RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
この世界の片隅に あんたの街で会えますね
| movie | 00:31 | comments(0) | - |
この世界の片隅に 町山智浩の映画ムダ話を聞け

私がこの名作「この世界の片隅に」を知ったのは、TBSラジオたまむすび火曜日内「町山智浩のアメリカ流れ者」からでした。

これから見ようという方の中に、まず映画から、いや原作コミックから、どちらからご覧になっても、一度で全てを理解するのは難しいかもしれません。

原作を基準にすると、映画では足されている部分と引かれている部分がありましたし、映画化に際して より練り込まれている部分もあります。

ほとんどがモノクロで表現される原作コミックから、絵に色を付ける作業も困難だったと思うんです。

さて、読み直し、見直しに際して、この町山智浩さんの解説を聞かれては如何でしょうか?

有料コンテンツですが、約1時間分38.6MBのmp3ファイルが218円です。 これはお値打ちです。

ダウンロードはこちらから
| movie | 00:04 | comments(0) | - |
この世界の片隅に 徐々に浸透中 

日本でイチバン権威と信用が担保されているキネマ旬報で年間ベストワンに選ばれた「この世界の片隅に」

12日はNHKでも大きく取り上げてもらえました。

未だ京都の中心部では公開して下さる劇場が無いのですが、これでMOVIXや2条シネマでの公開が実現してくれるかな?

先日原作コミックを入手したのですが、映画が原作を大事にしていることがよく判りました。

そして足されている部分と引かれている部分があることも。

但し省かれている部分があるように見えても、その事実があるからこその「証拠」があるんです。

おそらく公開劇場が確保できないなか、上映時間を2時間に収める必要があったからだと思います。 きっと2時間30分の完全版があるはず。

映画が先でも、コミックが先でも、どちらが先でも間違いは無いと思います。 でも できればどちらも観ていただきたい。

私は完全版を立誠シネマで観たい。
| movie | 00:33 | comments(0) | - |
立誠シネマで この世界の片隅に 新年4日から上映されるよ
新年4日から「この世界の片隅に」を上映して下さる 木屋町の立誠シネマに立ち寄りました。

旧立誠小学校は1869年に開校した番組小学校のひとつであり 1927年に現在の鉄筋コンクリート校舎が出来上がりました。

私の父親の母校でもあります。

1993年に廃校となりましたが、その後も様々なイベントに供されています。

日本映画原点の地という表記は1897年に中庭で日本初の映画の試写が行われた ことに由来するそうです。

3階にある教室が立誠シネマとして営業されているようで、席数は35席だとか。

訪れた時は上映中だったので、静かに様子を伺いました。

一階フロアから二階へと通じる階段

照明の色温度が異なるので、そこはまさに異次元への入り口のようです。

訪れた理由は「この世界の片隅に」展が催されていると聞いたからです。

すずさんが居ました。

原画・絵コンテの展示がありました。

これらは無料で観覧できます。 おすすめスポットです。

新年以降上映館が増えるそうですが、90年前の校舎で70年前の物語を見て この名作を100年後に残すひとつのピースになることを実感するのも良い考えかもね。

| movie | 22:35 | comments(0) | - |
この世界の片隅に 観てきたよ
TBSラジオ・たまむすび火曜日 町山智浩のアメリカ流れ者で教えていただいた2016年最高傑作 映画この世界の片隅に 

公開初日には間に合いませんでしたが、2日目レイトショーで鑑賞してまいりました。

自分がまだ見ていないのに、周りの映画好きを見つけては片っ端から鑑賞を勧めてきた毎日です。

多くの友人は、「火垂るの墓」みたいな映画なら、すすんでみたくない と云います。

私にしても、町山智浩さんの評論を聞く限り、その心配はないと思うよ と弱気な発言しか 出来ません。

明日から皆に勧めるために、まず自分が観なくちゃね。

家内と一緒に出かけたかったのですが、公開館が少なく、少し遠くまで行かなければならない上に レイトショーから帰宅すると午前様になりますし、泣くような映画はちょっと、、、、

そして 体調がすぐれないとのことで、おひとりさまで出かけることになりました。

でね。

映画館で2度同じ映画を観る習慣は無いのですが、それが家内と一緒なら、もう一度観たいです。

心の底からそう思いました。

できれば愛する人と見て欲しい。

そうして、改めてその愛する人と過ごした時間、これから過ごす時間、自分たちが過ごしたその世界の片隅を思い出して欲しいです。

目を伏せたくなるシーンがあったはずの映画ですが、 目をつむる必要はありません。

泣かずに済むかもしれません。

少なくとも泣くために見る映画では無いと思います。

主題歌が「悲しくてやりきれない」だということを知っていましたので、とても悲しい場面で流れるのかと思っていたのですが 

違いました。

なるほど。

繰り返し同じメロディ・歌詞で観客の涙腺を刺激する仕組みはありません。   

素晴らしい演出でした。  

良い意味で裏切られた 

という言葉は 今日使うべきだと思いました。

スゴイ素晴らしいとは聞いておりましたが、主演のすずさんをアテレコした能年玲奈さんは本当に素晴らしい。

きっとご本人も誇りに思っておられるでしょう。 

素晴らしかった。

もちろん、脚本・画・音楽・演出・編集・声優さん・

その全てが素晴らしいと思います。

今、自分にとって、この映画がどのように位置づけられるのか?

まだ判りません。

軽々しく評価することは避けたいと思っております。

ただただ、いま申し上げたいのは

愛する人と一緒に観て欲しい、 ということです。

幸せなことに両親は健在なので、(そして年齢は主演のすずさんに近い) 少し公開館が遠いのですが、観てもらおうと計画を練ろうと思ってます。

あの時代を生き抜いた人に観て欲しい。 

その時代を知らない人にも観て欲しい。

みんなに観て欲しい。

素晴らしい映画です。 

| movie | 01:15 | comments(0) | - |
この世界の片隅に 上映開始
この世界の片隅に

今日から公開

初日の動向次第で公開館の拡大や上映回数が修正されるかもしれません。 

イオンシネマ桂はちょっと遠いけど、レイトショーもあるので、週末の予定に組み込んでね〜。

| movie | 11:15 | comments(0) | - |
この世界の片隅に
11/1放送TBSラジオ火曜たまむすび

名物コーナー「町山智浩アメリカ流れ者」で 絶賛されていた「この世界の片隅に」

能年玲奈改め・のんが主演声優を務めることが ひょっとして災いしているのか、あまりメディア露出がありませんが

町山智浩さんが今年度ナンバーワンのお墨付き。

HPで画の雰囲気を確かめるも良し

TBSラジオクラウドで町山さんの熱弁を聞くも良し。

(無料会員登録が必要・たまむすび11/1放送分から聞いてね)

町山さん曰く、ガンダムファン・ガルパンファン・エースコンバットファンOK

私は「火垂るの墓」は「よう見いひん」のですが、同じ戦時中の映画ですが

大丈夫そうです。

今日のラジオ放送を聞いて、絶対見にゆこうという気持ちになりました。

| movie | 23:38 | comments(0) | - |
シンゴジラのシンは 芯 それはコア=核を意味する と思うよ

話題の「シンゴジラ」を観てきました。

平日のレイトショーにも関わらず、3割程度の席が埋まっている状態。

普段のMOVIX京都では2〜3割程度の外国人観客を確認するのですが 日本語(英語字幕なし)のシンゴジラは敷居が高いようで、 ちょっと不満そうな白人男性を1人確認しただけ。

よほど日本語に慣れていないと内容が理解できないと思います。

そもそもシンゴジラでは、閣僚と政治家、政治家と自衛隊幹部とのやり取りが 物語の殆どを占めており、全ての閣僚はとても早口です。

HDDレコーダーを1.5倍早送り再生していいる位の速度。

同胞の方々でも一部の方には辛い展開かもしれません。

字幕で出演者の役職等が表示されるので、そちらにも注意を払う必要があります。

庵野秀明監督の台本が分厚い というのも理由になるかもしれません。

着ぐるみを用いる怪獣映画は日本の伝統芸能にひとつに数えても良いと考えますが 今回のシンゴジラは、日本製作のゴジラシリーズとして初のCGが使われています。

どうなんだろう? と 期待半分で眺めていましたが、 シンゴジラは着ぐるみでは表現できない設定で描かれておりました。 CGが正しく利用されていると感じました。

モーションキャプチャー技術は、人間の動きを元に架空の生物を動かしますが 演者さんは、なんと野村萬斎氏でした。

キグルミを廃しても、ここで日本の伝統芸能が継承されていたとは!

エキストラを除いても328人という膨大な数の演者さんが画面に登場しますが、 主役級の方々以外で印象に残ったのはピエール瀧さん。

特に刀折れ矢尽きる状態での一言に痺れました。

日本でイチバン悪い奴らでの瀧さんは怖い上司ですが、シンゴジラの瀧さんなら 上司にしたいランキング上位間違い無しですわ。

さて、これから

映画を楽しまれる方のためにネタバレは書きたくありませんが、 どうしても書き留めておきたいことがあります。

シンゴジラのシンはなに?

新しい新、真実の真、神を意味する神、人を信じる信、色々な解釈があるでしょう。

私が思うシンゴジラのシンは、芯でした。

芯は英語でコアでしょ。 コアといったら核です。

まさにシンゴジラは核の映画。 それも特に福島の核。

シンゴジラが意味する災害に対処する内閣府の内部を描く形で進む映画ですが、 シンゴジラは福島を意味していると思うんです。

そうでなければ、物語の最後で利用される「武器」が「アレ」のはずはありません。

あの部分のご都合主義は、福島を描くのなら許されると思うんです。

シンゴジラはお役人の有り様を描く映画。 全てのお役人に見ていただきたい。

政治家に必要なのは 的確な判断を素早く下すことだと再確認しました。

学者さんとの対比が面白かった。

お役人に必要なのは 人脈と交渉力と体力だと再確認しました。

れまでのベストゴジラ映画は2002年の「怪獣総攻撃」だったですが。それを上回る 多くの人に見ていただきたい良い映画にめぐり逢いました。

シンゴジラ

書き忘れたことがありました。 この映画にひとつだけ注文をするとしたら、数万の人が亡くなっているのに映画から死の匂いが漂わないことです。 

あの福島の事故から5年と少ししか経過していないので無理もないのですが、

人の死をより深く描けば、

それがPG指定に繋がったとしても、より映画に深みが出たのでは? 

