地点で国道をそれてしまったようです。 もし、渋滞が無い時間帯でしたら、大きなPマークが見えたかもしれません、 残念〜っ。

富士山の北にあった夏なお凍る風穴。 富士山の南には硫黄吹き出る大湧谷。 そこから千数百メートル下った所に清冽な湧き水がありました。 中学生の地学の勉強になったでしょうか。

散策のあと、沼津の港を目指します。 私は魚を戴きませんが、沼津に静岡のお茶を利用した美味しい肉厚の干物がある事をTVで知っていました。 お土産にどうしても買いたかったのです。 時間が遅かったので、「獲れ獲れ市場」を体する施設は閉店間際でした。 幸運な事に干物屋さんが開いていましたので、銘茶に浸した干物セットを妻に選んでもらいました。

残念ながら、私には試す術がありません。 でも、評判は良かったですよ。 お茶に含まれるカテキンが、魚の雑菌の繁殖と臭みを防ぐ事に成功しているという仕組み。 しかし、干物を浸したお茶は、私にとっては凶器となりましょう、、。

ここから沼津ICを目指します。 ナビの案内と交差点表示を天秤にかけながらステアリングを切ります。 もっと大きな画面と渋滞情報を知らせてくれるVICSが私のナビにあれば良かった。 次に目指すは清水IC。 この旅のもう少しで終わります。 もうちょっとおつきあい下さいね。

| 旅行 | 02:02 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその7 立ち寄り温泉
富士屋ホテルで時間を使いすぎました。 これから箱根峠を越えて三島方面に向かいます。 箱根を後にする前に、立ち寄り温泉巡りを行なう予定でした。 様々な施設がありますが、中でも一の湯グループの施設なら、1度の支払いでいくつかの施設を巡る事が可能です。 泉質もph2.6から9.3まで、硫黄泉から単純泉まで様々なお湯が楽しめます。 妻の希望は、強羅一の湯の硫黄泉でしたが、子供が先日の大湧谷で、硫黄の香りにやられてしまいましたので今回は諦める事にします。

そこで、1度小田原方面に戻り、一の湯本館にてレトロなお風呂を戴きました。

カランの無い洗面台がとても面白い。 銅張りの洗面台においてあった顔の角質層を取り除くジェルを使いました。 ぼろぼろと角質層が取れ、つるつるになりました。 良くTVでフェイスエステでつるつる!ってやってますが、最後にこれを処方すれば、何でもつるつるになるんじゃないでしょうか?
妻は化粧を落とせないので、未体験とのこと。 つるつるになるのに、、。

近くに湯巡り対象施設があるのですが、後ろ髪を引かれる想いで箱根新道入り口を目指します。 これは、朝に利用したトーヨータイヤターンパイクに並走する形の自動車専用道路。 現在は交通社会実験中とのことで無料です。 ここも走ってみたかった。 無料という事もあり交通量は多めです。 ターンパイクのような高速セクションはあまり無く、普通の整備された山道という印象です。 途中、工事区間がありましたが、程なく箱根関所付近に到着。 そのまま箱根峠を目指す事もできましたが、少し寄り道を。

これは、CGTVのロケで見かける箱根ホテル。 関所や松林のレトロな雰囲気の場所に、場違いな印象さえ受けかねないモダンな建物です。 関東という大きな商圏を抱える箱根という場所には、様々な施設がありました。 次に訪れる機会があるなら、目的や旅の供に併せて色々なプランを練り直しましょう。 考えるだけでも楽しいものです。

ここから箱根峠を少し登り、一気に三島へと駆け下ります。 下りに入って、しばらくすると運良く前が開けました。 多分3キロ前後の事だと思うのですが、単独で走る事ができました。 右に山肌、左は深い谷。 京都辺りではあまり見かけない植生の山を眺めながら、良いペースで走れて楽しい。頭の中ではCGのテーマが流れています。 海抜ゼロに近づき、松林が見えて来る頃には交通量がどんどん増えてきました。 この辺りが三島でしょうか? 三島と言えばうなぎですが、その日は土用の丑の日。 
| 旅行 | 01:41 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその6 冨士屋ホテルのカレー
国道一号線を走ります。 箱根登山鉄道を横目に走ります。 時にスイッチバックを使いながら急坂を登る登山鉄道に乗らなくて、何が箱根と薦めて下さる方も多いのですが、定刻到着を旨に線路を走る鉄道に強く惹かれた事が無い私。  ただ、スイッチバックの様子を眺めるポイントを知っていれば覗いてみたかったのも事実です。

