RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
第82回独立展 「Light as a Feather」

ご招待いただいておりました第82回独立展へは開店前に

週末ですが観光客の皆さんのお出ましも一段落したようで

岡崎界隈も落ち着いておりました。

長谷画伯の出品は一枚です。

ジャズの名曲が表題として使われていると伺った事が今回は「Light as a Feather」

チック・コリアが出典元だと思います。

京都市美術館2階展示室は自然光を上手に取り込んで

作品に奥行きや輝きを与えてくれる場所だと感じています。

できれば陽のある時間帯に訪れられては如何でしょうか?

独立展は12月7日までが会期。

11月30日まではボストン美術館華麗なるジャポニズム展も開催されています。

| お知らせ | 17:26 | comments(0) | - |
家庭用食器洗剤はキュキュットがイチバン

お店の洗い物は今も手洗いなんですが、食器用洗剤は業務用を使わずに 家庭用のモノを愛用してます。 

多くの場合業務用のそれより手荒れに優しいようです。

ここ数年愛用しているのは花王のキュキュット。 泡切れも泡立ちも良い上に、油汚れの落ち方が抜群です。

組み合わせるスポンジはスコッチブライトのハイブリッドネットスポンジが オススメです。

数年前までイオンのトップバリュ製品で「泡立ちの良いクリンプ加工スポンジ」が あり、それは耐久性・汚れ落とし性能共に抜群だったのですが、敢え無く廃番の憂き目に。 耐久性が良すぎ(変色さえ気にしなければ業務に使っても数ヶ月持ちました)たのが原因かも?

スコッチブライトのハイブリッドは抜かり無く1〜2ヶ月で破れます。

それでも泡立ち・汚れ落とし性能は高いです。 オススメします。

写真の大きな詰替え用洗剤は、色合いが似ていたので間違えて買ってきたP&Gのジョイ。

見た目はそっくりですが、性能は段違いにダメです。

無くなるまで仕方なく使っていますが、油汚れの落ち方がゼンゼン違う。

家庭用洗剤は花王のキュキュットとマジックリンにとどめを刺します。

| お掃除 | 00:06 | comments(1) | - |
SHUREのT4P対応MM型カートリッジ
200-100Vダウントランス導入でこれまでにない音が響く店内です。 目に見えない電気は不思議なもので、トランスを通すだけで 音源機器に付いていた「良い音だと感じる」順序が逆転するんです。 スカパー!から無償供与されている1キロにも満たない樹脂製筐体のチューナーから流れるスターデジオの音が良くなるなんて、全く予想していませんでした。

アナログレコードプレーヤーの音もずいぶんと良くなりました。 これまでが春の遠足だとすると、今は秋の遠足。

空気感が違うということです。 ずいぶん遠くまで見渡せます。

音量を上げても煩くないので、すこしだけボリュームツマミが余分に回っているようです。

開店当時は20分毎にレコードを裏返す作業がありましたが、流石に面倒に感じます。 今はCDで持っていない心の名盤をデジタルアーカイブ化しています。 ICレコーダーに落としてからiTunesで管理する手法です。

老眼のせいで愛用のTechnicsのMCカートリッジのピュアボロンカンチレバーを折ってしまいました。

Amazonで探したSHUREのMM型カートリッジは6000円以下で買えます。

SHUREの太いアルミ製カンチレバーから流れる音は繊細とは無縁の骨太なものでした。

もうTechnics製は入手不可能です。  このSHUREではアナログを楽しむレベルに達しないのが残念です。

目に見えない電気のやりとりと言い切れない「アナログオーディオ」の楽しみ。 盤に刻まれた音溝の深さからもピアニッシモ〜フォルテッシモが想像できるアナログレコード。 そこには面倒と引き換えの楽しみが残っていました。

SHURE/シュアー M92E (MM型ステレオカートリッジ/出力電圧:5.0mV)のレビューと評価: 憧れのSHUREカートリッジが6000円以下で [coneco.net 商品レビュー]

| オーディオ | 01:05 | comments(0) | - |
第82回独立展 けいはんなフィルハーモニー管弦楽団 京都大学交響楽団 第196回定期演奏会 のおしらせ