と感じてます。
| movie | 23:16 | comments(0) | - |
マネーモンスター
昨夜は家内と映画マネーモンスターを観てきました。

もうちょっとで夫婦50歳割引が適応されるよ。そうなると2人で 2千円だよ。  と思ってましたが、あれからずいぶん経ちました。

今は2人で2200円です。

ジョディ・フォスター監督作品 

ジョージ・クルーニー・ジュリア・ロバーツ

株式投資を促すTVショーにまつわるフィクションです。

私はそもそも投資に興味がありませんが、 それの仕組みよりTV番組制作の仕組みがよく分かる物語ですよ。

最後の舞台に至る工程が、あまりにもご都合主義的なのがちょっぴり残念でしたが、全ての台詞や画が無駄なく活かされる様は、美しい数式の様でした。

女優より監督業の方が合ってるかも。 

編集技術の巧みさが楽しめます。全ての画や台詞が無駄なく活かされています。

劇中でもTVクルーの神業が描かれていますが、きっとジョディ・フォスターは映像作品が大好きなんでしょう。

ジョディとジョージが好きなのは家内の方で、私はJJエイブラムスが好きなんです。 彼の伏線の張り方が大好きです。 

だから

ホントは裏で上映されていた

「10クローバーフィールドレーン」を観たかったのよね。

写真は時間調整で利用したフライングタイガーで買った砂時計

アクリルってガラスよりかなり吸湿性が高いはず。 案の定、示す時間はとてもアバウトでした。

| movie | 21:38 | comments(0) | - |
イット・フォローズ と ババドッグ
今週公開の「イット・フォローズ」

公開されずにDVD化された「ババドッグ」

ジャンルは「ホラー」

どちらも映像の怖さはキューブリック作品の「シャイニング」

ホラーながら愛を語る内容はスティーブン・キング原作の方の「シャイニング」 に匹敵する名作らしい。

町山智浩さんの解説を見聞きすると 全ての作品が見たくなるよ。

| movie | 16:41 | comments(0) | - |
ジャージー・ボーイズ と キングトーンズ
劇場で観賞する機会を逃していた「ジャージー・ボーイズ」。

夕方からWOWOWで放送されていたので、営業中の店内で観賞しました。

「ドリームガールズ」のように歌がセリフの代わりになる、ミュージカル色の強い 作品だと想像していたのですが、それらしいシーンはエンディングのみでした。

残念ながら未だ劇場でミュージカルを経験していない私ですが、 「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」「エビータ」、、好きなんです。

その意味では、ちょっと裏切られた感がありますが、

「ジャージー・ボーイズ」良かったです。 

同じクリント・イーストウッド監督作品の「グラン・トリノ」はエンドロール以外は あまりよい印象は無かったんですが、これは良かった。

当時の風俗、ラジオ局、レコード業界、バンドマンの様子がPG12に抵触しない線で 描かれています。

暴力的なシーンがほとんどありません。 

画面に映らないところで、錆止めが塗られていない鉄や鼻血の匂いが漂う、寸止め。

日本で云うなら、ホタテマン・安岡力也や、内田裕也が暗躍するグループサウンズ時代が 蘇ります。

そして、フランキー・ヴァリの成長がリアルに描かれていたのが印象的です。

作品中に流れる名曲の数々。

フォーシーズンズ結成前のボブ・コーディオが「タモリ倶楽部」のテーマ曲を 作っていたなんて、初めて知りました。

「シェリー」を聴いていると、山下達郎を思い出しますが、他にも、、、。

そうだ! キングトーンズ。 あのファルセットボイス。 

きぃっと、い〜つぅかは、、、君のパパもぉ、判ってくれぇる。

上映中に来られたお客様が、退店するタイミングを逃されてしまいました。

ジャージー・ボーイズ 名作です。

| movie | 01:12 | comments(0) | - |
琳派とエニグマ

京都高島屋7F グランドホールで開催中の 「細見美術館・琳派のきらめき」のご招待券が数枚あります。

店内の本棚に置いておりますので、どうぞご自由にお持ち下さい。

日曜日の夕方に訪れましたが、多くのお客様が来ておられました。

200年前にあのような構図・色使いを思いついた絵師さんに対して 憧憬なのか畏怖なのか、自分の中に高ぶる気持ちを感じました。

金魚も鯉も、禽類も、ここでは人の目で感じるそれとは異なる形で しかし強い生命力を伴い存在します。

琳派のアロハシャツ、風呂敷、素晴らしいコラボ商品が売られていましたが 高かった。 もう少し安ければ欲しかったんやけど、、、。

それからレイトショーで「イミテーションゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 を観ましたが、これは素晴らしい映画でした。

ベネディクト・カンバーバッチ目当てで見に行った映画でしたが、 キーラ・ナイトレイを始めとする他のキャストも素晴らしい。

事実を元にした脚本なんですが、ホントに素晴らしい物語です。

1939年 ドイツ車によるポーランド侵攻

1945年 ドイツ降伏 主人公のアラン・チューリングは、1947年にオリンピック選手選考予選で 5位に入賞しているという事実。

等を予備知識としてお持ちになってからご覧になることをお勧めします。

| movie | 00:19 | comments(0) | - |
冬の名作ホラー シャイニング と ROOM237

12月22日は朔旦冬至を迎えます。

朔の日と冬至が重なるのは19年に一度だとか。

とはいえ長い夜はしばらく続きます。

家でゆっくりと過ごすときに 寒い冬にピッタリなホラーの名作は如何でしょうか?

スティーブン・キング原作 スタンリー・キューブリック監督作品

1980年公開作品 「シャイニング」

夏に「シャイニング」の謎を読み解くマニアック映画「ROOM237」を観たのですが

それを機にどうしてもシャイニングを見直したくなり Dr.栗山にDVDセットをお借りしました。

流石に映像は古いのですが、そこに宿る魂はホンモノ。

シャイニングもROOM237もネタバレしない寸前に留め 尚且つ興味を持って戴けるように 簡単なスライドを作ってみました。

ROOM237で語られる秘密 全てに膝を叩くかと問われれば 否 と答えます。

しかし、天才キューブリックが、マヌケなミスをしでかすとは思えません。

スクリーンに映し出される「変更」「演技」「設定」には意味があるはずです。

原作で出てくるビートルは赤色ですが、映画では黄色。 用意が出来なかったのか?

いや、物語後半で意味もなく事故シーンが挿入されるのですが、そこで壊れているのが

まさに赤のビートルです。 これはキューブリックがキングに送ったメッセージ。

「あんたの原作は壊したよ」に思えてなりません。

原作の部屋番号は217 映画では237 理由を監督に問うと

「ロケ先のホテルに迷惑がかかるからだ。」

しかしロケ先のホテルに217号室は存在していなかった。 

237という数字に隠された意味は?

お借りしたDVDに収録されていたメイキング映像では 自らも周囲からも将来を嘱望されているダニー役の少年の利発さが伺えますが、彼がその後スクリーンで活躍することはありませんでした。

237号室からの恐怖を感じ取っていたダニーが、その部屋の前で一度だけ堂々と振る舞う時があります。

その時に来ていたセーターの柄は アポロを積んだサターンロケット!

アポロ月面着陸映像が、ケネディの依頼を受けたキューブリック・2001年宇宙の旅ユニットによる捏造であるという都市伝説があります。

事の真偽はともかくとして、少なくとも、キューブリックは其の噂に対して暗喩で応えたのか、もしくはイメージを散りばめて遊んだのか どちらかであると感じます。

映画の出来栄えに不満を持ったスティーブン・キングはテレビドラマとしてシャイニングを製作してます。

映像作品としてなら、私はキューブリック作品の圧勝だと感じてます。

年末年始 長い休みの間に検証してみませんか?

| movie | 17:46 | comments(1) | - |
ラッシュ プライドと友情
初めて映画のおひとりさま。 レイトショーで観たのは ラッシュ/プライドと友情。

76年の最終戦は豪雨の中決行された日本GP。 そのレースを映画のクライマックスに据えて F3時代から続いていたジェームス・ハントとニキ・ラウダとの 関係を描いたセミドキュメンタリー映画でした。

これまで「車やレース」を題材にした映画は、大袈裟な表現に 辟易とさせられる事が多くて食傷気味でした。 Pixarのカーズは例外で、アニメながら「車好きの魂が宿る」 素晴らしい出来栄えに感動しました。

それほど期待していたわけではないのですが、 CGやENGINEで絶賛されていたのと、 英語が不得意な友人が機中で字幕なしで観たのに良かった と教えてくれたのでレイトショーへ。

76年当時のFORMULA1を知らなくても、セナとプロスト ピケとマンセルに熱狂した経験がおありなら楽しめると思います。

タイレルの6輪車が日本GPで「てぃれる」とレタリングされていたことが 微笑ましい。

レースに興奮していたので、コジマエンジニアリングKE007も登場していた はずなのですが、見落としてしまったのが残念。

日本語吹き替え版ではキンキキッズのお二人がライバルを務めているそうです。 そのうちWOWOWや地上波でも放送があるかもしれないので その時に確かめましょう。 ただ、映像の迫力と大きなエキゾーストノートは、やはり劇場ならではですよ。

カーズとプライド。 もしどちらも未見という方には やはり カーズ です。

ロードゴーイング仕様のマックイーンと、サリーカレラ(ポルシェ911)が 2台で枯れ葉舞う峠をドライブするシーンが大好きです。

| movie | 00:45 | comments(1) | - |
ずっと観たかった やっと観た 繰り返し観たくなった ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日間
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [Blu-ray]のレビューと評価: ずっと観たかった やっと観た 繰り返し観たくなった [coneco.net 商品レビュー]

まえからずっと、ずっと観たかった、ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日間。

ファンタジーなのか、冒険譚なのか、それとも? 

今年はお正月映画の007に始まり、レ・ミゼラブル、スター・トレック・イントゥ・ダークネス、パシフィック・リムなどなど、面白い映画をたくさん見ましたが、最後に昨年の話題作ライフ・オブ・パイ。

ネタバレを含む私のレビューをごらんになっても良いと思われたら、文頭のリンク先を御覧ください。

できれば、お子さんと一緒にご覧になって下さい。 そして、ご自分の家庭の物語をお考え下さいね。
| movie | 22:42 | comments(0) | - |
ドライビングMissデイジー

タイトルだけを知りつつ、そのタイトルや主演俳優に興味を持ちつつも、ずっと未見だった素晴らしい映画を見ました。 思えば劇場公開時に観ていても、今感じている程の感動が得られたかどうか?  この年齢に達してから巡り会えたのを幸せだと思っております。  タイトルはドライビングミスデイジー。 1989年製作のアメリカ映画。 1950年頃から1970年頃までのアメリカ南部を舞台にしています。

ジェシカ・タンディ演じる老齢のユダヤ系未亡人たるミスデイジーと、モーガン・フリーマン演じる初老の黒人男性ホークとの心の交流を監督ブルース・ベレスフォードが淡々と描きます。

頑固で人のことを褒めないミスデイジーは裕福な白人ですが、南部においては被差別対象となるユダヤ系です。 彼女に運転手として仕えるホークは、穏やかな性格ですが当時の南部において合法的な差別対象。

ガソリンスタンドのトイレを使うことが許されないホーク。  ふたりが道端に車を停めて休憩しているときに職務質問を行う若い警官がいます。 黒人たるホークには当然のように高圧的です。 白人たるミスデイジーにたいしては、彼女のファミリーネームを尋ねた瞬間から様子を変えます。 ユダヤ系と判ったからです。

息子にホークの様子を尋ねられたミスデイジーは、「どうして彼のことなんかを聞くのか?」とあくまでもホークは使用人であるという立場を屑じません。 しかし、彼の仕事ぶりにシンパシーを感じ始めてからは、彼のことを「ハンディ」だと称します。(それは物語の最終局面で、言葉が「ベストフレンド」に変わることで証明されます。)  言葉面は「便利」という意味ですが、そこには感謝の念が感じてとれます。

家政婦としてホークと共に働く彼の妻であるアデラが亡くなってから、ミスデイジーは「彼女はツイテいた」と言います。 それはホークの妻であったことが幸せであったであろうという意味が込められているはずです。

ミスデイジーの生活。 息子の経営する紡績工場の様子。 得意先の心象を考えてマーチンルーサーキングの夕食会への同席を断る息子の気持ち。 KKKによって爆破されたシナゴーグ(ユダヤ教会)  

これらの出来事や、人と人との心の交流をや心象の変化を淡々と描く監督。 この際に、キャプションは入りません。  画面や台詞から、その変化変遷を視聴者は自分の感性を頼りに感じ取る必要があります。

これで誰が幸せになったとか、誰が不幸だとか、誰が悪者だとか、誰が報われたとか、そのようなことを脚本は押し付けてきません。 だからこそお勧めしたいのです。

要所要所に素晴らしい音楽と、風景。 これぞ映画の醍醐味だと思いました。 迫力ある3D映像やCGを利用した爆破シーンだけが映画ではありません。

車好きとしては、ホークが運転する古きよきアメリカ車の変遷にも注目します。 最初にミスデイジーが運転をしくじる車は
続きを読む >>
| movie | 00:59 | comments(0) | - |
あるいは裏切りという名の犬

あるいは裏切りという名の犬 。 どうですか、ケレン味たっぷり。 いかにもフランス映画でございますと言わんばかりのタイトルです。

原題は、オルフェーヴル河岸36番地。 パリ警視庁の所在地を示すもの。 エンドロール前に36と大書された数字が出ます。 六本木ヒルズや新宿歌舞伎町のように記号性がある地名なんでしょう。 それが、「あるいは裏切りという名の犬」 確かに、裏切りと犬(警察)の話です。