昭和の香り漂う道路に富士屋ホテルがあります。 今日も予約無しで訪れました。 取付け道路に差し掛かると昨日とは違う、これも男前のお兄さんが駆け寄って来ました。 やはり駐車場は一杯でしたが、近くの契約駐車場に案内してくれました。 この辺りは道幅が狭く、交通量が多いので気を使います。

駐車場からの道すがら、古い写真館やお土産屋さんが。

1878年からという歴史を誇るホテルです。 運が良ければお安い宿泊料金で泊まる事も出来るようですが、世が世なら、足を踏み入れる事も憚れる宿だったのだろうと感じさせるオーラがありました。 それは建物の造りから来る「敷居の高さ」より、そこで働いておられるスタッフが醸し出している「敷居の低さ」から感じられました。 アイコンタクトが効くスタッフさん達でした。

ザフジヤと呼ばれるメインダイニングで「伝説のカレー」をいただきたく、レストランカウンターに申し出ましたが、混み合っている由。 順番待ちの予約を入れて、しばし待ちます。

フロント横にある別のレストランでも、「伝説のカレー」は注文できます。 そちらで戴けば、同じ値段でコーヒーとサラダがついて来ます。 でも、せっかくですので、ザフジヤを選択。

席に着き、注文を。 「ご注文がお決まりになられましたら、および下さいませ。」

「既に決めております。 カレーを人数分お願いします。」

「承知いたしました。 では、お飲物は如何なされますか?」

「お水を戴けますか。」

「承知いたしました。」

だって、カレーだけで2,400円もするんですもの。

テーブルには、フォークだけが置かれました。 えぇ!? フォークでカレー? そうなんや?

目の前のワイングラスにお水が注がれます。 おや? なにやら不純物が? 不純物に見えたのは、水に含まれる気泡でした。 グラスの底の丸みに踊らされた気泡が徐々に消えて、しばらくすると透明になりました。 帰宅してから試しましたが、金属製のウォータージャグを使わないと、あの気泡は再現出来ませんでした。 樹脂製のジャグではあれほど細かい気泡は出来ません。 もちろんお水は、キンと冷えた美味しいものでした。

カレーはレードルを使い自分でかけるタイプ。 アラジンランプのようなピッチャーは、楕円の銀盆とくっついています。 ピッチャーを傾けて、ガシガシするようなお行儀の悪い事はしなさんな!という事でしょうか。 ガラスとステンレス製の薬味入れ。 ここに入れられてる薬味も上品なもの。 パラペーニョ等の激辛薬味は居ませんでした。

カレー作りを職業にするものの末席を汚す者として、伝説のカレーを分析しながら戴きます。 タマネギを最初に、薄力粉とカレーパウダーを足して炒めてルーを作る手法は、日本製カレーの王道。 ライミンではブイヨンを使う所をコンソメを。 出来合いのフルーツチャツネを使う所を、生フルーツを。 リンゴや人参を牛乳と一緒にミキサーするところを、裏ごしで。 手間ひまの掛け方に差があるようですが、基本的には、角切り肉以外に原型を留めたポーションが見当たらない、とろり系カレーという意味では同じカテゴリーだと思います。 辛さは殿下が汗をかかなくて澄む程度に押さえられていました。 ライミンのカレーは、4日で一巡しますが、初日と最終日で味わい/風味/辛さに差があります。 毎日、殿下に味わっていただいた味を再現するべく努力なさっていいる「伝説のカレー」と比べるのは失礼でした。 どうもすみません。

ザフジヤの天井の高さは5mはあるでしょうか? すばらしい設えでした。 周りのお客様に迷惑にならない様に撮影していましたが、帰り際にマネージャーさんが「お写真をお撮りしましょう」と声をかけてくださり、半分閉めていたドアを全開にして室内をバックに家族写真を撮ってくださいました。 ありがとうございました。ホテル内には無料で拝見出来る資料室。 イングリッシュガーデン。 日本庭園。 サンルーム、チャペル、結婚式場など、宿泊棟以外は見学が自由です。 博物館料金が含まれていると考えれば、2,400円も納得出来るかもしれません。

中学生が「一体いくら払ったのか?」金額に驚いていましたが、「中学生として、驚くのは至極まっとう。 しかし、25歳になって、異性が持つ、自分とは異なる価値観を知り、それを理解出来ずとも、それを認める事を知らなければ、シングルで過ごした方が幸せなんだ。 それも人生。 でも結婚生活というのは、、」と家庭学習が始まりましたとさ。

