RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

しばらくの間
午前10時半より午後9時まで営業。
日曜祝日は休業します
はやく 元通りに戻れますように

トップページへは、この上をクリックして下さい。
富士山〜箱根〜静岡 1,000キロその7 立ち寄り温泉
富士屋ホテルで時間を使いすぎました。 これから箱根峠を越えて三島方面に向かいます。 箱根を後にする前に、立ち寄り温泉巡りを行なう予定でした。 様々な施設がありますが、中でも一の湯グループの施設なら、1度の支払いでいくつかの施設を巡る事が可能です。 泉質もph2.6から9.3まで、硫黄泉から単純泉まで様々なお湯が楽しめます。 妻の希望は、強羅一の湯の硫黄泉でしたが、子供が先日の大湧谷で、硫黄の香りにやられてしまいましたので今回は諦める事にします。

そこで、1度小田原方面に戻り、一の湯本館にてレトロなお風呂を戴きました。

カランの無い洗面台がとても面白い。 銅張りの洗面台においてあった顔の角質層を取り除くジェルを使いました。 ぼろぼろと角質層が取れ、つるつるになりました。 良くTVでフェイスエステでつるつる!ってやってますが、最後にこれを処方すれば、何でもつるつるになるんじゃないでしょうか?
妻は化粧を落とせないので、未体験とのこと。 つるつるになるのに、、。

近くに湯巡り対象施設があるのですが、後ろ髪を引かれる想いで箱根新道入り口を目指します。 これは、朝に利用したトーヨータイヤターンパイクに並走する形の自動車専用道路。 現在は交通社会実験中とのことで無料です。 ここも走ってみたかった。 無料という事もあり交通量は多めです。 ターンパイクのような高速セクションはあまり無く、普通の整備された山道という印象です。 途中、工事区間がありましたが、程なく箱根関所付近に到着。 そのまま箱根峠を目指す事もできましたが、少し寄り道を。

これは、CGTVのロケで見かける箱根ホテル。 関所や松林のレトロな雰囲気の場所に、場違いな印象さえ受けかねないモダンな建物です。 関東という大きな商圏を抱える箱根という場所には、様々な施設がありました。 次に訪れる機会があるなら、目的や旅の供に併せて色々なプランを練り直しましょう。 考えるだけでも楽しいものです。

ここから箱根峠を少し登り、一気に三島へと駆け下ります。 下りに入って、しばらくすると運良く前が開けました。 多分3キロ前後の事だと思うのですが、単独で走る事ができました。 右に山肌、左は深い谷。 京都辺りではあまり見かけない植生の山を眺めながら、良いペースで走れて楽しい。頭の中ではCGのテーマが流れています。 海抜ゼロに近づき、松林が見えて来る頃には交通量がどんどん増えてきました。 この辺りが三島でしょうか? 三島と言えばうなぎですが、その日は土用の丑の日。 
| 旅行 | 01:41 | comments(0) | - |