RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

3月8日と22日 両日曜日はお休みです

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその2 芦ノ湖
ガソリンを満たして、東富士五湖道路河口湖ICを探します。 ナビの指示を無視して道路標識を信じて走ると、富士急ハイランドに誘導されてしまいました。 ここにはエヴァンゲリヲンの実物大胸像が鎮座していますが、後ろ髪を引かれる想いでインターを探しました。

この有料道路は例の社会実験扱いのようで無料でした。 快適に須走インターを目指します。

無料実験と称して、ETC未装着車にチケットの発券を求めるのは納得いきません。 高度なカメラシステムで、登録ナンバ−の認識は簡単に行なえるはずです。 無料化の動向がどうなろうと、とりあえず利権が生まれているシステムの集金力を維持する為の方策だと推察します。

国道138を南下しますが、仁杉交差点を先頭に渋滞していました。 京都で言うと、御香宮前とか、御陵でしょうか。 何の変哲も無い交差点を先頭に渋滞していました。

御殿場インタ付近のアウトレット渋滞を恐れていたのですが、すんなり通れます。 これではアウトレットの建物がどこにあるのかすら判らないほどでした。 山肌に見えていた大きな風車が、もう目の横にあります。 乙女峠にさしかかりました。

箱根スカイラインや湯河原箱根仙石原線を横目に直進しますと、もう、箱根の入り口です。 そのまま仙石原。

エヴァンゲリヲンで子供達が通う学校のモデルとなった、仙石原小学校を尋ねました。 廃校になっていますが、少年サッカー団が練習にいそしんでいました。

そのまま138号を下り、冨士屋ホテルを目指します。

伝説のカレーが目的でした。 しかし、日曜日の今日は婚礼が執り行なわれていた事もあり駐車場は契約のそれを含めて満車ということでした。 伝説のカレーは月曜日にお預けとなります。 そこで進路を1号線に切り替えて、箱根関所を目指します。 つづれ折れの1号線ですが、自転車とランナーが多い事の驚かされます。 道幅こそ関西のそれより少しは広いのですが、キツ登り下りの連続。 走って楽しいのかどうか? 疑わしい環境ですが、箱根駅伝の伝統が、かの地のランナーや自転車乗りの魂を揺さぶるのでしょうか?

関所付近の公営駐車場に停めて、海賊船乗り場を探しました。 最初に訪れた乗り場は、駒ヶ岳ロープウェイとの連絡船。 少し遠く に海賊船乗り場があります。 お得なセット券が買えましたが、ロープウェイから帰ってくる時間が読めません。 公営駐車場は午後五時で閉門とありました。 出航の時間まで20分。 炎天下、小走りに車を取りに戻ります。 汗だくになりましたが、海賊船乗り場内の無料駐車場にまで運ぶ事に成功しました。 これで安心。

海賊船内は海賊が徘徊していました。  カメラを抱えたミシェルウィーに似た若い女性を引き連れた海賊は、「ご一緒に写真はいかが?」 ミシェルウィーは無言でドアを開けたり、海賊に気を使っていました。 きっと、海賊は海賊船遊覧会社の重役。 ミシェルウィーは社員であり愛人とは妻の妄想。 どちらにしても、海賊がブラビのようなキャプテンスパローに似ていたら、妻も写真に収まる事を欲したかもしれませんが、この海賊は、ジェームス三木に似ています。 誰も注文しませんわね。

ロープウェイから眺める大湧谷。 硫黄の香りに次男がげんなりしています。 どうやら日帰り温泉施設の候補地から硫黄泉を外す必要がありそうです。 富士山北側の夏なを凍る氷穴から数十キロ離れた所に年中、硫黄を垂れ流す火山の痕跡。 そこで売られている黒いゆで卵は美味でした。

ただ、展望レストランで遅いお昼にといただいた天丼は、ダメ。 二昔前に東京銀座の有名店でいただいた天丼を思い出しました。 関西の天丼と違い、衣は暑く、濃い醤油タレに浸されています。 辛くて食べられたものではありません。 滅多に食べ物を残す事はしないのですが、、。

帰りの海賊船に乗る頃には五時前。そろそろ初日が終わろうとしています。 これから晩ご飯の算段をしてから宿に向かいます。 午後五時で閉まるはずの駐車場は、門が開放されていました。 それだったら炎天下、汗だくで走らなくても良かったのに、、、。
| 旅行 | 02:18 | comments(0) | - |