伝統のビーフカレー

伝統のビーフカレー

価格:600円(税込、送料別)

| 旅行 | 01:31 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその5 小田原
小田原で訪ねるのは、クレヨンの森保育園。 ターンパイクを降りてすぐの所にありました。 お寺と併設されていましたが、子供達が楽しく遊べる森の中にあります。 尋ねそびれましたが、クレヨンの森という屋号は、春夏秋冬季節によって色とりどりに変化する森の様子からとっているのかと想像しました。

住職であり園長である友人は、若い頃にライミン近くにある聖護院に修行僧として暮らしておられた時期があります。 かの聖護院に暮らす修行僧は、毎年にように入れ替わっているはずですが、お名前を知るお坊さんは、三十年以上のライミンの歴史の中で彼だけです。

彼が変わっているのか、他の坊さんが変わっているのか、それとも私が変わっているのか?

お互いが趣味人である事は疑いが無いのですが、内向きに展開し、自分一人で完結する形を取る事が多い私に対して、彼のベクトルは外に向かって放出されている様に思います。 小田原でも、街おこし活動、地域活動に力を発揮されているようです。 それだからこそ、毎年、五大力の時分になると聖護院から力を貸して欲しいと呼ばれるのでしょうし。

そんな趣味が多彩で人脈の多い住職ですから、箱根のエヴァンゲリヲンにも一家言をお持ちでした。 ここを訪ねるまで、眠たい上瞼に支配されていた子供の目が覚めました。 そして、超レアものというエヴァンゲリヲン補完マップなるものを戴きました。 次男の興奮は頂点に達しました。

釣りの話や、街の話、子供の話など、話題は尽きませんが、お昼前には小田原城を訪ねる予定です。 小さなお土産と大きな頂き物を交換し、クレヨンの森を後にしました。 その節はありがとうございました。

海と山を臨む小田原城は復興建築のようです。 それに由来する物では無いとおもうのですが、これまでに拝見した他のお城に比べると、エッジが効いたシャープな外観です。 大変暑い日に訪れましたが、やはり他のお城と同じで、天然の風が吹き抜ける風光明媚な所に建造されていますね。 天守をさえぎるものはなく、良い風を受ける事ができます。 和歌山城を思い出しました。 前日までは小田原提灯のお祭りが催されていたようです。 その様子も眺めたかったです。

敷地内の公園には小さな動物園と遊園地がありました、 象は出て来ませんでしたが、お猿さんがまったりとしています。 仲良き事は良き事かな。

これもお城に見えますか? これはこれから訪れる箱根のクラシック、冨士屋ホテルです。 一号線を登る事にします。 交通量は多いのですが、流れます。 おぉ、坂を登るにつけ湯治場、昭和の雰囲気が出て来ました。 道幅は狭いです。 急ぐ時には無料となった箱根新道を使えば良いのですね。 道の向こうには線路が見えます。 駅は大きく、タクシーがお客を待っていました。 今日の宿はありませんが、なんだか旅情が再び首をもたげ始めます。 さて、昨日は満車ということで諦めた冨士屋ホテルが見えて来ました。 特に予約は入れていませんが、月曜の昼過ぎです。 入れるかな?
| 旅行 | 01:09 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその4 TOYO TIRE ターンパイク
少し早起きして、お風呂をいただきに階下の大浴場へ。 外を眺めるとベッドの中で聞いた雷鳴が夢でなかった事を知りました。 幸い日が昇る前に雨は止んでいました。 お風呂の後に、パンとコーヒーをいただきます。 バイキング形式で、自由にいただけますが、常識を逸脱した量を皿に乗せ、カバンに押し込む宿泊客の姿を目にするのはイヤなものです。 低料金で使用させていただいているのですから、それなりに、、と考えるのですが、、。

1号線を箱根関所方面に。 この峠に国道1号線の最高海抜地点があります。 874m。 ハナシのタネと覚えました。

関所南交差点を左折して、ターンパイク入り口を探しますが、この先に自動車専用道路があるとは思えない様な道が続きます。 途中に「ターンパイク入り口」の標識を発見します。 ナビが示す方向とは違いましたが、案内看板に従い進路を右に切りました。 しかし、料金ブースには湯河原方面とあります。 料金口で係員に尋ねると、「ここは小田原方面の入り口ではない。 150円を支払い、ブース先でターンしろ。」ですと。 後に地図を確認すると、小田原方面道路と湯河原方面道路。 どちらもTOYOTIREターンパイクで、両者は繋がっていません。 それなら、県道から誘導する看板に、はっきり明記しておくべきだと思いました。 しぶしぶ150円を支払いましたが、皆さんはどうぞお気をつけて下さいね。 

