RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその4 TOYO TIRE ターンパイク
少し早起きして、お風呂をいただきに階下の大浴場へ。 外を眺めるとベッドの中で聞いた雷鳴が夢でなかった事を知りました。 幸い日が昇る前に雨は止んでいました。 お風呂の後に、パンとコーヒーをいただきます。 バイキング形式で、自由にいただけますが、常識を逸脱した量を皿に乗せ、カバンに押し込む宿泊客の姿を目にするのはイヤなものです。 低料金で使用させていただいているのですから、それなりに、、と考えるのですが、、。

1号線を箱根関所方面に。 この峠に国道1号線の最高海抜地点があります。 874m。 ハナシのタネと覚えました。

関所南交差点を左折して、ターンパイク入り口を探しますが、この先に自動車専用道路があるとは思えない様な道が続きます。 途中に「ターンパイク入り口」の標識を発見します。 ナビが示す方向とは違いましたが、案内看板に従い進路を右に切りました。 しかし、料金ブースには湯河原方面とあります。 料金口で係員に尋ねると、「ここは小田原方面の入り口ではない。 150円を支払い、ブース先でターンしろ。」ですと。 後に地図を確認すると、小田原方面道路と湯河原方面道路。 どちらもTOYOTIREターンパイクで、両者は繋がっていません。 それなら、県道から誘導する看板に、はっきり明記しておくべきだと思いました。 しぶしぶ150円を支払いましたが、皆さんはどうぞお気をつけて下さいね。 

さて、小田原方面に向けて、一気に駆け下るターンパイク入り口に到着。 大観山展望所はトイレを除いて開店前でした。 空気が澄んでいる時期なら、ここからも富士山が見えるはずです。 風景を楽しんでいると、バイクグループ、中高年カップルのセダン、レンジローバー等が通り過ぎます。 遠くからなにやら大きな音が。 黄色いフェラーリが爆音を響かせ進入して行きます。 ここはターンパイク入り口。 慎重にゲートをくぐります。 起点のはずですが、合流する形をとっていたような記憶があります。 2速で合流し、様子を確かめながら、緩い下りを利用して一気にアクセルペタルを踏み込みます。

鋳鉄ブロックを持つ後期型155TSが奏でる登坂路でのエンジン音は、甘いテナーです。 しかし、下りの重力を利して、普段より楽に回転を上げるツインスパークのエンジンノートは、普段とは異なります。 機械音や燃焼音より、吸排気音が支配力を強めています。 シューッ、シューッと3速に入る頃には法定速度を大幅に越えていました。 パッセンジャーは、もちろん抗議の声を上げますが、それは想定内のこと。 そこから速度を高めるつもりはありません。 初見の道路ですので、タイヤ、視界、標識、五感を働かせて、良い塩梅を探します。

このターンパイクに限った事ではなく、三島方面へと続く1号線にもたくさん確認しましたが、ブレーキに不具合が出た車両の為に緊急避難場所がありました。 関西では、見かけません。 教習所の映画で見たのは、まさにこれかもしれません。 畝に痛みがありませんでしたので、最近はこれのお世話になる個体が無いのでしょう。

基本的にターンパイク内でのUターンは禁止されていますが、全体を10として、両起点から2の位置に転回する為の広場がありました。 小田原側の展開所には、青いノボリがたっています。 ビデオマガジンで何度も見た風景がそこにありました。 アウディR8、フェラーリF40、フェラーリ458イタリア、スタッフのアルファやレガシー。 別のグループは、トムスクラウン。平日の午前ですので撮影があるようです。 妻はCGの田辺さん、ベスモの土屋さん、荒くんがお目当てだったようですが、残念ながら居られませんでした。

標高差1,000mには満たないものの、一気に駆け下りるターンパイク。 久しぶりにタイヤから煙が出ました。

実は、155に履いているのはピレリのオールシーズンタイヤ。 もちろんグリップは良くありません。 特に縦方向のそれは、限界点を越えると一気に腰が砕ける傾向にあります。 慎重な進入が求められます。 しかし、ここターンパイクにはいわゆるタイトターンがありませんでした。 前輪荷重を過大にしない様に意識している範囲なら、アルファ一流の四輪を上手く利用したコーナリングが楽しめます。 オールシーズンタイヤのサイプがミシュランのそれほど深く切られていない構造だった事も、良い方向に作用しました。 ただ、これで年末の雪には対応出来ませんね。

出口までもうすぐ。 ほら、小田原の街が見えて来ました。 海も見えます。 知り合いを尋ねます。 ナビを頼りに尋ねます。 保育園長とお寺の住職を兼任する友達ですので、月曜日の午前中なら、きっと会えますよね。

【送料無料】ピレリ PIRELLI CINTURATOP6 195/55R15

【送料無料】ピレリ PIRELLI CINTURATOP6 195/55R15

価格:11,300円(税込、送料込)

| 旅行 | 00:58 | comments(0) | - |