RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
アリーテ姫の冒険
少し前のお話です。アリーテ姫 ザッピング中に偶然見つけたアニメ映画です。 確かNHKBSの特集でした。 予備知識無しに途中から見だしたのですが、エンディングで大貫妙子が歌い出すのを聞くまで、日本映画だとの確信が得られませんでした。 イギリスのフェミニストが20数年前に書いた女の子向けのお話が原作となっているようですが、私の見たアニメ映画は大人も充分楽しめる物だと感じました。 ちょっと「千と千尋の神隠し」にも似たお話です。
CGを利用して作られたアニメらしく、とても綺麗で迫力のある映像でした。 「千と千尋」は映画館の大スクリーンで鑑賞したので、ブラウン管ではあの感動は得られなかった思いがあります。 このアリーテ姫もスクリーンで見たかった思いがあります。 2000年頃の公開だった様ですが当時はその存在を知ることは無かったです。

お話は普通のお姫様が魔法使いに捕らえられ幽閉されます。 この辺から見始めたので、最初の展開は未だ知らずです、トホホ。 魔法をかけられた姫は無気力で逃げる努力もしません。 魔法使いは魔法使いで色々な問題を抱えてはいますが、、。 中世の城や町並みが独特の画風で描かれます。 少し沈んだ画風、アリーテ姫の表情も目の輝きも沈んでいます。 ある人物がきっかけで事態が変化します、それに伴って姫が変容してゆくのが見どころです。おじさんもおばさんも勇気づけられたりします。病は気から、とか、そんな言葉を思い出したりもしました。 最後に流れる大貫妙子も良かったです。 「風の谷のナウシカ」の安田成実とは大違いです。 もっとも、安田成実の歌は作品中で使われることは無かったですが。 休憩時間に劇場で延々流れていましたね。 

アマゾンで調べたDVDは結構な値段がしましたので、レンタルするか、いつかあるかもしれないテレビ放送ででも見て下さい。 今日、WOWOWであの永井豪の名作デビルマンの実写映画が放送されました。 録画してあります。日本映画史の汚点とも言われたこの作品。 試聴終了しだい、アップしたいと思います。
| movie | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://rhymin.tblog.jp/trackback/74832