それにしても、唐突な感じが否めません。 名をタイトルに織り込むと、同じフランス映画で1991年に公開されたカラックス三部作の「ポンヌフの恋人」を彷彿とさせてしまうかもしれないと角川映画さんが考えたのでしょうか? 確かに、ポンヌフとは全く異なる映画。 あちらは難解。 対するこちらは映画の王道を地で行くものです。

犬といえば、オーティス・レディングの名曲である「The Dock of the Bay」を当時の日本のレコード発売会社は
続きを読む >>
| movie | 01:18 | comments(0) | - |
薫りと記憶、そしてメメント。
ディオールのシンボル。ディオリッシモ。

クリニークが提供する男性用フレグランス

コネコネットにフレグランス部門が出来ましたので、早速記事を書きました。

書いているうちに、当時の事を思い出しました。

薫りが記憶を呼び起こす事もありますが、思い出が薫りを呼び起こす事もあります。

カーリーサイモンの
続きを読む >>
| movie | 01:12 | comments(0) | - |
アリスインワンダーランドも2Dがお勧めです

5月4日は、MOVIX三条で「アリスインワンダーランド/3D字幕」を鑑賞しました。 実は原作たる「不思議の国のアリス」は未読ですし、ディズニーアニメをはじめとする映像作品も、きちんと観た事はありません。 原作で登場したアリスが大人になってからという設定の作品ですから、もちろん原作の「設定」や「台詞」を知ってから観た方が面白いに決まっていますが、ティムバートンとジョニーデップの組み合わせに期待することにしましょう。

さて、前回観た3D映画は「カールじいさんと空飛ぶ家」。 草津イオンシネマでしたが、あちらで使用した3Dメガネは、持ち帰り前提の偏光レンズ仕様。 偏光の角度を左右でずらして、左右それぞれの網膜に異なる映像を送り込む構造でした。

対してMOVIXのそれは、電子式です。 メガネに電池が仕込まれており、額には通電を示すパイロットランプがあります。 場内に流れる信号をそれぞれのメガネが受信して、左右それぞれのレンズのシャッターを閉じたり開いたりして、左右それぞれの網膜に異なる信号を送り込む構造です。

それなら、

続きを読む >>
| movie | 00:18 | comments(0) | - |
鴨川ホルモー

今頃ですが、鴨川ホルモーを見ました。 ご存知、京都大学を舞台にした青春おふざけ映画です。 清水寺から始まる京都の映像。 葵祭から祇園祭へ。 京大キャンパスから出町柳、木屋町、恵比寿川ダム、疎水、茶山、百万遍寮ならぬ吉田近衛寮、出町駅、三角州、荒神口から八坂神社、寺町京極、先斗町から南禅寺ローマ橋、黒谷さん、残念ながら聖護院は無し。

京大付近、徒歩圏内の名所?迷所がたくさん出て来ました。

レナウン娘のCMソングと聞いて「にやり」とする方にも見ていただきたいですね。

栗山千明の熱演が光る、いや、彼女でもっていたともいえる映画でしたが、その内容は? コネコにレビューした記事を転載します。 続きは、
続きを読む >>
| movie | 22:32 | comments(4) | - |
宇宙戦争から100年が経ちました

HGウェルズが1898年に発表した小説宇宙戦争は、その後のSF作品に多大な影響を与えました。 1938年に米国CBSラジオが放送した同小説が引き起こしたパニックはつとに有名ですし、1953年には初の映画化作品が上映されています。 その後、百年以上が経ちましたが、この「サイン」「マーズアタック」「インディペンデンスデイ」「宇宙戦争(スピルバーグ)」など、かの作品を下にした多くの作品が上映されました。

最近になって、やっと全ての作品を観終わりました。

サインというよりスティグマータ

宇宙戦争を1家族の視点から描いた名作

出来れば大画面大音量で楽しみたい娯楽大作

お勧めは、トムクルーズの「宇宙戦争」でした。

本人を直に見た事が無い王様や、国の為に命を懸けて戦うより、身近な家族の為に戦うという設定の方が共感を得るという事でしょうか。
| movie | 00:26 | comments(0) | - |
タイトルはNINEだけど女性はSEVEN
日曜日につき早仕舞い。 夕方から映画に出かけました。 夫婦50割と中学生なので、三千円で済みます。 私たちは「NINE」。子供は「ダレンシャン」

子供がコミック/小説でファンになった「ダレンシャン」。 渡辺謙さんが出演していたようですが、彼の演技以外に見る所ナシダメダメ映画だったそうです。 明らかに続編が前提の作り方だったそうですが、その目論見は果たせそうにない出来映え、集客だったそうです。 残念でしたね。

NINE」は、妻が好きな女優さんが舞台で演じていたものが映画化されたもの。 元はブロードウェイミュージカルです。

舞台で妻の好きな女優さんが演じた役柄を、どの女優さんが演じるのか?も楽しみのひとつだったのですが、なぜか映画版では男性が演じていました。 残念。

ゴージャスな女優陣が話題のナインでしたが、いわゆるミュージカルです。 ファーギーやケイトハドソンの楽曲が全面にフィーチャーされていますが、
続きを読む >>
| movie | 00:04 | comments(0) | - |
ピーター グレイブス
おはよう、フェルプス君。 、、、、例によって、君もしくは君の仲間が捕らえられ、もしくは死に至る事があっても、当局は一切感知しない。 なお、このテープは自動的に消去される。

もう見る事の無い5インチオープンリールテープデッキから白煙が立ちのぼるシーンが懐かしいです。

あのフェルプス君演じるピーターグレイブス氏がお亡くなりになりました。 享年83歳。 スパイ大作戦といえば彼がリーダーだというイメージがあるのですが、調べてみると二代目のようです。

ピーターグレイブスといえば、ホンダ1300クーペのTVCMに出演していた事も懐かしく思い出されます。 「これかい?ホンダだよ。」という台詞だったと思うのですが。 伯父さんが乗っていた黄色いホンダ1300クーペ7が懐かしく思い出されます。

スパイ大作戦といば、あのプロットを思い起す作品を観ました。

スカパーe2 無料体験中にスターチャンネルで見た作品ですが、「5フィンガーズ」

題名通り5本の指。 カイジでは、指四本が一気に持って行かれましたが、
続きを読む >>
| movie | 00:28 | comments(0) | - |
トップをねらえ

1988年にガイナックスが庵野秀明監督と組んで、30分X6回のOVAとして製作された素晴らしいアニメ作品です。 この度、パチンコのHEIWAから『CRトップをねらえ!』がリリースされるのを機に再び注目されているようです。 もともとはガイナックス社が『王立宇宙軍〜オネアミスの翼』の製作時に負った負債を返済する為に企画されたという裏話があります。 その為か、当時のトレンドを取り入れつつ、大衆受けを狙う必要があったのかもしれません。 例えば、タイトルは映画「トップガン」とアニメ「エースを狙え」から。 主人公「タカヤノリコ」と「アマノカズミ」との関係は、「ヒロミとお蝶夫人」を彷彿とさせます。 女性の軍服が露出過剰だったり、入浴シーンが多かったりは大人の都合でしょうか? OVA版の再編集となる映画では省略されていますが、物語の前半ではロボット操縦のトレーニングと称して「鉄下駄「腹筋」「腕立て伏せ」「器械体操」「タイヤ引き」。 ランニング場面では、映画「炎のランナー」よろしくの音楽が「バンゲリス」からクレームが付くかつかないかとうギリギリの線の音楽が流れます。 いわゆる「スポ根アニメ」のパロディですね。 設定は西暦2020年あたりですが、1988年から想像された近未来観を楽しむのも一興です。 ホンダカブは未だ現役。 しかし、
続きを読む >>
| movie | 01:37 | comments(2) | - |
マイケルのThis is it を観てみました。

観に行った方が、全員が全員絶賛なされる「This is it」

遅ればせながら拝見しました。

印象は、こちらのページにまとめましたので、ご興味のある方はこちらを御覧下さいませ。

劇場で御覧になった方こそ、ブルーレイディスクを購入すべし
| movie | 00:53 | comments(2) | - |
カールじいさんとイオンラウンジ

新春二日は、恒例の映画を観に。 昨年度からは草津イオンモールを利用します。 近江大橋の料金はかかりますが、駐車料金がかかりません。 但し午前中にたどり着かないと大変な事になります。 渋滞後尾が石山側まで伸びる事も在ります。 私は朝一のスクリーンへ。

カールじいさんと空飛ぶ家の3D日本語吹き替えを楽しみました。

この3Dグラスは+300円の料金に含まれており、持ち帰ります。 TDLやUSJでおなじみの3Dアニメですが、こなれたもので2時間あまりの装着に疲れは感じません。 昔は赤緑の二色紙製メガネをかけて、「仮面の忍者赤影」を楽しみました。あの頃は、画面に赤影さんの仮面マークが出たときだけかけるというシステムでした。 映画の最後に再びマークが出まして、赤影さんが画面からストレートパンチを一閃。 「今、びっくりしなかったキミは忍者になれるよ。」って、言ってました。 

数百のヘリウム風船で空を飛ぶ家の話ですので、3Dの有り難みを感じるだろうと予想しました。 実際、違和感を感じる事無く最後まで楽しめました。 写真に有りますように、少々大振りの眼鏡ですので、眼鏡の上からかけることが可能です。

肝心の映画ですが、ピクサーにはずれ無しの法則は健在。 不覚にも涙が。 眼鏡を二重にかけていますので困ります。 大笑いあり、涙あり、音楽良し、声優さん良し、物語りよし。 笑い過ぎと子供に怒られました。

エンディングは、3Dとうってかわっての平面的な造りです。 古い紙に機械式タイプライターで打たれたクレジットがスクロールします。 その用紙は、A4サイズでしょうか、それぞれをセロハンテープで繋がれています。 それぞれが少し傾いたりします。 大きなフォントは別紙に打たれており、それがテープで留められています。 

あくまでコンピューターグラフィックを駆使したピクサーの映画。 人が出演しない物語も多いですが、人を登場させる時には、
続きを読む >>
| movie | 00:20 | comments(0) | - |
サロゲート
冬休み明けにブルースウィルス主演「サロゲート」が公開されます。

これは身代わりロボットをモチーフにした近未来SF映画のようです。 私にとっての身代わりロボットといえば、「パーマン」のコピーロボットのこと。

子供の頃は、コピーロボットがいれば良いのに、と思う事がたくさんありました。

でも、徐々にそう思わなくなって来ます。 

コピーロボットというからには、自分の性能や性格までコピーされているはず。 そうだとすると、イヤな仕事や嫌な用事、苦手な事や苦手なヒトも同じのはず。 それだったら、上手く行くはずありません。

適当に済ましたりしておくと、後でしっぺ返しがやってくるのを学習しました。 自分で責任を持たなければなりません。

だからといって、全てをきちんとこなしている訳ではないのはもちろんですが、出来る事と出来ない事を自分なりの価値観で仕切っているのが、今の自分ということでしょうか。

寒い朝に「もう少し寝たい」とか、出来れば週に二度はプールに行ければ良いのにとか、それくらいのことは願いますが、身代わりロボットの登場を願う事はなくなりました。 

今晩もその思いを改めて感じました。 と、言いますのは
続きを読む >>
| movie | 00:51 | comments(0) | - |
ザワ、ザワザワ  ざわ、ざわざわ
映画「カイジ/人生逆転ゲーム」を家族全員で観てきました。

私と次男は、OVAのテレビ放送を楽しみに見ておりましたので、今回の映画を以前から楽しみにしていました。 長男は、OVAは未見ですが、福本作品のファンですので、同じく楽しみにしていたようです。 妻は、福本師匠が何者かも知りませんが、主演の藤原竜也のファンですし、宝塚女優天海祐希のファンでもありますので、家族全員が楽しみにしていたという事でした。

OVAでは、 萩原聖人, 白竜の熱演が光り、全26話構成でティッシュ箱くじ引きの失態によりカイジの「指四本持って行かれる」までが描かれていましたが、
続きを読む >>
| movie | 00:56 | comments(0) | - |
クローバーフィールド JJエイブラムスは良いもん創ります。
期待していなかったスタートレック新作映画を観て、JJエイブラムスの力量を再確認しました。 LOSTを観ていても判りますが、それほど集中力や記憶力を総動員しなくても、過去の出来事を上手く視聴者に思い起こさせて伏線として活用する技術が特徴だと思います。 涙腺を刺激したり、故人の思い入れを利用する特別な音楽に頼らないところもお見事です。

で、観なければならないと思っていた「クローバーフィールド/HAKAISHA」がWOWWOWで放送されたのを見逃さずキャッチしました。

公開時には、手持ちカムコーダー映像を使用した「ブレアウイッチプロジェクト」と混同していました。 また、あの悪名高い「ハリウッドゴジラ」影響もあってか、興味の外に合った作品でした。

で、出来映えは?