お客様からイベント告知ポスターの掲示を依頼されております。

開催日が早いものから順にお知らせいたします。

11/27〜12/7

京都市美術館にて「第82回 独立展」

お客様の長谷画伯も出展なさっています。

招待券を2枚戴いておりますので、ご希望の方はお気軽にお申し出下さい。

11/30

けいはんなプラザ

京都府立けいはんなホールメインホールにて

「けいはんなフィルハーモニー管弦楽団・演奏会」

客演指揮者 関谷弘志

山本君や新角氏が乗られます。

全席自由席 一般千円 会員700円

1/14 ザ・シンフォニーホール

1/16 京都コンサートホール

「京都大学交響楽団 第196回定期演奏会」S席1500円 A席1000円

J.シュトラウス2世 ウィーンの森の物語

R.シュトラウス  ドンファン

J.ブラームス    交響曲第二番ニ長調

それぞれ良い展示・演奏・ 天候・お客様に恵まれますように。

| お知らせ | 16:10 | comments(0) | - |
ENGINEで戴いたシェラリゾート白馬宿泊券で信州旅行 その5

白馬ジャンプ競技場から黒部ダム観光を楽しむべく、関電トロリーバス扇沢駅を目指します。 千石街道148号線沿いには青木湖〜木崎湖が見えます。  同じような湖なんですが水色が全く異なって見えるのが面白い。

右折して県道45号線に入り、ここから上り勾配が続きます。 登り切った所に関電トンネルトロリーバス扇沢駅があるのですが、既に標高は1,425mを刻んでます。

途中にくろよんロイヤルホテルや立派なゴルフコースがありましたが、この辺りはお金持ちの避暑地ですな。

ここから先に一般車両は入れません。 トロリーバスが唯一の交通手段です。

黒部ダム観光といえば、富山県側から入って「雪の大谷」を楽しみ 数々の乗り物に乗り換えて ダムまで行き着くコースが有名ですが、この場合は富山側に残したマイカーを配送してもらうか 来た道を戻る必要があります。 どちらにしてもかなりの費用がかかりまっせ。 http://www.alpen-route.com/access/fare/fare01.html 既に観光放流が終了してしまっている黒部ダムですが、心配していた天候にも恵まれました。 扇沢から大観峰までの往復券を求めて乗車しましょう。

ダム駅から右手に進むと展望台まで220階段を登ることになります。 空気が薄いので休憩ポイントが多し。 破砕帯から採取した湧き水ポイントもあります。 観光放流時にはお互いの声が聞こえないほどの爆音に包まれる展望台ですが その日は雲ひとつ無い快晴の元、静かに水を湛えるダム湖を見下ろすことになりました。

外階段を降りて、ダム構造物の最上部に向かいます。 そこから来た道を振り返ると、ほぼ垂直に切り立ったのり面に張り付いている外階段を利用した事が 判ります。 

つい先程白馬ジャンプ台で感じていた恐怖が嘘のよう。 「怖くなかった」

コンクリート造りの階段であること。 学校の階段に近い幅が確保されていること。 周りの風景が素晴らしいので、気持ちがそちらに惹かれるから。 が原因だと想像します。

ダム横に建っているレストハウス2Fでは展示物が楽しめるのですが、一日中上映されている 「くろよん物語・語りは矢島正明艦長!」は必見。 映画「黒部の太陽」とはひと味違う「ホンモノの苦労」が勉強できました。 劇中で人夫さんがクレパスの間に立てかけた細い板の上を軽々と渡る姿に驚愕。 またもやその日の朝のように下半身が縮み上がる想いをするはめに。

ケーブルカーとロープウェイを乗り継いでダム湖を見下ろす大観峰まで進みます。

アジア系外国人観光客が多いのですが、気になったのは日本人ハイカーさんたちのマナーでした。 帽子から靴まで30万円程は費やしていそうな出で立ちのご夫婦も多く見受けますが 「狭い車内ではバックパックを降ろしましょ」「狭い椅子は譲り合って座りましょ」 健脚自慢で立山まで来られておられるのでしたら、席を譲るべきでは? 母数が大きくなると、このようなケースが目立ちだすのかもしれません。

人の手が入った庭園や川沿いで楽しむ京都の紅葉とは一味も二味も違う大自然の威容。 十二分に堪能し、夕刻には安曇野ICから高速道路に乗りました。

約900キロ 一泊二日の車の旅 

自動車雑誌ENGINEさんとホテルシェラリゾート白馬さんのご厚意で楽しませていただきました。

ありがとうございます。

| 旅行 | 20:34 | comments(0) | - |