RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
シャイニング キューブリックかキングか?
昨日の記事に書いたスティーブンキング制作のキングダムホスピタル。 最終回に病院の壁に重要な登場人物の肖像画が掛けられていました。 思い出したのはスティーブンキング原作・Sキューブリック制作のシャイニングです。 この映画の最後にはニコルソンが肖像画に描かれていました。

キューブリックのシャイニングをキングは気に入らなかったそうです。 後にキングは自らテレビシリーズとして撮り直しています。  聞くところに依ると、キューブリック版では、ニコルソンの狂気ばかりが前面に押し出されているところが気に入らない。 父親はホテルに狂わされているのであって、息子を愛しているのだ、という趣旨で撮り直しているそうです。 確かに、全く違ったエンディングでした。

ビートルで冬山を登り、眺望ホテルを目指す家族を空撮で撮るエピローグ。 子供が走り回るホテルの廊下は幾何学模様。 その模様がえもいわれぬ圧迫感を見る者に与えます。 タイプライターも効果的に使われています。 音楽も圧迫感を与えています。 ぜひ、CMを挟まず、一気に見て欲しい作品です。

日本製ホラーの名作「リング」も、テレビ放送で見ると魅力は半減。
小さな画面でも、ビデオで見ますと、台詞と音楽との音量バランスが製作者の意図通りになっていますので、つい音量を上げます。 台詞が小さく入っています。 これによって、重低音が知らず知らずの間に視聴者を圧迫します。 映像も最後に向かって、積み重ねられるように気味悪く作られています。 間にCMが入っているとリセットされてしまいますから、台無しです。 テレビ放送で見た方から「つまらなかった」と聞くと残念な気持ちになりました。

さて、テレビ版シャイニング。 キング肝いりの作品。 それなりに楽しめましたが、テレビ版キングダムに似て、エンディングに物足りなさが残ります。 これもテレビ版ランゴリアーズと同じく、「どうして、あんなに人が死んでいるのに、最後にイエ〜イと喜べるのだろう?」と不思議です。 水戸黄門か? ハッピーエンドでなければ駄目なのか? キングの作品は、エンディングに物足りなさを感じたり、肩すかしを食らわされることが多いですね。

キューブリック版「シャイニング」、ジャックニコルソンの名演、美術の素晴らしさ、まだ見ていない方はぜひ、見て下さいね。
| movie | 00:54 | comments(13) | - |
わたしが思うにスティーブン・キングは子供なのではないでしょうか。子供の感性のままで作品を創り上げていく。だから「スタンドバイミー」などはみずみずしい作品に仕上がっている。また、ホラーものも子供の恐怖感のようなものが見事に描かれていて怖いのですが、ただあくまで子供のものですからどこか物足りない。エンディングが安直なのはやはり子供だからか?なんて思います。反対にキューブリックは真性の大人です。彼の映画は、あくまで映像にこだわり容赦がありません。キューブリック版「シャイニング」は大人の鑑賞に耐えうる珠玉の作品だと思います。ラストもすごいですし、プロローグの俯瞰映像も圧倒的です。こう考えるとやはりキューブリック版「AI」を観たかったなあと思います。
| | 2007/02/21 8:54 AM |

すいません。上のコメント、わたしのです。
名前書き忘れました。すいません。
| X3乗り | 2007/02/21 2:02 PM |

キューブリックの映画、素敵ですよね、大好きです。この人の映画、台詞はほとんど思い出せませんが、映像はいずれも強烈に印象に残っています。音に注目したことはなかったのですが、考えられているのですね。たしかに、家と映画館の一番大きな違いは、切れ目がないということと、音響効果のような気がします。ホームシアターはしばらく実現しそうにないので、また映画館に行きたくなりました。
| mum | 2007/02/21 10:12 PM |

X3乗りさん、署名無しでも多分そうだろうと推測できますね。
ご丁寧にありがとうございます。
キングは子供説。 確かにそうですね。
残念ながらスタンドバイミーはまだ見ていません。 覚えておきます。
ランゴリアーズでも、大きな恐怖と等価に父親が描かれていました。
これも、子供視点の表れでしょうか。
A.I.がキューブリック原案というのも知りませんでした。 未見です。
未だ見ぬ名作の数々、時間はあるようで無いような。 
でも、見るなら集中して観たいですね。 また教えて下さい。
| rhymin master | 2007/02/21 11:07 PM |

mumさん、こんばんは。
ホームシアターと、それを大音量で楽しむ時間!!欲しいですねぇ。
店のモニターに寿命が来ています。 何が映し出されているのかは解るのですが、、。
出来れば年内にシステム刷新といきたいところなのですが、、。思案中。
お話が強烈なら、映像がしょぼくても我慢できることがあります。
逆もまた真。
映像・音楽・脚本・演技・果てはエンドロールまで含めて作品。
民放は多くの場合、全てを見せてくれません。
やはりブルーレイかハイビジョンを大画面・サラウンドでしょうか?
14インチで感動することもあります。 こちら側の感性も大事ですね。
| rhymin master | 2007/02/21 11:16 PM |