ここしばらくご無沙汰の怪獣映画。 ここしばらく日本では製作されないであろう怪獣映画。 怪獣映画がお好きな方に広くお薦めしたい作品でした。

おそらく地上波では放送されないと思います。 何故なら、
続きを読む >>
| movie | 02:12 | comments(2) | - |
グラントリノとグランドセフト
グラントリノとはクリントイーストウッドの映画。

良く似た名前のグランドセフトとは、ビデオゲームの名前です。 セフトとは泥棒のこと。 中でもグランドセフトとは車泥棒のことのようです。 グラントリノでも、車泥棒が物語の発端となっています。

年齢制限がかかり、有害図書指定を受けているグランドセフトシリーズですが、このうち二つのゲームが我が家にあります。 どちらも年齢制限を無視して購入したのは次男です。 彼がこのゲームをしているのを何度も観ていますが、本当に酷い内容です。 麻薬を売りさばき、裏切り者を次々と殺し、盗み、盗み、裏切り、人をひき殺します。 地下鉄線路上を車で走り、ガソリンスタンドに突っ込み火災を起こします。 待ち行く人に喧嘩を売ります。 殴られますし殴ります。 パトカーから隠れて追いかけられる毎日です。

そんなゲームを小中学生が行なうのをどうして黙って見ているのか? 答えは。 日常が平和だからです。

旧い喩えで恐縮ですが、ガールフレンドがいない時期には、「パンチでデート」や「ラブアタック」を楽しみに見ていました。 でも、ガールフレンドが出来たら、もう見ないもの。 日常的に喧嘩に明け暮れている人たちは、少年マンガに載っている番長漫画を見ないのではないかと想像します。

日々、普通に過ごしている小学生にとって、グランドセフトを楽しむのは、積み木を崩したりする遊びに似ています。 私が愛してやまないグランツーリスモに小中学生は見向きもしません。 なぜなら、ミサイルを放ち前走車を撃ち落とせないから。 オイルをまき散らして後続車の妨害を行なえないから。

それでも、ゲーム内とはいえ、あまりに酷い行いを繰り返しているのを見ているのは気分の良いものではありません。 こんな少年時代を実際に送っている少年達を思うと心が痛みます。 

だからグラントリノを観た時に、嫌な感情が湧き出たのでしょうか?

他の土地、他の国、他の時代。 実際に暮らしてみなければ本当のところは判りません。

でも、グランドセフトを「あり得ない経験が出来るゲーム」として楽しめる「いま」で良かった。

自由度が高い犯罪アクションゲームこれはコネコネット内に書いたグランドセフトの紹介記事です。 残虐でないゲームシーンの動画も載せていますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。

| movie | 00:13 | comments(0) | - |
グラントリノ 観ました
今日は夕方でお店はおしまい。 金曜日から上映スケジュールが変更され、月内終了が決まっているクリントイーストウッドのグラントリノを観に出かけました。 6時からの上映ですので、お店を少し早めに閉めました。 5時半過ぎに来て下さった方がおられましたら、ごめんなさい。

オープニングのタイトルは、「GRANTRINO」 クロームメッキされた樹脂製のプラックを模したロゴ。 車体後部のトランクリッド等に貼付けられるロゴプラックは一体成形されています。 文字自体は銀色で、文字それぞれを繋ぐ為に影の部分は黒くなっています。 このタイトルはこの様式で作られていました。 車好きなら思わずにやりとする場面です。

1972年製ながら新車の様な(ミントコンディション)のグラントリノは劇中それほど登場しません。 個人的に気になる内装やメーター周り等が描かれることはありませんでした。 ギャングが乗り回すシビックフェリオや、息子のレクサスランドクルーザーの出番の方が多い程です。

週刊文春や少年チャンピオンの浜岡賢次の映画評等では大絶賛。 他様々なメディアでもネガティブな意見を目にしたことがありません。 TVCMでも50歳以上は観るべし、観客は大泣きと。 先だって深夜TVで観たイーストウッド映画が良かったこともあり、期待しての劇場入りでした。  タイトルロゴが気に入ったのは先述の通り、さて、

頑なで人種差別を厭わないウォルト(イーストウッド)は妻に先立たれ、息子達とも折り合いが悪く、閉じこもった生活を送っています。 世の中気に入らないことばかり。 そんなイーストウッドと神学校を出たての28歳の童貞神父さん。 隣に住むモン族のぼんやりした少年タオ。 それにタオの姉スー。 誰もが望まない形ですが、そのタオの従兄弟が所属するギャングが絡んで来る形でお話が進みます。 

父親のいなく、男の生き方(少なくともアメリカでの)を知らないタオ。  亡くなったウォルトの妻に「主人を頼む」と頼まれている神父。教会や黄色人種に敵意こそあれ興味等抱かない老人。 

彼らの関係が、お話が進むにつれどんどん変化していきます。 そして、広告曰く、「衝撃の結末」へと繋がるわけです。

人によっては、この結末は予測出来たとか、この結末でしか話は締めくくれないだろうとのことです。

でも、私には「衝撃ではないものの、期待した、予想した結末ではありませんでした』 理由は、
続きを読む >>
| movie | 00:26 | comments(6) | - |
グラントリノ
グラントリノとは、1970年代のフォード車名で、来週公開のクリントイーストウッド制作主演のハリウッド映画の題名です。

しばらく前に深夜TVでイーストウッド監督主演のブラッドワークという映画を見ましたが、これもなかなかの出来でした。 興行収入が制作費を上回っていないようですが、確かにTVを見るまで題名すら知りませんでした。

マジソン群の橋、ミリオンダラーベイビー、星条旗二部作と、TVCMでも紹介される事の多いイーストウッド制作の映画ですが、今回のグラントリノにも期待しています。

妻に先立たれた人種差別主義の退役軍人と、隣人であるベトナム人少年との関わりから、これからあるべき米国の未来を問うた作品のようです。

春の映画と言えば、新作スタートレックも忘れてはならないのですが、、。

監督のJJエイブラムスは、LOSTの制作にも携わっていますので、期待したい気持ちはあります。 でも、なぜヤングカークのお話なんでしょう?

スタートレックは、時代を映す鏡だと感じています。米露冷戦時代には、ピカード艦長が主役を務め、戦いや開拓ではなく、交渉と譲歩のお話でした。

しかし、70年代にはフロンティア精神を前面に押し出した西部劇でした。もちろん主役はカーク船長。

21世紀のスタートレックはアーチャー船長率いる初代エンタープライズが、対イラク戦争を正当化する様なお話を繰り広げています。

さて、今回のスタートレックはどのようなお話なのでしょうか? アーチャーやカーク船長時代の様なお話なら、見に行きません。 タダのSFなら、、どうしましょ?

マジソン群の橋も星条旗シリーズも未見ですが、グラントリノは劇場に行こうと考えています。 

| movie | 02:04 | comments(2) | - |
おくりびと と おくりくるま
映画「おくりびと」がアカデミー賞/外国映画賞を射止めて話題になっています。 私は未見なのですが、母親が絶賛していたのを覚えています。 同時期に観た「私は貝になりたい」とは比べ物にならないと申しておりました。

つい先日も町内で不幸がありました。 一つ年下の小学中学と同じ学校に通った知り合いが突然お亡くなりになりました。 心筋梗塞でしょうか、朝には冷たくなっておられたそうです。 若い方のお葬式は辛いです。

関西では「おくりびと」という言葉は一般的ではないようです。 対してアメリカでは、エンバーミングという言葉も一般的な様で、「おくりびと」の背景はなじみ易かったのかもしれません。 アメリカのお葬式は一般的に土葬で、お葬式では、故人の綺麗な姿を参列者に披露するようです。 その様子を描いたドラマ「6フィートアンダー」がヒットしています。 スポーツマンはスポーツマンらしく、女優は女優らしく、事故等で痛んだ遺体を修復するお仕事です。 故人を美しく送る感情は古今東西を問わないようです。

「おくりびと」のアカデミー受賞を受けた形で、あの光岡自動車が「霊柩車」に「おくりくるま「という商標をつけたようです。 映画に協賛していたわけでも無いようですし、受賞前からの命名でも無いようです。 

う〜んなんだか。北陸の本田宗一郎!!を標榜する光岡自動車とすれば、ありそうなお話です。 本田さんはモノマネが嫌いな人。 草葉の陰でお嘆きになっている事でしょう。

私は自分の葬式に、これといった希望はありませんでしたが、今回の事を受けて、ひとつ注文が出来ました。 霊柩車には光岡自動車を使わないで下さい。 ボルボでもベンツでもTOYOTAでも、何でも良いですが、光岡はごめんです。

京都の斎場は東山ドライブウェイの上にあります。 若い頃に何度も往復して練習した所。 私を乗せた霊柩車の運転手さん、いつもより少しだけしっかりと棺桶を縛って、少しだけ速度を上げて走って下さい。 できればいくつかのキャッツアイを踏んで下さい。 お願いします。

この記事を書くにあたって、楽天市場で霊柩車のミニカーを探しましたが、ありませんでした。 誰もが1度は乗る車なんですがね。

地方によっては、斎場に向かう際、ご遺族と棺桶を同時に運ぶ工夫が有るとの事。 観光バスを改造したモデルで、横腹にある旅行トランクを収納する場所に、棺桶を入れるそうな。 しかし、それでは棺桶の上に人が乗る事になります。 親戚が20人も集まれば、気に食わない人の何人かは居そうです。 その人が頭の上に座っているというももなんだか嫌な感じです。 これはいただけませんね。

私も今月で50歳になります。 同級生が集まれば、薬や病気の話が出て来る様になるのでしょうか? 