さて、小田原方面に向けて、一気に駆け下るターンパイク入り口に到着。 大観山展望所はトイレを除いて開店前でした。 空気が澄んでいる時期なら、ここからも富士山が見えるはずです。 風景を楽しんでいると、バイクグループ、中高年カップルのセダン、レンジローバー等が通り過ぎます。 遠くからなにやら大きな音が。 黄色いフェラーリが爆音を響かせ進入して行きます。 ここはターンパイク入り口。 慎重にゲートをくぐります。 起点のはずですが、合流する形をとっていたような記憶があります。 2速で合流し、様子を確かめながら、緩い下りを利用して一気にアクセルペタルを踏み込みます。

鋳鉄ブロックを持つ後期型155TSが奏でる登坂路でのエンジン音は、甘いテナーです。 しかし、下りの重力を利して、普段より楽に回転を上げるツインスパークのエンジンノートは、普段とは異なります。 機械音や燃焼音より、吸排気音が支配力を強めています。 シューッ、シューッと3速に入る頃には法定速度を大幅に越えていました。 パッセンジャーは、もちろん抗議の声を上げますが、それは想定内のこと。 そこから速度を高めるつもりはありません。 初見の道路ですので、タイヤ、視界、標識、五感を働かせて、良い塩梅を探します。

このターンパイクに限った事ではなく、三島方面へと続く1号線にもたくさん確認しましたが、ブレーキに不具合が出た車両の為に緊急避難場所がありました。 関西では、見かけません。 教習所の映画で見たのは、まさにこれかもしれません。 畝に痛みがありませんでしたので、最近はこれのお世話になる個体が無いのでしょう。

基本的にターンパイク内でのUターンは禁止されていますが、全体を10として、両起点から2の位置に転回する為の広場がありました。 小田原側の展開所には、青いノボリがたっています。 ビデオマガジンで何度も見た風景がそこにありました。 アウディR8、フェラーリF40、フェラーリ458イタリア、スタッフのアルファやレガシー。 別のグループは、トムスクラウン。平日の午前ですので撮影があるようです。 妻はCGの田辺さん、ベスモの土屋さん、荒くんがお目当てだったようですが、残念ながら居られませんでした。

標高差1,000mには満たないものの、一気に駆け下りるターンパイク。 久しぶりにタイヤから煙が出ました。

実は、155に履いているのはピレリのオールシーズンタイヤ。 もちろんグリップは良くありません。 特に縦方向のそれは、限界点を越えると一気に腰が砕ける傾向にあります。 慎重な進入が求められます。 しかし、ここターンパイクにはいわゆるタイトターンがありませんでした。 前輪荷重を過大にしない様に意識している範囲なら、アルファ一流の四輪を上手く利用したコーナリングが楽しめます。 オールシーズンタイヤのサイプがミシュランのそれほど深く切られていない構造だった事も、良い方向に作用しました。 ただ、これで年末の雪には対応出来ませんね。

出口までもうすぐ。 ほら、小田原の街が見えて来ました。 海も見えます。 知り合いを尋ねます。 ナビを頼りに尋ねます。 保育園長とお寺の住職を兼任する友達ですので、月曜日の午前中なら、きっと会えますよね。

【送料無料】ピレリ PIRELLI CINTURATOP6 195/55R15

【送料無料】ピレリ PIRELLI CINTURATOP6 195/55R15

価格:11,300円(税込、送料込)