 最近、WOWOWでやってたキューブリックの”フルメタルジャケット”をHDD録画して、大画面(80インチ!)で見直しました。やっぱり、ベトコン女性スナイパーとの夕暮れの銃撃戦のシーンは画面に躍動感と奥行きがあって感動します。血の色がもっとどす黒いと、戦争のむなしさが極大化して迫ってくるでしょうが、当時のある種の抑制なのでしょうか。
 それから、20年ほど昔、祇園会館で見た”バリーリンドン”と”博士の異常な愛情”にはかなりショックを受けた記憶があります。
| かがちん | 2007/02/28 12:23 AM |

大画面は、日立製Woo!ですか?って、楽屋落ちのネタは止めておきましょうね。 80インチとなると、プロジェクターでしょうか? 良い時代となったもんです。 お家で映画館ですね。
祇園会館は、まだ営業中ですよ。 スカラ座は残念ながら昨年、無くなりましたが。 京都もシネコンの時代となっております。 新しいからといっても、映像音響共に素晴らしいとは言い切れないのも事実。 実際、スカラ座のエレクトロボイススピーカーは素晴らしい音でした。 残念。
こうなるとお家で映画館が良いかもしれませんね。 ブルーレイマスタリングが一般的になると、チラツキからも解放されそうですし、映画館のフィルムより高画質となるかもしれません。 お金も掛かりますが。
サラウンドシステムは、左リンク先の逸品館が参考になります。 迷路のようなサイトですが、探検しがいがありますよ。
| rhymin master | 2007/02/28 1:24 AM |

(^^;)←楽屋落ちに対して
プロジェクターが新旧2台あるので、一台、会社の若いやつにあげようかと思ってますが、あまりありがたがってくれません。プロジェクターってインチあたりのコストが安いので悪くないとおもうのですが。
 ケーブルTV(地上デジタル)をHDD録画してプロジェクターで写すのですが、特に5.1サラウンドの効果がはっきりするスペクタクル映画を選んで見ています(オーディオは安物です)。数年前にリドリースコット監督の”ブラックホークダウン”をDーVHSに録画したのを久しぶりに観たら、やっぱりすごい迫力だ。
| かがちん | 2007/02/28 8:01 PM |

お家シアターにはプロジェクターがCP比が高くて良いと思います。
ライミンも店内が暗ければ採用できるのですが、西日も差し込みますので、プラズマ方式すら懸念しています。 薄型テレビ導入はいつになることやら、、。 しかしD-VHSも所有とは、やりますね。
リドリースコットは血なまぐさいですね。 ハンニバルも見ましたが、イタリアロケでは、刑事のコートに染みついたタバコ臭や、飛び散る血の臭いが画面から感じられるような気がしました。
ブラックホークダウン、凄い映画でした。 物語と少しばかり遊離しているようなエピローグが無ければ、見る者に悪影響が出そうです。
| rhymin master | 2007/02/28 11:25 PM |

キューブリックはAIを本当にロボットを使って撮りたかったと
どこかで読んだ記憶があります。彼ならそれくらいのことを
本気で考えていたんじゃないかと...。
| Z | 2007/03/06 1:07 AM |

Zさん、こんばんは。 
フェアレディZ?ホンダZ?ジェミニZZ?カワサキZ◆
マジンガーZ?ゼータ?ぜんじろう? どちらのZさんでしょう?
キューブリックネタには多くのコメントが寄せられました。
ありがとうございます。 こうなると、A I 見なくてはいけないと思いますね。 アシモのCMを見ていると、夢のようです。 1990年頃に見たとしたら、中に人が入っていると思ったでしょうね。
| rhymin master | 2007/03/07 12:13 AM |

時間長いのに意味なしムダすぎる(逆にわかりにくい)
山荘の部屋は一戸建の部屋のようだし
装飾現代すぎで古いはずなのにピカピカデザインもセンスなさすぎ
幽霊のパーティ会場小さいしダサイ
ところどろこのCGがかっこ悪い
あと家庭の様子描いてるとキングマニアが擁護してるけど
2時間映画以下の内容だった
いくら原作者と言っても映画作るのはヘタだったということ
元(スタンリー)のほうは
廊下の血のシーンシャワールームのシーンパーティのシーン
ほんとすごいな
まーそれもキングあってのことだから
| 今リメイク見た | 2007/03/23 5:16 PM |

随分前にリメイク見た。 んで、余りよく覚えていません。
しかし、それよりずっと前に見たキューブリック版には、印象的なシーンが数多くありましたね。
フィルム制作ということもあるのでしょうか、幾何学模様のカーペットの質感が、観る者の心を逆なでします。 先にも書きましたが、ただ白いビートルが山を登るシーンも、これからやってくる災難を予感させました。 米国ドラマに共通する欠点?は、登場人物が美形に過ぎること。
若い男の胸筋は分厚く、女性の多くはブロンド。 家の中の掃除は完璧。
ドラマ・シャイニングも、その例に漏れなかったという事でしょうか。
| rhymin master | 2007/03/23 11:42 PM |