RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

10日月曜日 正午から午後5時までの営業となります

15日土曜日 お休みします

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
第83回独立展 長谷治郎画伯 入選おめでとうございます
京都市美術館で開催中の「独立展」

お客様の長谷画伯の作品が奨励賞に輝いています。

画題は「Smoke」

画伯は天王町にある「はなふさ」でアルバイト従事されていた時期がおありのようで、モデルはご店主とのことです。

1Fではフェルメールとレンブラント展が開催中。

半券をお持ちなら、独立展は割引が適用されます。

ご招待券が一枚だけありますので、早い者勝ちです。

お気軽にお声をおかけください。

今朝の岡崎は、寒かったですが空気が澄んでおり とても美しかったです。

| お知らせ | 18:14 | comments(0) | - |
2015 年末 京都祇園花月 冬割 開始されます
京都祇園花月さんで、12月1日〜25日の間は 京都冬割というサービスがあります。

京都府民、もしくは京都に通勤通学されている方は 平日に限り入場料が割引されますよ。

| お知らせ | 00:07 | comments(0) | - |
第83回 独立展 開催中

11/24~12/6 京都市美術館 第83回独立展 開催中      

お客様の長谷画伯の作品が入賞の誉に。          

 新しく整備された岡崎界隈も楽しめます。

| お知らせ | 23:58 | comments(0) | - |
シャトー ド ピゼイ
今年もボージョレ・ヌーボーを戴ける幸せを噛み締めながら 

乾杯。

| その他 | 09:29 | comments(0) | - |
市民革命を経験した国の人々
春の桜に感動したので、また秋の京都にやってきたと仰る マルセイユからのお客様をお迎えしました。

お一人でカウンターに席を取られたその人は、とても人懐っこい方でしたのでお互い同レベルの拙い英語で会話が弾みました。

ルノー、シトロエン、プジョー、と車の話題を振りましたが、

私が「ルノー」

彼は「ウノはイタリアの車」

私「いやルノーよ」

彼「あぁ、ルノーね」とボワボワんとした発音でルノーと。

シトロエンもプジョーもボワボワんとした発音でないと伝わりづらいようです。

今はBMWに乗っているが、ずっと乗っていたアルファロメオの方が好きなんだというと、まさに我が意を得たりと破顔一笑。

頃合いを見計らって、「パリで起きた事件」へ哀悼の意を伝えると

「今はパリ観光には良い時期ではないが、決して負けない。

我々は普段と同じように生活すべきなんだ。」と

テレビや新聞で見聞きしたパリジャンと同じことを仰りました。

強く握手して別れましたが、あのような事態に対した時の 心構え、姿勢の違いを肌で感じた次第です。

市民革命の国ゆえなのか?

 歴史知らずが自分の無知を恥じる日でもありました。

最後に交わした握手は力強かった。
| about Rhymin' | 22:15 | comments(0) | - |
京都芸術劇場春秋座 志の輔落語2015のゆうべ
京都芸術劇場春秋座で吉例志の輔落語の楽日にでかける事ができました。

これまで映像作品や音源だけで、当代一だと信じていましたが、その期待を裏切らない素晴らしい高座でございました。

同じ時代に生きて生で拝聴できる幸せを噛み締めた夕暮れ。

志の輔流の柳田格之進、現代人の感覚に沿いながら、町人と侍の矜持を伝える名作として、後世に伝わるのではないでしょうか?

 素晴らしかった。

| 落語 | 19:28 | comments(0) | - |
幸せの国 ブータン 
京都大学医学部附属病院は、ブータン王国と提携して、定期的に医師や看護師を派遣なさっているようですが、帰国されたばかりのお客様におみやげを頂戴しました。

ブータン王国の民族衣装を模したワインボトルカバー。

男性用のそれはゴ。

 女性用はキラと呼ばれるようです。

 

それを使ってちょっと悪ふざけをしてみました。

幸せの国でも、きっとあるでしょ?

下品でスミマセン。

| 旅行 | 00:21 | comments(0) | - |
21世紀の枯れ尾花
LEDの街灯が増えています。

蛍光灯のそれと比べると

、光の直進性が強く、漏れが少ないので

真下はとても明るく感じる反面

、間の部分がとても暗く感じます。

そこには21世紀の幽霊が潜んでいそう。

河川敷では大きな流星をふたつ見ました。

 流星というより燃焼体

。 奇妙な夜。

| その他 | 00:23 | comments(0) | - |
足裏センサー?
階段や段差で躓くのは、大腿四頭筋や腸腰筋の衰えだけが原因では無いそうです。

足裏深部には多くのセンサーがあり、体の傾きや地面の様子を探り、自らの姿勢制御に役立てているそうなんですが、加齢とともにそのセンサーも衰えてしまい、「転ぶ」原因になっているのだとか。

確かに。

ここ数年深夜の鴨川河川敷を歩いているんですが、 飛び石(亀石)を利用するときは緊張しますし、出町柳三角州の頂点付近では敷き詰められている岩の凸凹に、体がグラグラしていたんです。

最近になって、そのグラグラがずいぶん減りました。

亀石も軽快に飛べるような気がします。   

ちょっと若返ったか、オレ?

そんな気がしていた 昨夜。

歩道のちょっとしたうねりに足裏が引っかかって、前のめりに。

足の運びのタイミングで、そのままでは左肩から地面にぶつかる。 

その左肩は50肩で傷んでいますので、地面に激突すると、怖ろしい痛みが襲う。嫌。

そんなことを感じることができたのか、 体を捻り、右肩を地面にぶつけました。 

「後付け」でそう思うだけかもしれませんが、 その瞬間はスローモーションで意識でき、

確かに自分の意志で捻ったようにかんじるんです。

顔も頭部もぶつけず、地面へは右肩からでしたが、激痛が走り、一瞬血圧が下がり、吐き気が。 すこしだけ様子を見て、再起動したので、そのまま鴨川へGO。

修復したiTunesでダウンロードしたPodcastが溜まっていたので どうしても聞きたかったんです。

それにしても、老眼で、50肩で、なにもないところで転ぶ。

若返ってなんかいまへん、、、ジジイやん。

| からだ | 11:10 | comments(0) | - |
11月のお休み 予定です
| お知らせ | 09:02 | comments(0) | - |