| 旅行 | 00:58 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその3 B&Bパンシオン箱根

お魚が苦手ですので、いわゆる旅館に泊まる事は少ないです。 特に今回の目的地たる箱根は、宿泊費の相場が高く、海に近い事もありますので、素泊まり系の宿を楽天で探しました。 選んだのはB&Bパンシオン箱根。 オフシーズンならシングルで3,000円の朝食付きプランが用意されています。 京都人にも身近な藤田観光グループが経営している小涌園の別館です。 近くには本館たる小涌園。 日帰りレジャー施設たる箱根小涌園ユネッサンがあります。 そのユネッサンを半額で利用できる割引券もいただけました。 その日の宿泊料金は一人あたり4,500円+150円の入湯料。 これで、エアコン冷蔵庫完備の3ベッド。 天然温泉の大浴場あり。 館内にはエレベータはありませんが、無料のランドリーやキッチン、電子レンジに給湯器が備え付けられています。 午前零時に玄関が施錠されてしまいますが、それまでは車で外出しても駐車券が何度でも発券されます。 近くにはユネッサン以外にもコンビニや飲食店がありますよ。 朝食はコーヒーとジュース、7種類の焼きたてパンバイキングが用意されます。 私は大湧谷のゆで卵を持ち込みましたが、リピーターと思しき女性達はスライスチーズを持ち込んでおられました。

ホテルに向かう前に、箱根に唯一あるAコープに買い出し。

残念ながらめぼしい物はなく、結局コンビニでお弁当等を買うはめになりました。 ただ、コンビニ弁当たるものをこれまでいただく機会がありませんでしたので、これはこれで良い体験でした。 明日は念願のターンパイク儲でが控えていますので、部屋飲みのアルコールもほどほどにベッドに入りましょ。 就寝前に記録したトリップメータは536キロを指しています。 河口湖で給油してから、丁度100キロ走りました。 河口湖まではリッターあたり14キロ程の好燃費でしたが、この100キロの燃費は最初の半分程かもしれません。 箱根の山の勾配はキツかった。 

明日のターンパイクは、海抜約1,000メートルから小田原の海面まで一気に書け下るようです。 楽しみの様な、怖い様な。 初見の道ですから、慎重に臨まなくては! それに、後一年足らずでゴールド免許が帰って来ます。 毎年の任意保険料の割引の為にも、慎重な運転が望まれます。
| 旅行 | 01:27 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその2 芦ノ湖
ガソリンを満たして、東富士五湖道路河口湖ICを探します。 ナビの指示を無視して道路標識を信じて走ると、富士急ハイランドに誘導されてしまいました。 ここにはエヴァンゲリヲンの実物大胸像が鎮座していますが、後ろ髪を引かれる想いでインターを探しました。

この有料道路は例の社会実験扱いのようで無料でした。 快適に須走インターを目指します。

無料実験と称して、ETC未装着車にチケットの発券を求めるのは納得いきません。 高度なカメラシステムで、登録ナンバ−の認識は簡単に行なえるはずです。 無料化の動向がどうなろうと、とりあえず利権が生まれているシステムの集金力を維持する為の方策だと推察します。

国道138を南下しますが、仁杉交差点を先頭に渋滞していました。 京都で言うと、御香宮前とか、御陵でしょうか。 何の変哲も無い交差点を先頭に渋滞していました。

御殿場インタ付近のアウトレット渋滞を恐れていたのですが、すんなり通れます。 これではアウトレットの建物がどこにあるのかすら判らないほどでした。 山肌に見えていた大きな風車が、もう目の横にあります。 乙女峠にさしかかりました。

箱根スカイラインや湯河原箱根仙石原線を横目に直進しますと、もう、箱根の入り口です。 そのまま仙石原。

エヴァンゲリヲンで子供達が通う学校のモデルとなった、仙石原小学校を尋ねました。 廃校になっていますが、少年サッカー団が練習にいそしんでいました。

そのまま138号を下り、冨士屋ホテルを目指します。

伝説のカレーが目的でした。 しかし、日曜日の今日は婚礼が執り行なわれていた事もあり駐車場は契約のそれを含めて満車ということでした。 伝説のカレーは月曜日にお預けとなります。 そこで進路を1号線に切り替えて、箱根関所を目指します。 つづれ折れの1号線ですが、自転車とランナーが多い事の驚かされます。 道幅こそ関西のそれより少しは広いのですが、キツ登り下りの連続。 走って楽しいのかどうか? 疑わしい環境ですが、箱根駅伝の伝統が、かの地のランナーや自転車乗りの魂を揺さぶるのでしょうか?