昨晩、スポーツジムからの帰り道。 気温が上がっていましたので自転車でした。 九条山の登り道で、向こう岸をママチャリで走る20代男性にライバル心を燃やし、何時に無く必死でペダルを踏みました。 結果、疲れと眠けが1度に襲って来ました。 

とはいえ、次男はまだ春から中学生です。 しばらくは老け込む事等許されませんので、ぼちぼちでも頑張りますね。
| movie | 03:30 | comments(2) | - |
祇園会館
ハンコックもアイアンマンも、観たのは京都祇園会館。 二本立て興行、飲食物もちこみ自由、入れ替えなし、途中入退場自由という昭和のレトロなスタイルを保ち続けている名画座です。

上映中も観客ので出入りがある為か、その観客の多くがお年寄りの為か、上映中も館内は真っ暗になりません。天井にある照明の全てにうっすらと灯が残ります。 一昔前は消防法で規制されていたらしいのですが、全館そのようなものだったと思いますが、シネコン全盛の現在は、上映中は真っ暗になるようです。

館内の様子です。 スクリーンの両サイドには枡席のようなものがあり、向かって左側には花道があります。 毎年11月には祇園をどりの開催地となるので、花道を綺麗どころが練り歩くのでしょう。 正面ステージの奥に張られたスクリーンはそれほど大きくありませんが、客席数は502席。 シネコンは100〜300席規模ですので、スクリーンに対して箱は大きいと言えますね。 劇場内に配置されているSPは、米国製エレクトロボイス。

枡席上にも音響レンズ装備のSPが設置されていますし、その後にも屏風型のSPがあります。 スクリーン裏にも設置されているでしょう。

これまで何度も書きましたが、祇園会館は本当に音が良いです。 エレクトロボイスが良いのか? 劇場の空間に余裕があるのが良いのか? 床や天井の構造や材、はたまた向き等が良いのか? 音響技師さんの腕が良いのか? 人の声のみならず、強烈な爆発音の「抜け」も最新のシネコンより優れていると感じます。 少なくとも、私の家族や知り合いは同じような感想を持っています。

想像するに、シネコンは隣り合わせる劇場間で、お互いの音漏れが無いようにと、遮音や吸音に腐心するあまり、劇場内の音が死んでいるのではないかと。 新聞記事で見た覚えがあるのですが、大阪にある地下音楽ホールは、地下鉄の通過音が聞こえてしまう為、ホール自体を免震ゴムのようなもので浮かしているそうです。 それだけでなく、音のエネルギーを熱に替えるシステムも採用されていたと記憶しています。 音を遮断する為に、エネルギーを何かに変換すれば、もちろん何かを失うはずです。 

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、使用する環境によっては非常に効果的だと思います。 周りが静かな環境でも、ノイズキャンセリングSWを入れた方が体感する音質が良くなると書かれた記事も読みました。

クラシック音楽の演奏会で弱音時に館外の騒音が聞こえては台無しですから、遮音に工夫を施すのは当然でしょうし、シネコンでの防音遮音は当然でしょう。 

しかし、この祇園会館は、少なくとも必要以上の遮音は施されていません。開演時間前に到着して、分厚い扉の外で待っていると、クライマックスの爆発音や音楽が漏れ聞こえて来ます。 でも、これこそが自然な音質の秘密なのかもしれません。

シネコンで観たオペラ座の怪人は、音の悪さに閉口しました。 音楽映画を観るなら祇園会館のような劇場の方が良いです。 歓喜の歌では泣きましたもの。

一度お試しあれ、祇園会館。

これは階段踊り場に展示されている映写機。東山4号映写機と読めます。 まるでニューシネマパラダイスのようです。 どれだけの人々がこの映写機が映し出す映像に酔いしれたことか。 私が中学生の頃、祇園会館でビートルズ映画を観た時には、いつも同じところでフィルムが切れて、技師さんが再インサートなさっていたようです。 その頃はこの映写機が現役だったのでしょうか。
| movie | 00:29 | comments(0) | - |
ウィルスミスのハンコック
祇園会館二本立ての続きはウィルスミスのハンコック。

TVCMで何度も見かけた作品です。 本編をご覧になっていなくても、私の用にテレビで見たという方が多いと思います。

テレビCMで判るのは、ウィルスミス扮するスーパーヒーローハンコックは、やり過ぎのヒーローで、街のみんなから嫌われているという事。 踏切で電車を片手で止めているところが放送されていました。 また、何らかの事情で、その力が弱まってゆく様ですが、それでも自分が戦わなくてはならないという決意を持つ事も判っていました。

上映時間は90分足らずなので、力を振り絞り、最後に地球を救って目出たし目出たしとなるのだろうと、予想していました。 ウィルスミス、仕事し過ぎと思っていました。 

しかし、予想とは違う展開。 ハリウッド映画でスーパーヒーロー物なので、CG満載で勧善懲悪、最後は「イエ〜」だと思っていましたが、、、そうこれは、まるで落語の人情話。

死神博士やショッカー等の様な判り易い悪役や悪の組織があるわけではなく、それらを殲滅する話ではありません。 登場人物も主にウィルスミスとシャーリーズセロン、ジェンソンベイトマンと、子役のジェイヘッドの四人です。 そう、落語にぴったり。

自身の新作落語「歓喜の歌」を映画化した志の輔さんに、ぜひ落語化して喋っていただきたい様な出来です。

この記事を読んで「観てみたい」と思われた方は、祇園会館に出かけるも良し、DVDをレンタルしたりアマゾンしたりして下さい。 

観るつもりは無いけど、お話を知りたいと思われた方は、続きをクリック。

ライミンが簡単にお話をまとめてみます。
続きを読む >>
| movie | 00:25 | comments(0) | - |
ロバート・ダウニー・Jr.のアイアンマン
またまた祇園会館で映画鑑賞。 新聞屋さん、いつも券をありがとう。

今回はロバート・ダウニー・Jr.のアイアンマンとウィルスミスのハンコック。

小学生と一緒に見に行ったのですが、ハンコックの方に重きを置いておりました。 期待薄だったアイアンマンですが、これが望外の出来でして、主演のロバート・ダウニー・Jrが良かったのです。 と言いますのも、
続きを読む >>
| movie | 01:23 | comments(0) | - |
ドラゴンボール実写版 公開迫る

007/慰めの報酬の開演前に流れたドラゴンボールエボリューションの予告編冒頭に出て来た鳥山明氏のコメントです。

氏のみならず、劇場でこの予告編を観た全員が、「え?」と感じるはずです。 日本人のみならず、アメリカやヨーロッパの「OTAKU」さん達も「え?」と感じたでしょう。 こちらのサイトで私が観た物と同じ予告編を観る事が出来ますので、ご覧になりますか?

似ても似つかぬ悟空が居ます。 ピッコロは少し似ていますが、日本ハム森本選手の方がもっと似ていますね。 主題歌は浜崎あゆみが歌うようですが、「チャ〜ラ、ヘッチャラ♪」ではありませんね。

チョウユンファが老師役で出演。 半尻が懐かしい田村英里子嬢も出演。 日本語吹き替えはご本人が担当していないようですが、ギャラがあわないのかしら。

もし、ご興味がおありなら、劇場でご覧になるのが良いかもしれません。 CGで驚かせる事に腐心して製作された映画をテレビで鑑賞しても、つまらない場合が多いですから。 アルマゲドンも、デットマンチェストもテレビで見たら、全然だめでしたもの。 

| movie | 01:02 | comments(0) | - |
007/慰めの報酬
ダニエルクレイグ主演007/慰めの報酬を観ました。 初めて新京極MOVIXに出かけました。地下にある一番スクリーンは、190席程で縦に長い場内でした。 JBLスピーカーが掛けられた壁は反射を押さえる為か布素材で覆われていました。 KCS(スペイン製のSP)が使用されているシアターより、メリハリのある音質でしたが、やはり私にはシネコン独特の「詰まった感じの音」だと感じました。 サラウンド感は素晴らしく、迫力の有る音で、椅子の座り心地も良く、と、わざわざ出かけるに相応しい映画館の一つだと思いました。 が、祇園会館などの旧態然とした単館シアターの、開放感のある、自然な音質の方が好みです。 椅子などはシネコンの圧勝ですが、、。 そう思うと、新型の椅子を導入していた単館映画館であったスカラ座が無くなってしまったのが残念です。 スカラ座も祇園会館も、エレクトロボイス製SPを使用しています。 葬儀会館ではなく、お寺で執り行われる葬儀で、エレクトロボイスが使用されているのを見かけますが、BOSEより良い音で読経が流れて来ます。 エレクトロボイスの音が好きなのかもしれません。

そうゆうと、MOVIXの前で、ビクター製の小型ステレオの展示がありました。 通販も店頭販売も行なっていない木製振動板を持つSPを装備したものでしたが、BOSEのそれを彷彿とさせる好ましいサウンドを奏でていました。 スタンウェイピアノの様な音質というキャッチは、どうかと思いましたが、、。

このようなものの一体型システムでした。

さて、肝心の映画の話ですが、
続きを読む >>
| movie | 22:49 | comments(0) | - |
レッドクリフ

毎年お正月の二日は滋賀県に出かける事が多いです。 皇子山ジャスコで買い物したり、アーカスで映画を観たりボウリングをしたり。 京都に向かう車や出てゆく車と逆方向に進みます。

今年は草津イオンモールへ出かけました。 できたてほやほやの超大型ショッピングモールで、近江大橋の通行料が必要ですが、駐車場料金が必要有りません。 お正月に選んだ映画は「レッドクリフ」。 もうすぐ上映終了となりますので、近場の映画館では良い時間に組まれていませんでした。 それやこれやで草津イオンへと。 朝一の上映を目指しましたので、午前10時前には到着。 鑑賞券の手配を済ませてからモール内を散策。 本当に広い。 フードコートは流石に空いていましたので、讃岐うどんを食してから映画。 三時間足らずの映画が終了してモールに出てくると、人ひと人。 とんでもない事になっていました。 食事をする事もままならず帰路につきましたが、近江大橋が琵琶湖東岸に届くまでモールに入場待ちの車で渋滞しているのを見ました。 一時間で入場できるのでしょうか? 草津モールはサティですが、ジャスコに目的の品がありましたので、皇子山ジャスコにも寄りました。 こちらはそれほど混雑しておりませんでした。 商圏が重なりますので分散したのでしょうか。

私以外の家族は歴史好きですので、映画レッドクリフを選んだのですが、これが望外の出来でして、四月に公開される続編も鑑賞したいと思います。

三月にはやっと50歳になれますので、夫婦割引が適用されます。 これなら夫婦で2000円。早く来い来い誕生日。

2月には007。 ダニエルクレイグのボンドはクールです。

レッドクリフはハリウッドの協力こそありましょうが、中国映画です。  1959年のベンハーもかくやというスケール。 ジョンウー作品ながら、過剰なワイヤーアクションが無い事も評価したいです。 八卦の陣を実写で。 血なまぐさい戦いに流血はつきものですが、静脈でなく動脈の血という色合いを採用しています。 

この連休は天候に恵まれないようですので、上映終了間近のレッドクリフを劇場でご覧になっては如何でしょうか? お薦め出来ます。

配送料¥ 2,500 円かかりますが、激安32インチを見つけましたので載せておきます。
| movie | 00:19 | comments(0) | - |
歓喜の歌 
先日お知らせした「歓喜の歌TVドラマ版」。録画しておいたものを先ほど鑑賞しました。

映画に比べると短尺ですし、CMは挿入されますし、おまけに電子音付きで天候情報が二度入りました。

HBC40周年記念番組という事もあり、北海道は小樽市の美しい風景や町並みを全面に押し出した構成となっておりました。

映画版では、セレブ合唱団とパート従業員合唱団との間でダブルブッキングがあったという設定でした。 TV版では合唱団と市政演説会との構図となっておりました。

残念ながら志の輔落語版を未見ですので、はっきりとした事は言えませんが、TV版では映画版にあった「落語内の台詞まわし」らしきものが見られませんでした。

映画では「いかにも泣かすぞ」という設定はほとんど無かったのに、TV版では、主人公が重い病気であるという事でした。

対立が融和へ、そして協力へ。 自己中心的な人間が、他人の為に奔走するという設定が。 それぞれの人生に意味がある事が。 前向きな人生の素晴らしさが。 合唱団の映画ながら、歌のシーンが少ない。 それでも歌の素晴らしさが伝わる事が。

それらの点で、映画版の圧勝でした。

先日からカウンター越しに「歓喜の歌」を祇園会館へ見に行って欲しいと言い続けていますが、何人の方が行ってくれたでしょうか?

