RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
ドライビングMissデイジー

タイトルだけを知りつつ、そのタイトルや主演俳優に興味を持ちつつも、ずっと未見だった素晴らしい映画を見ました。 思えば劇場公開時に観ていても、今感じている程の感動が得られたかどうか?  この年齢に達してから巡り会えたのを幸せだと思っております。  タイトルはドライビングミスデイジー。 1989年製作のアメリカ映画。 1950年頃から1970年頃までのアメリカ南部を舞台にしています。

ジェシカ・タンディ演じる老齢のユダヤ系未亡人たるミスデイジーと、モーガン・フリーマン演じる初老の黒人男性ホークとの心の交流を監督ブルース・ベレスフォードが淡々と描きます。

頑固で人のことを褒めないミスデイジーは裕福な白人ですが、南部においては被差別対象となるユダヤ系です。 彼女に運転手として仕えるホークは、穏やかな性格ですが当時の南部において合法的な差別対象。

ガソリンスタンドのトイレを使うことが許されないホーク。  ふたりが道端に車を停めて休憩しているときに職務質問を行う若い警官がいます。 黒人たるホークには当然のように高圧的です。 白人たるミスデイジーにたいしては、彼女のファミリーネームを尋ねた瞬間から様子を変えます。 ユダヤ系と判ったからです。

息子にホークの様子を尋ねられたミスデイジーは、「どうして彼のことなんかを聞くのか?」とあくまでもホークは使用人であるという立場を屑じません。 しかし、彼の仕事ぶりにシンパシーを感じ始めてからは、彼のことを「ハンディ」だと称します。(それは物語の最終局面で、言葉が「ベストフレンド」に変わることで証明されます。)  言葉面は「便利」という意味ですが、そこには感謝の念が感じてとれます。

家政婦としてホークと共に働く彼の妻であるアデラが亡くなってから、ミスデイジーは「彼女はツイテいた」と言います。 それはホークの妻であったことが幸せであったであろうという意味が込められているはずです。

ミスデイジーの生活。 息子の経営する紡績工場の様子。 得意先の心象を考えてマーチンルーサーキングの夕食会への同席を断る息子の気持ち。 KKKによって爆破されたシナゴーグ(ユダヤ教会)  

これらの出来事や、人と人との心の交流をや心象の変化を淡々と描く監督。 この際に、キャプションは入りません。  画面や台詞から、その変化変遷を視聴者は自分の感性を頼りに感じ取る必要があります。

これで誰が幸せになったとか、誰が不幸だとか、誰が悪者だとか、誰が報われたとか、そのようなことを脚本は押し付けてきません。 だからこそお勧めしたいのです。

要所要所に素晴らしい音楽と、風景。 これぞ映画の醍醐味だと思いました。 迫力ある3D映像やCGを利用した爆破シーンだけが映画ではありません。

車好きとしては、ホークが運転する古きよきアメリカ車の変遷にも注目します。 最初にミスデイジーが運転をしくじる車は
47年型クライスラー・ロイヤル。 ホークがショーファーとして運転したのは48年型ハドソン。  控えめなテールフィンが格好良いピラーレスハードトップです。 次の車は云わずと知れたお金持ちのアイコンたるキャデラック。 画面からもなんとなくフンワリとした乗り心地が伝わります。 ボケてしまってからのミスデイジーが、ハドソンのことを思い出すシーンがあります。 楽曲や料理、匂いや風景が記憶に深く刻まれることがありますが、彼女にとってのハドソンは、他の何かと共に深く刻まれたことを想起させます。 運転手をしなくなったホークは黒人ながら教育者として仕事を得ている娘の助手席に座っています。  彼と落ち合うミスデイジーの息子は、運転手を雇わず自分でメルセデスを運転していました。 時代は急速に流れています。 この車たちも、物語の進行や演出に一役も二役もかっています。

クルマ好き故に、{思い切りアクセルを踏み込むだけで前走車を追い抜けるデイズオブサンダー}などより、車が出てくる映画として、こっちのほうがしっくりきました。 モーガン・フリーマン演じるホークの訛りが酷くて、よく聞き取れないところがあります。 思えば学のない南部の黒人が「ちげえますだ、旦那さん」 「とんでもねぇですだ」 「そんなことをいっちゃあいけねえだ」 と言う感じて吹き替えればぴったりなのかもしれません。 そう思うと、日本語吹き替え版も見てみたいと思います。 残念ながら現在のところ吹替版は販売されていないようです。 派手な事件や恨みつらみが表に出てくる映画ではありません。 老人が自らの歳を重ねていく間に大きな事件はありません。 その人生は私や貴方のそれと、きっと同じ。 その時代に普通に生きた普通の人の人生が淡々と描かれているだけ。 でも素晴らしい映像と素晴らしい演技者。 そして素晴らしいクルマたち。 これらが、きっと映画のもとになった舞台作品を、より素晴らしいものに昇華せしめたのだと思います。 この映画を見ると、米国人はいつも妻に「アイ・ラブ・ユー」と言い続ける必要があるというのが俗説だと知れます。 奥ゆかしい愛情感情表現を持ってよしとする米国人がたくさん居たからこそのアカデミー受賞でしょう? ある程度の人生経験を経た貴方にぜひご覧頂きたい名作でした。 ドライビングMissデイジー。

其の時代に生きる、普通の人々が、流されたり、権利を主張したり、間に合ったり、遅れたりしながら、それぞれの人生を精一杯生きる。 それを淡々と描いた映画でした。
| movie | 00:59 | comments(0) | - |