関所付近の公営駐車場に停めて、海賊船乗り場を探しました。 最初に訪れた乗り場は、駒ヶ岳ロープウェイとの連絡船。 少し遠く に海賊船乗り場があります。 お得なセット券が買えましたが、ロープウェイから帰ってくる時間が読めません。 公営駐車場は午後五時で閉門とありました。 出航の時間まで20分。 炎天下、小走りに車を取りに戻ります。 汗だくになりましたが、海賊船乗り場内の無料駐車場にまで運ぶ事に成功しました。 これで安心。

海賊船内は海賊が徘徊していました。  カメラを抱えたミシェルウィーに似た若い女性を引き連れた海賊は、「ご一緒に写真はいかが?」 ミシェルウィーは無言でドアを開けたり、海賊に気を使っていました。 きっと、海賊は海賊船遊覧会社の重役。 ミシェルウィーは社員であり愛人とは妻の妄想。 どちらにしても、海賊がブラビのようなキャプテンスパローに似ていたら、妻も写真に収まる事を欲したかもしれませんが、この海賊は、ジェームス三木に似ています。 誰も注文しませんわね。

ロープウェイから眺める大湧谷。 硫黄の香りに次男がげんなりしています。 どうやら日帰り温泉施設の候補地から硫黄泉を外す必要がありそうです。 富士山北側の夏なを凍る氷穴から数十キロ離れた所に年中、硫黄を垂れ流す火山の痕跡。 そこで売られている黒いゆで卵は美味でした。

ただ、展望レストランで遅いお昼にといただいた天丼は、ダメ。 二昔前に東京銀座の有名店でいただいた天丼を思い出しました。 関西の天丼と違い、衣は暑く、濃い醤油タレに浸されています。 辛くて食べられたものではありません。 滅多に食べ物を残す事はしないのですが、、。

帰りの海賊船に乗る頃には五時前。そろそろ初日が終わろうとしています。 これから晩ご飯の算段をしてから宿に向かいます。 午後五時で閉まるはずの駐車場は、門が開放されていました。 それだったら炎天下、汗だくで走らなくても良かったのに、、、。
| 旅行 | 02:18 | comments(0) | - |
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその1 河口湖
先週の今頃は、早い出立に備えてベッドに入っていました。 土日高速料金優遇制度を利用しつつ、渋滞に巻き込まれない為には、午前五時までに出発したいもの。

夏といえども、まだ暗い午前4時45分には熊野神社を横目に南下し、京都東ICを目指します。

出発前にオドメーターを確認しますと、41,962キロでした。

名神小牧JCTから中央道に入る頃には交通量が増えます。 何処かで集合するのでしょうか、スーパーセブンを何台も見かけます。 大型トラックと並走するのは怖いでしょうね。

車山高原を目指す時に何度も降りた諏訪ICから向こうは未体験。 休み無しで一気に走りましたが、双葉SAで一休み。 ここは甲府。 京都と同じ盆地だという知識はありましたが、「周りの山が高い!」 京都が盆地なら、ここは丼地か? 大変蒸し暑くて驚きました。 施設にはミスト噴射のサービスがありました。

休眠打破を飲んで、一宮御坂ICを目指しました。 最初の目的地たる河口湖のすぐ横まで高速は続いているのですが、一宮御坂で降りR137を南下する事にします。 街並みの雰囲気を知る為には、一般道。

渋滞無く快適な峠を越えて、河口湖に到着。

湖畔のリゾートホテルククナでお茶を。 ここはビジターが利用する事は出来ない仕組みなんですが、あらかじめメールで交渉して、カフェテラスを利用させてもらいました。 料金は高めですが、それに見あうホテルとお見受けします。 客室から富士山を望んで楽しめる露天風呂。1度は経験したいもの。 夏の空。 この旅行中、富士山が見えたのはここからだけでした。 但し、真っ黒な、大きな山としてですが。

このあと、風穴と氷穴を尋ねました。 駐車場で車が示す外気温度は36度。 しかし、あの、富士山樹海青木ヶ原の入り口たる、うっそうとした森の中を歩いているとひんやりしてきます。 有料区域に入り、階段を降り、外界の明かりが閉ざされる結界を過ぎると、そこは一桁温度。 洞窟の奥へと進むと、ほとんど零度の世界でした。 足下が氷で覆われているところもあり、危険です。 穀物の種や蚕を保存する天然冷蔵庫も見学します。 洞窟内を照らす照明に温度が上がらないLEDはぴったりでした。

国道に戻り、御殿場を目指す前にガソリンを補給します。まだ、半分しか減っていませんが、箱根はガソリン価格も高そうですし、ここらで満タンに。

433キロ走行で30L消費ですから、13年もの2Lセダンとしては好燃費。 MTの恩恵です。

ここから箱根を目指しますが、御殿場アウトレット付近の渋滞を恐れていました。

| 旅行 | 01:52 | comments(0) | - |