小学生のリレーが、応援する者の心を解放するようなカタルシスが得られます。 他人と笑いと涙を共有する事の素晴らしさを感じる為には、劇場が必要です。

愛する誰かと、どうぞ、騙されたと思って。

| movie | 01:19 | comments(0) | - |
人は哀しくても嬉しくても泪を流す/歓喜の歌
今日はジムには行かずに、新聞屋さんから戴いた鑑賞券がありましたので、夕方から祇園会館へと向かいました。 

家人が落語家立川志の輔の大ファンなのですが、彼の新作落語「歓喜の歌」を原作とした映画が上演されています。 何時に無く「見に行きたい。」と申しますので、小学生と一緒に3人で行く事にします。

私は志の輔といいますと、ためしてガッテンでしか知りません。 あまり期待せずに出掛けました。

冒頭は高級金魚「ランチュウ」のアップから始まり、やる気の無い公務員の日常が描かれます。 フィルム撮影の画質もなんだか古い感じで、とても2008年の映画とは思えません。 ダメダメな日常を描く時に流れる効果音の様な音楽も、安物映画の雰囲気を助長している様な気がしました。

でも、この映画は「落語」が原作だったと、後に思い知る羽目となります。

他人と同じ部屋で鑑賞する劇上映画には暗黙のルールがあります。 泣くならこっそり、笑うならかみ殺し、席を立つならひっそりと。

こんなに大声で笑った映画はありません。 泣くのはひっそりと泣きましたが。

映画は、 誰もが忙しく立ち働く12月30日。小さな町を揺るがすその“大事件”は、1本の電話から始まった。 「はい、みたま文化会館です。ええ、コンサートご予約の確認ですね。『みたま町コーラスガールズ』さん、明日の夜7時から……大丈夫ですよ、お待ちしてます」  調子よく応えているのは、文化会館の主任。しかしその直後には、まったく大丈夫じゃなかったことが発覚する!「みたま町コーラスガールズ」と「みたまレディースコーラス」。よく似たグループ名を取り違えたこのダメ主任、コトもあろうに、大晦日の会場をダブルブッキングするという大失態をやらかしてしまったのだ。  セレブな本格派のレディースが「うちの合唱団にとって明日は創立20周年の記念コンサート。今さら変更なんてありえません」と言えば、結成間もない庶民派のガールズも「うちだって明日を楽しみに、家事やパートの都合を何とか合わせながらがんばってきたんです」と、一歩も譲らない。安定の上にあぐらをかき、仕事も家庭もその場しのぎでこなしてきた主任は、合唱にかける彼女らの情熱を前に右往左往するばかり。さらには夫婦間の危機から、飲み屋のお勘定まで、日頃のツケが一気に回ってきて…。大晦日に起きた一大ハプニング。はたして主任の運命は?懸命に練習してきた“ママさん”たちの歌声は? 

公式ページより。

ガールズのリーダーは、
続きを読む >>
| movie | 00:09 | comments(2) | - |
ノーリーズン ポニョ
崖の上のポニョに巨神兵が出てきました。 絶滅した巨大な古代魚は本当に出てきますが、巨神兵は出てこないはず。 巨神兵に見えたのは、劇中に中座したお母さんでした。

そうゆうことです。 悪名高い海賊版を観たのです。 

スピードレーサーの海賊版は、映像が悪くて観る気がおこりませんでした。 ポニョも映像は悪いのですが、お話に引き込まれてしまい、最後まで観ました。

この映画は夏休み公開という事もあり、興行的には成功しているようですが、評価は分かれているようです。 謎を放置しているとか、話が子供向きだとか。

私は、良かったと思います。 少なくとも「千と千尋の神隠し」を好きな方なら、どこかに良い所を見つけられると思います。 「何処かに良い所」が意味するのは、
続きを読む >>
| movie | 23:50 | comments(2) | - |
ゲド戦記
地上波初放送となる「ゲド戦記」を録画していました。 本日鑑賞しました。

映画公開時の評判は散々でしたし、原作者が怒っているとか、ジャニタレを声優にするなとか、ネガティブな情報が先行していました。

でも、ジャニタレといっても岡田君は別格でしょ。 田中裕子、菅原文太、香川照之など声優陣もしっかりしていましたし、テルー役の手嶌葵は主題歌も担当していましたが、大貫妙子を彷彿とさせる歌唱で、私は気に入りました。

原作に無い親殺しが、宮崎吾郎監督と宮崎駿監督との関係を想像させますが、実際はどうなんでしょう?

私は、初作品にしてこのゲド戦記を完成させた宮崎吾郎監督が気の毒だと感じました。 親父の看板が大きいから、いきなりの監督抜擢であり、大きいから、ハードルが高いのでしょう。

原作を読んでいませんので、偉そうなことを言えた義理ではありません。 この映画をTVで見ただけの者の感想としては、「ハウルの動く家」より良かった。

で、どうなんでしょう? 原作を読んでいた場合は、ダメなんですか? どなたかどちらも味わった方が居られましたら、ご感想をお寄せください。

全く話題が変わりますが、バナナダイエット継続中です。 効果の程は? ご興味のある方は続きをどうぞ
続きを読む >>
| movie | 23:51 | comments(2) | - |
グエムル −漢江の怪物−

スカパー無料体験中に見ていたグエムル −漢江の怪物−、お話の途中で午前0時を迎え無料期間が過ぎてしまい、尻切れとんぼで終わってしまいました。 先日BSデジタルで放映されているのを見つけて、無事続きを見る事が出来ました。

今まで韓流テレビドラマは見た事がありません。 ヨン様はもちろん、チャングムの評判が良いのは聞いているのですが、テレビドラマの場合、制作過程の問題からか、吹き替え音声が背景が野外室内を問わず、いつでもスタジオの響きを伴っているのが気になります。 これは一部に評判が良かったコロンビアドラマ:ベティ〜愛と裏切りの秘書室でも同じ事が言えました。

映画の場合は字幕ですので、その心配はありません。 韓国語自体は聞き慣れないので、30分程は気になるのですが、そのうちに引き込まれていきます。 これは広東語の香港や台湾の映画でも同じです。

最初の韓国映画はシルミド。 北朝鮮の工作員による韓国大統領暗殺未遂事件をきっかけに北朝鮮の最高指導者金日成を暗殺するために極秘の特殊部隊がシルミド(実尾島)で結成された。彼らは目的を遂行するため3年間厳しい訓練に耐え続けた。そして、生きた『殺人兵器』に育てられた彼らが北朝鮮への潜入を敢行しようとした直後、劇的な南北和解ムードの到来により作戦が中断。

情報部は用済みになった部隊の抹殺を決意し、非情な命令を下した・・・。

というお話でした。 高嶋政伸似と金本兄貴似の俳優さんが印象に残っています。 これは大変面白く見る事が出来ました。

さて、グエムル −漢江の怪物−です。
続きを読む >>
| movie | 00:37 | comments(4) | - |
祇園会館でゾンビとネッシー
今日はお休みを戴きましたので、小学生と二人で映画を観に出掛けました。

小学生は早朝から京都踏水会へ耐久水泳試験を受けてからとなります。 約2時間のマラソンスイムを終えて、疲労の色濃い中、約30年ぶりに八坂石段下の京都祇園会館へと向かいました。 学生の頃以来訪れた事の無い祇園会館は、本日が映画の日だったということもあってか、中央よりの席は埋まっていました。 私たちは新聞屋さんから戴いた招待券で出掛けたのすが、意外な混雑です。

祇園踊りで使用されている劇場ということもあり、スクリーン向かって左側には花道があり、幕前にも踊りの為のスペースがあります。 両サイドにはオペラ座よろしく特別席が十数名分あります。

特別席の屋根部分にあたる張り出しの上には、大型のSPが設置されています。 JBLのようなスリット型音響レンズをエンクロージャーの上に載せた灰色のモデルがメインSPと思われます。 背後には、おそらく使われていない屏風型SPがあります。 これらは製造会社不明ですが、劇場内を取り囲むようにドルビーサラウンド用のSPも10機程もあります。

銘盤を確かめると、EV、エレクトロボイスです。 今は無きスカラ座のSPもエレクトロボイスでした。 スカラ座は古い映画館でしたが、大変音質の良い所でしたので、期待が持てます。

果たして、素晴らしい音質でした。 ドルビーサラウンドTHX指定などは受けていないようです。 事実、音場の大きさや広がりは最新の映画館のほうがよろしいかと思いますが、音質自体が良いのです。 新設のシネコンには、ボーズや松下ラムサ、トーアのシステムが多いのですが、エンドロールや幕間に流れる音楽自体の音質は段違いにエレクトロボイスが良いです。(お葬式で使用されていたエレクトロボイスも、良いお経と木魚を聞かせていました。)

SPだけの問題では無いかもしれません。音響環境に不利な平面で向かい合う壁を持つ古い映画館。 そこをリフォームする音響屋の手腕が優れていて、その音響屋がエレクトロボイスを選んでいるという事かもしれません。 しかし、その他の施設で耳にする機会も多い、ラムサやトーアに良い印象を持った事など、一度もありません。 ボーズならありますが、、。

みなさんも映画館で使用されているSPに注目してみて下さいね。

さて、鑑賞した映画ですが、
続きを読む >>
| movie | 00:02 | comments(4) | - |
やっぱり良かった、ドリームガールズ

シネコンに出掛けた時に、開演前にロビーで予告を観たのがドリームガールズ

5分にも満たない予告編でしたが、絶対に面白いと直感しました。 残念ながら劇場で観る事は叶いませんでしたが、先日WOWWOWで録画したものを今見終わった所です。

ミュージカル映画ですし、予告編でだいたいの内容は想像がつきました。 スプリームスとダイアナロスのお話です。

ふた晩にわけて観ようと思っていましたが、
続きを読む >>
| movie | 01:37 | comments(0) | - |
秘密結社 鷹の爪

先日、2条東宝シネマで、超劇場版ケロロ軍曹3を鑑賞したときのことです。 昭和の時代なら本編前に流れるのは、京都新聞ニュースや、様々なローカルCM。 平成初期なら、自動車教習所のCMややぐら茶屋のCMでした。 最近は50歳からの夫婦割引の告知や鑑賞マナーを啓蒙するCGアニメなどが流れます。

今回の映画が、ケロロ軍曹(カエル)だったからでもないでしょうが、蛙男商会なるエンタメサプライヤーの作品が流れました。 秘密結社鷹の爪団やデラックスファイターが、ありがたくも我々を啓蒙してくれました。 小学生の息子は
続きを読む >>
| movie | 23:57 | comments(2) | - |
超劇場版ケロロ軍曹 見て来ましたですぅ

こんばんは、キュートでラブリーなタママですぅ。 日曜日にはライミンマスターが小学生の息子さんと僕たちの映画を見に行くというので、僕と軍曹さんの活躍がみんなに気に入られているのかどうかを確かめるために、僕も付いてゆく事にしました。 映画館は京都2条シネマ第8番スクリーンです。 いつもは滋賀県の映画館に出掛けるみたいなんですが、その日は琵琶湖毎日マラソンがあったようなので、京都の映画館を選んだんですね。 日曜日という事もあって、駐車場が込むといけないから、自転車で行きました。 僕は、体を鍛える為に走っていきました。

12時からの上映予定だったので、20分前にはカウンターにと急ぎました。 でも、
続きを読む >>
| movie | 00:00 | comments(2) | - |
ハリウッドはバイトであります。 明日公開超劇場版ケロロ軍曹であります。
いやぁ〜、我が輩の人気も留まる所を知らない勢いでありますなぁ。 ダスティンホフマンの『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』でも、舞台となるおもちゃ屋に我が輩の等身大ぬいぐるみがさりげなく置いてあるのをご存知でありましょうか? また、「HEROES/ヒーロ−ズ」。マシ・オカ演じる超能力を持ったおたくサラリーマン、ヒロ・ナカムラのデスクの上にも我が輩が鎮座ましましております。 古くは日本のドラマでも、「電車男」の主人公のフェイバリットアイテムとしてケロログッズが数多く登場したのを覚えておられましょうか?

そんなことより! 

