RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
鼻腔をくすぐる夏の匂い レミーのおいしいレストラン

本日はお休みをいただきましたので、夏休み小学生スケジュールでうごきました。

朝から小学生が観た映画は「劇場版ナルト疾風伝」 なにやら入場者記念のブレスレッドを戴いたようです。 何色かあるそうですが、本当は他の色が欲しかったと言っています。 小学生にも色々こだわりがあるようですね。

シネコンでしたので、夫婦は他の作品を選べます。 マグマ大使ならぬ「トランスフォーマー」という作品もありましたが、選んだのは「レミーのおいしいレストラン」 外れ無しのディズニー・ピクサー作品です。 ニモ、カーズ、Mr.インクレディブル、等々、予告編やキャラを見てもピンと来ない事が多いのですが、見たが最後、本当に最後まで引き込まれてしまいます。

レミーはどうだったでしょうか?あらすじは3分もかからずにお話しできます。 それはカーズなどと同じです。

しかし、アニメ作品ながら描かれるのは人間の心。 人と人との繋がり。 人の教え。 文化です。 子供や子供のような大人を喜ばせる為のシーンもありますが、その様なものが無くても充分に楽しめます。 音楽は大人の音楽でした。

アニメのネズミといえば、ミッキーマウスが有名ですが、レミーはもっとリアルなネズミです。 尻尾も全身を覆う毛も、肌色の手足尻尾もリアルです。 取り立てて可愛く取り繕っていません。 ネズミ嫌いのかたは、最初は辛いかもしれません。 しかし、最後にはハムスター程度には可愛く見えるかもしれませんよ。

ピクサーの技術は素晴らしく、パリの街並みは実写のようです。 まったく正確に描かれた街並みですが、そこを走る車達がデフォルメされていますのでフルアニメと知れます。 人や物の動きは、モーションキャプチャーに頼らず制作されているようです。 驚きです。

CGアニメで造られる料理が、どれほどの技術で制作されなければならないでしょう。 画面から熱さや照り加減、冷たさやぱりぱり感、料理の熱さを伝えれば、食器の冷たさをも伝えなければなりません。 匂いを伝える事をせずに、美味しそうな感じを伝えなければなりません。

実写作品でも、レンズの曇りを避けるため、冷えた料理にドライアイスの煙をなびかせて熱い料理に見せる工夫があります。 それなら、レミーの料理の方が美味しそうに見えるかもしれません。

街並み、車、バイク、建物、厨房、調理器具、食器、執務室、万年筆、その全てが一切の手抜き無く素晴らしい質感で描かれています。 お話しも登場人物も素晴らしい。 東北新社制作繋がりから、麦人さんが声優の一翼を担う吹き替えの技術も素晴らしいものです。 ヨーロッパのレストランにぴったりのジャズも適切でした。

お子様のみならず、CGに嫌悪感を抱かない大人に、ぜひお勧めしたいと思います。

恐るべしピクサー。

さて、タイトルにある夏の匂いは映画から漂ったのではありません。 それは
映画の後に訪れた市民プールは、夏休みということもあり、賑わいを見せていました。 50メートルプールでは、いつもなら浮き輪の間を避けながらでもしっかりと泳ぐのですが、混んでいたことあり、ほどほどに。

空を見上げてみると、早朝には無かった雲が多く出ています。 飛行機から眺める太陽を全身に浴びた真っ白な雲海とは異なり、地上から眺める雲は腹の下を灰色に色づけています。 それでも周囲は純白の輝きを放っています。

いつもより早く起きたこともあり、なんだか眠くなりました。 日焼けも怖いのですが、仰向けになります。 すると身体に残るプールの水が熱を持ち、徐々に蒸発していきます。 もちろん体内からは汗が出ますので、ひからびてしまうようなことはありませんが。

その時、鼻の下に存在していたカルキを含んだプールの水の匂いが鼻腔を刺激しました。 起床するという義務感から解放されている状態、他の何者からも襲われないであろうという安心感、喧噪に包まれてはいるが、家族と一緒に来てはいるが、全く弛緩したその状態下で鼻腔を刺激したカルキの匂いは、弛緩していた脳内に鮮烈な記憶を蘇らせました。

先に見たレミーのおいしいレストランでも、幼い頃の記憶が鮮烈に蘇る名シーンがありましたので、それに影響されたのかもしれません。

街の中で育ったため、農作物や海の匂いが夏の記憶とは繋がりません。 しかし、毎日のように出かけたカルキ臭いプールの匂いは覚えていたようです。 それもプール内で嗅ぐ匂いではありません。 プール内では、友達と騒いだり泳いだりしているため、感覚がそちらに能力を割いているのでしょう。 それより、弛緩している時に感じる匂いが、より色濃く残っているということだと理解しました。

貴方の懐かしい記憶を蘇らせてくれる料理って、なんなのでしょう? 料理でなくても、なにかありますよね? 思い出したことってありますか?
| movie | 00:00 | comments(0) | - |