>超劇場版ケロロ軍曹3ケロロ対ケロロであります。すでに前売り券発売は終了したでありますが、明日1日は映画の日であります。 みなさん1,000円ぽっきりで我が輩の映画を見る事が出来るであります。 どすか、どすか? 見るでありますか?

| movie | 00:20 | comments(0) | - |
ドラゴンボール

1984年から四半世紀に渡って親子2世代以上に渡って世界中の冒険好きを魅了してやまないドラゴンボール。 原作は言わずとしれた鳥山明氏。 Dr.スランプあられちゃん分と共に想像もつかない印税が彼の金庫に送り込まれているのでしょう。

当家の大学生も小学生もドラゴンボールを楽しんでいます。 小学生がお年玉として手に入れたPS2用ソフトは、格闘ゲームですが、数多くいるキャラクターを解説する機能も充実していますので、リアルタイムでそれを知らない彼に取っては福音です。 このアーカイブをひも解く時間は、プレイ時間としてはカウントしないでくれと懇願されました。 360°自由に空間を舞いながら闘う悟空達は、コントローラーを持たない傍観者にも楽しみを与えてくれます。 バンダイナムコHDさん、ありがとう。 良いゲームでした。

そんなドラゴンボールですが、映画化の話が現実味を帯びて来たようです。
続きを読む >>
| movie | 22:59 | comments(1) | - |
鼻腔をくすぐる夏の匂い レミーのおいしいレストラン

本日はお休みをいただきましたので、夏休み小学生スケジュールでうごきました。

朝から小学生が観た映画は「劇場版ナルト疾風伝」 なにやら入場者記念のブレスレッドを戴いたようです。 何色かあるそうですが、本当は他の色が欲しかったと言っています。 小学生にも色々こだわりがあるようですね。

シネコンでしたので、夫婦は他の作品を選べます。 マグマ大使ならぬ「トランスフォーマー」という作品もありましたが、選んだのは「レミーのおいしいレストラン」 外れ無しのディズニー・ピクサー作品です。 ニモ、カーズ、Mr.インクレディブル、等々、予告編やキャラを見てもピンと来ない事が多いのですが、見たが最後、本当に最後まで引き込まれてしまいます。

レミーはどうだったでしょうか?あらすじは3分もかからずにお話しできます。 それはカーズなどと同じです。

しかし、アニメ作品ながら描かれるのは人間の心。 人と人との繋がり。 人の教え。 文化です。 子供や子供のような大人を喜ばせる為のシーンもありますが、その様なものが無くても充分に楽しめます。 音楽は大人の音楽でした。

アニメのネズミといえば、ミッキーマウスが有名ですが、レミーはもっとリアルなネズミです。 尻尾も全身を覆う毛も、肌色の手足尻尾もリアルです。 取り立てて可愛く取り繕っていません。 ネズミ嫌いのかたは、最初は辛いかもしれません。 しかし、最後にはハムスター程度には可愛く見えるかもしれませんよ。

ピクサーの技術は素晴らしく、パリの街並みは実写のようです。 まったく正確に描かれた街並みですが、そこを走る車達がデフォルメされていますのでフルアニメと知れます。 人や物の動きは、モーションキャプチャーに頼らず制作されているようです。 驚きです。

CGアニメで造られる料理が、どれほどの技術で制作されなければならないでしょう。 画面から熱さや照り加減、冷たさやぱりぱり感、料理の熱さを伝えれば、食器の冷たさをも伝えなければなりません。 匂いを伝える事をせずに、美味しそうな感じを伝えなければなりません。

実写作品でも、レンズの曇りを避けるため、冷えた料理にドライアイスの煙をなびかせて熱い料理に見せる工夫があります。 それなら、レミーの料理の方が美味しそうに見えるかもしれません。

街並み、車、バイク、建物、厨房、調理器具、食器、執務室、万年筆、その全てが一切の手抜き無く素晴らしい質感で描かれています。 お話しも登場人物も素晴らしい。 東北新社制作繋がりから、麦人さんが声優の一翼を担う吹き替えの技術も素晴らしいものです。 ヨーロッパのレストランにぴったりのジャズも適切でした。

お子様のみならず、CGに嫌悪感を抱かない大人に、ぜひお勧めしたいと思います。

恐るべしピクサー。

さて、タイトルにある夏の匂いは映画から漂ったのではありません。 それは
続きを読む >>
| movie | 00:00 | comments(0) | - |
オールドルーキー
NHK BSで、米国ディズニー映画「オールドルーキー」が放映されていました。デニスクエィド主演、実在したジム・モリスという投手の半生を描いた映画です。 

お話は、かつて、ジム・モリスは、ミルウォーキー・ブリュワーズとプロ契約を交わし、憧れのメジャーリーガーを目指して第一歩を踏み出そうとしていた。だが、肩の故障が彼の夢を無残にも打ち砕いた。 そして--10年の歳月が流れ、今やジムは35歳。最愛の妻ローリーと3人の子供たち、そして、地元の高校での教師としての安定した暮らしがジムの人生の全てだった。高校の野球チームの監督という仕事が、かすかに残された彼の野球への情熱の残り火だった。  そんな時、ジムは軽い気持ちでチームの選手達と「地区大会で優勝したら、監督もプロチームの入団テストを受ける」という約束を交わしてしまう。それは、廃部寸前の弱小チームを奮い立たせるための手段に過ぎなかった。だが、信じられないことが起こった。万年弱小チーム“が本当に地区大会に優勝を果たしてしまったのだ!生徒たちは、達成感に満ち溢れた笑顔でジムに叫んだ、「さあ!監督、次はあなたの番だ!」

ジムは妻のローリーには内緒で、タンパベイ・デビルレイズの入団テストに向かった。いよいよジムの名が呼ばれ、彼は渾身の一球を放つ。スピードガンのメーターは156キロ!それは、スカウトマンだけでなく、ジムですら予想もしていなかったハイスピードだった。帰宅したジムを迎えたローリーの顔は浮かばなかった。「ただ生徒との約束を果たしただけ」と言い訳するジムだが、彼の内なる情熱に再び火がついてしまったことに、ローリーは気づいていた。   「あなたが野球を辞めたとき、ほっとしたの。傷つくあなたを私はただ見守るしかなかった。」そう言い放つと、ローリーは気持ちを静めるために、息子の眠る部屋に入った。ふたたび戻ったローリーに、謝罪しようとするジムの言葉を彼女はさえぎった。「8歳の男の子が自分の父親が夢を叶えるのを待ちわびているわ。今辞めたら、あの子に何て言うの?」 ついに、ジムはタンパベイ・デビルレイズと契約を交わした。  素晴らしい贈物が神様からあることを、まだ知らずに・・・。公式ページより抜粋。

それほど期待せずに観ましたが、
続きを読む >>
| movie | 00:17 | comments(0) | - |
車好きなら絶対観て欲しい カーズ

今頃になって2006年夏公開のディズニー・ピクサー制作映画「カーズ」を観ました。 ミスターインクレディブルや、トイストーリーもそうでしたが、最初の30分はまぁまぁ。 でも、そこからドンドンと引き込まれて、最後には大満足となります。

この作品は、あの「ゲド戦記」と公開時期が重なったためか、日本での興行収入は振るわなかったようです。 私もテレビ等の予告編を見たり、雑誌等のレビューを見て、勝手に「つまらなそう」と感じ、積極的に見ようとは思いませんでした。 キャッチコピーのひとつに「地図から消えゆく街を救うレーシングカー」と云うような物があったと記憶していますが、そもそもそれが大間違いだと感じました。 そのコピーから、私はこの映画がファンタジーだと勘違いしていたのです。 もちろん、車しか出てこない、車自体に人格がある映画ですから、ファンタジーには違いありません。 でも、おとぎ話ではないのです。 これは、大人が自分の為に作ったノスタルジー映画です。 私にとっては、ニューシネマパラダイスより、遙かに「涙腺を刺激する良い映画」でした。

ナビやカーグラなどでレビューすべきであったと思いました。 CG嫌いの方でも、アニメ嫌いの方でも、車が好きな方には、ぜひ、観て頂きたいです。

お話自体は、
続きを読む >>
| movie | 00:56 | comments(0) | - |
やはり野に置け蓮華草・超劇場版ケロロ軍曹2
エイプリルフール・4月1日。 新年度の始まりです。 ライミンは都合によりお休みでしたが、私は用事が無かったので、小学生と映画を観に出かけました。

毎月1日は映画の日。 老いも若きも一律1,000円で鑑賞することが出来ます。 しかし、日曜日の映画の日をなめていました、私。

子供と2人で観ようとしたのは「超劇場版・ケロロ軍曹2・深海のプリンセス」。早朝8時30分の回からあります。 流石にそれはパスして、2回目10時45分の回を目指して東宝2条シネマに10時過ぎに到着。 しかし、日曜日・春休み・映画の日の2条シネマは、

こんな感じでした。 果たしてチケットを購入して、入場できるのか?

パソコンUSB端子からでも、ラジカセからでも、我が輩を繋げば良い声で歌いまくるであります。 ステレオスピーカーであります。 4,585円であります。

どんなに並んでいても、くそ丁寧に対応してくれるお姉さん達。 1時間ならんでもチケットは買えそうにありませんが、時間が近づくと、「○○をご覧の方はこちらへお並び下さい。」とハンドマイクで係の方。

果たして時間内に入場出来ました。 それも、普段なら2,400円のプレミアスクリーンです。 初めての体験。
続きを読む >>
| movie | 22:55 | comments(0) | - |
菊地凛子とウサギ男
遠い昔、言葉はひとつだった。

人は天に届こうと塔を建てた。

神は怒りこう言われた。

世界を壊し、言葉をバラバラにしよう。

やがてその街はバベルと呼ばれた。

私たちはまだ、繋がれずにいる。

私には、バビル2世のバビルの塔がなじみ深いのですが、もちろんここで言うバベルとは、ブラッド・ピッド主演映画の「バベル」です。

アカデミー賞こそ逃しましたが、ゴールデングローブ賞を獲ったこの作品に出演し、各賞で助演女優賞にノミネートされたのは、菊地凛子

バベルは4月28日公開ですので、殆どのかたはまだ観ておられないはず。 女優菊地凛子も、ニュース映像でしか見たことがないと思っておられませんか? 西洋人が好きそうな、ほお骨の高いお姉ちゃんだと思っておられませんか?

多分、殆どの方が既に彼女を見ています。 キムタクが、
続きを読む >>
| movie | 00:03 | comments(2) | - |
シャイニング キューブリックかキングか?
昨日の記事に書いたスティーブンキング制作のキングダムホスピタル。 最終回に病院の壁に重要な登場人物の肖像画が掛けられていました。 思い出したのはスティーブンキング原作・Sキューブリック制作のシャイニングです。 この映画の最後にはニコルソンが肖像画に描かれていました。

キューブリックのシャイニングをキングは気に入らなかったそうです。 後にキングは自らテレビシリーズとして撮り直しています。  聞くところに依ると、キューブリック版では、ニコルソンの狂気ばかりが前面に押し出されているところが気に入らない。 父親はホテルに狂わされているのであって、息子を愛しているのだ、という趣旨で撮り直しているそうです。 確かに、全く違ったエンディングでした。

ビートルで冬山を登り、眺望ホテルを目指す家族を空撮で撮るエピローグ。 子供が走り回るホテルの廊下は幾何学模様。 その模様がえもいわれぬ圧迫感を見る者に与えます。 タイプライターも効果的に使われています。 音楽も圧迫感を与えています。 ぜひ、CMを挟まず、一気に見て欲しい作品です。

日本製ホラーの名作「リング」も、テレビ放送で見ると魅力は半減。
続きを読む >>
| movie | 00:54 | comments(13) | - |
ドリームガールズ
先日観た映画カジノ・ロワイヤルの上映前にロビーに設置されたプラズマビジョンで流されていた予告編に気になる作品がありました。

ドリームガールズ、ミュージカル映画です。 今をときめくビヨンセ、E.マーフィー、J.フォックスが出演しています。 短い予告編を観たところ、将来に不安を感じている3人の黒人女性コーラスグループが有名歌手のバックボーカル抜擢されチャンスを掴む所からお話が始まります。 程なく力を認められ独立。 しかし、センターに立ちリードボーカルを担うのはそれまではサイドにいたビヨンセ。 嫉妬と羨望。 戸惑いと決断があります。 富と名声は代償無しには手に入りません。

続きを読む >>
| movie | 00:44 | comments(0) | - |
007 カジノ・ロワイヤル
みなさん、いかがお過ごしでしょうか? 2007年のお正月は暖かでしたね。 ライミンは本日3日から仕事始めとなりました。 今年は喪中のため初詣には出かけませんでしたが、恒例の西大津ジャスコ詣でには行きました。 昨年は定休日もなく働いていましたので、久しぶりに映画にでもと思いたちました。 滋賀県の映画館は、モーニングショーがあり1,300円で観られます。 今回選んだ映画は1日2度上映でモーニングショー扱いとはならず、残念。 夫婦で1,800円x2は高いですね。 あと2年経てば夫婦で2,000円となります。 その部分では早く50歳になりたいかも? 

選んだ映画は007・カジノロワイヤル。 予告編はこちらで観ることが出来ます。

ネタバレを書くつもりはありませんが、つづきはこちらで。
続きを読む >>
| movie | 00:59 | comments(2) | - |
クリスマス イブ
クリスマス イブは日曜日。 M-1グランプリに有馬記念がありましたね。 皆さんの予想はどうだったのでしょうか? チュートリアルの優勝は予想通りでした。 徳井くんの切れはちょっと怖いくらいですからね。 ディープインパクトの優勝も予想通りです。 ここで決めておけば、DVDやぬいぐるみなど関連グッズが売れます、競馬人気の為にも勝っておくべき馬だったと思いました。 っていっても、馬券は買っていませんが。 競馬はたしなみません。

M-1は生で見なくても楽しめますので録画しておき、本日はラクトスポーツプラザへ出向きました。 クリスマスイブ午後7時のジムはいつもより空いていました。 寂しい男女がそこにいる? 自分ではそうは思いたくありませんが、お正月のお休みにはジムも閉まっていますので、きちんと運動しておかなくてはと。

帰宅してからM-1を見ようと思っていましたが、NHK-BS2でロードオブザリング「王の帰還・特別編」が放映されていましたので、先にそちらを見ました。 ピーター・ジャクソン、恐るべしの思いを強くしました。
続きを読む >>
| movie | 00:00 | comments(2) | - |
ピレリ・フィルム The Call PIRELLI FILM

イタリアのタイヤメーカー「ピレリ」が ウェブサイトで短編映画を公開しています。

9分弱のお話ですが、車好きならずとも楽しめる内容です。 J.マルコビッチ扮する悪魔払い役の神父。 N.キャンベル扮する悪魔。 別軸の主役の車達ですが、神父はランチャ・テージス。 悪魔のとりつく車はTVR・サガリス。 どちらもはまり役です。 テージスのストレッチ・リムジンは前ローマ法王の公用車でありました。 今の法王はドイツ人だからメルセデスかしら?

ピレリといえば松下(ミシュラン)に対するソニー(ピレリ)のような関係。 古くはCN36, P8, P7と、スーパーカー世代の方なら、ピレリ自体に興味が無くとも、その独特のトレッド・パターンに見覚えがある方も多いと思います。 私自身も、ここ数クールはピレリを愛用しています。 年間に1万キロ以上乗る方はミシュランの方をお勧めしますが、ピレリもいいですよ。

ピレリ・ユーザーではありますが、未だ、手にしたことが無いのは、ピレリ・カレンダー。 ファッション雑誌でも、しばしば取り上げられる事もある、ヌードカレンダーです。 フェラーリにピレリを履かせている方とかが貰っているんでしょうね。

このショートフィルムは、近日公開予定のエクソシストにも似たストーリーですが、ちゃんとオチにつなげてあります。 Power is nothing without controll. まずは、ご自分の目で観られることをお勧めします。 ピレリサイトへはこちらへ。

トップページへはこちらを
| movie | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ダ・ヴィンチ・コード
朝日新聞アスパラクラブのプレゼント応募で戴いたチケットを利用して、映画「ダ・ヴィンチ・コード 」を観てきました。 映画館はTOHO2条シネマを選びました。 最新の映画館の一つで、ずいぶん期待して出掛けました。 が、駐車場の入り口が判りづらい。 一日最大利用料は1,000円ですが、施設利用による割引等は無し。 1階は飲食街と本屋。 2階はゲーセン。3階が駐車場。 4階にシネコンでした。 雑貨、服飾等はありません。 隣のビルにスポーツジムがありました。 希望の回はプレミアスクリーン上映とのこと、招待券では入れません。 まだ1時間半もあります。 よって、南に500メートル程歩いて 宝や(ラーメン)で食事。 以前、京都駅ビルのラーメン横町で食べた事があります。 朱雀店も美味しかったです。 味も量も程良く、中年の胃袋にぴったりです。

さて、映画の内容は、、ここから先は,ネタバレがあるかも?
続きを読む >>
| movie | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビンセント・ドノフリオのハッピーアクシデント
一昨日、NHK・BSの深夜映画で ビンセント・ドノフリオのハッピーアクシデントという映画を観ました。 偶然見かけた映画でして、最初から観たわけでは無いのですが、これは良かった。 どう良かったかは、絶対に言えません。 なぜか? 何を言っても、これから観るかもしれない貴方の利益にならないからです。 一つ言えるのは、この映画を○○映画と類別出来ると思いますが、その○○映画の中では、出色の出来と言えるということですね。 アマゾンと楽天で調べたところ、セルビデオにはなっていないようですが、機会があればぜひ、観ていただきたいです。 NHKに要望のメールをしましょうか? 

主演の一人、ビンセント・ドノフリオが素晴らしい演技です。 この役をヒュー・グラントが演じても良い映画にはならないのではないでしょうか?

ストーリーにそれほど関与しないと思うので、劇中のあるシーンについて一言。 ヒロインの母親が涙ながらに語るシーンがあります。 私はここを観て、ベルトリッチのシェルタリング・スカイという映画のエピローグを思い出しました。映画の最後で
続きを読む >>
| movie | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナイト・オン・ザ・プラネット 

件のプレステ GT4で遊んでいます。 ローマ市街というコースがありまして、車一台がやっと通れるほどの狭い路地。 石造りの低い家々に囲まれたアップダウンの激しいコースです。 ライミン界隈でいえば、神楽坂を駆け上がり、古墳を左に取り、吉田山の頂上まで上がります。 大元宮を横目に 吉田神社の参道を抜け京大の路地をぶっ飛ばし、聖護院御殿を一回り、、といったところです。 150キロ程出ています。 ゲームとはいえ、ちょっと怖いです。 歳をとって、より怖く感じます。 とはいえ、ゲームを始めると、普段の運転もちょっとした隙間を縫うようになりがちなので、注意しなくてはなりません。

イタリアの町並みを走っていると、古い映画を思い出しました。 NIght on the Earth. 邦題は「ナイト・オン・ザ・プラネット」です。
続きを読む >>
| movie | 01:46 | - | - |
超劇場版・ケロロ軍曹 青いやつに勝ったであります。

ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤル BANDAI THE BEST¥2,800

先日、ライミンの兄弟がTOHOシネマズ2条ケロロ軍曹・超劇場版を見に出掛けました。

雨の日曜日、封切り2日目ということもあり、満員御礼だったそうです。朝イチでケロロムービーに出掛けられたお客さんが昼から寄って下さったのですが、券売所が既に長蛇の列で、30分前に出掛けても入場できない様子とのことです。 ライミン兄弟は前日に座席券を確定しておいたのですが、 ポップコーンを買うのに15分程かかったそうです。
続きを読む >>
| movie | 03:00 | - | - |
永井豪先生、ごめんなさい。 あの名作デビルマンが、、。

以前TT乗りさんから放映スケジュールを教えてもらっていて、録画しておきました。 先週、wowowでの放映があったのは永井豪・不朽の名作「デビルマン」

噂ではかねがね日本映画史上に残る汚点だとか、東映の社長が試写を見て、あまりの出来にやり直しを命じたとか。

録画をやっと見ました。 噂に違わぬ酷い出来です。あまりの酷さに思わず「ごめんなさい、永井豪先生。」と、言ってしまいました。

永井豪先生といえば、天才。 ハレンチ学園に始まり、「デビルマン」「バイオレンスジャック」「マジンガーZ」「キューティーハニー」等々、数々の名作を世に残されました。超合金ロボの世界でも永井豪作品は別格の値段で取引されているらしいです。 中でも、デビルマンはダンテの黙示録にヒントを得て、まるでモーツアルトが天の啓示を受け作曲したように出来上がった作品だと本人がインタビューで答えておられました。

単行本を所持しているわけではないのに、そのプロローグは今でも覚えています。中学生時代に、少年マガジンを読む機会の無い友人に語って聞かせた事が有るので、良く覚えているのかもしれません。導入部にまず存在する山場は、、
続きを読む >>
| movie | 03:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
アリーテ姫の冒険
少し前のお話です。アリーテ姫 ザッピング中に偶然見つけたアニメ映画です。 確かNHKBSの特集でした。 予備知識無しに途中から見だしたのですが、エンディングで大貫妙子が歌い出すのを聞くまで、日本映画だとの確信が得られませんでした。 イギリスのフェミニストが20数年前に書いた女の子向けのお話が原作となっているようですが、私の見たアニメ映画は大人も充分楽しめる物だと感じました。 ちょっと「千と千尋の神隠し」にも似たお話です。
続きを読む >>
| movie | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ギター弾きの恋 ジャンゴ・ラインハルト
今週のスターデジオ431ジャズchはMJQモダンジャズカルテットのライブが流れています。 1曲目は天才ギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト」に捧げた曲、「ジャンゴ」でした。

以前、何気なく深夜放送の映画を眺めていた時のことです。 14インチの小さなテレビの中でショーン・ペンが素晴らしいパッセージを奏でていました。小さなスピーカーから流れるジャズギターがとてもいい音なんです。 思わず、目が覚めて見入ってしまいました。 ペンは とてもエキセントリックなエメットという名のギタリストを演じています。 ジャンゴ・ラインハルトと同世代の人らしいのですが、聞いたことの無い名です。彼が愛した口の聞けないハッティという女性は、サマンサ・モートンが演じています。 彼女を捨てた後、付き合うユマ・サーマン演じる悪女(役名は忘れました)との対比が素晴らしい。 ユマがエメットに浴びせる質問の一つ一つに男と女を結びつける物の要素を再確認しました。 でも、ハッティは何も尋ねることは出来ません。 そこに愛は生まれるのでしょうか? 

 エメットは自称世界で2番目に上手いギター弾きで、尊敬するジャンゴと競演するチャンスを得るも、緊張のあまり逃げ出してしまいます。臆病な人ですが、見栄っ張りで派手な車を欲しがります。マイペースが歩くような人で、彼女を突然、自分が愛してやまない列車を見に連れて行ったりします。延々、目の前を走り続ける列車。 これはウディ・アレン監督が思うところ、何かのコンプレックスの象徴だろうと思います。 そんなエメットのエピソードをウディ・アレンや大御所ジョージ・ベンソンが語るシーンが挿入されます。 彼はこうだった、ああだったと。

見事にやられました、ウディ・アレン監督に。 翌日、Amazonでエメットを検索してもなにも出てきません。 この映画に関する物以外。 架空の人物だったんですね。 見事にやられました。 アレン監督の映画が苦手な人でも、ショーンの演技と素晴らしい音楽で、素晴らしいラストシーンまで楽しめると思います。
続きを読む >>
| movie | 01:20 | comments(0) | - |
平成ゴジラと平成ガメラ
ゴジラ 映画の話はまだ先かなと思っていましたが、春休みに新しいガメラ映画が公開されると聞き及び 平成ガメラと平成ゴジラのお話を少し書いてみたいと思います。
続きを読む >>
| movie | 00:37 | comments(5) | - |