RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

9月20日 日曜日  21日 月曜日
おやすみさせてください

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
南伊勢町(旧南島町) 贄浦の盆踊り
南伊勢町(旧南島町)贄浦でのお盆風景です。 

14〜16日、お盆の期間、家々では夕方になると神供(じん)を焚く風習があります。 お供えを用意して、松皮に火をつけます。 そして、鐘を打ち鳴らします。 3点支持の真鍮製の鐘を鳴らしますが、家々によって音が異なります。15日深夜、日付が変わる頃、家族単位で堤防に出た家族は、松明に火をともし、線香を焚き、やはり鐘を打ち鳴らし、先祖を供養します。 幻想的な風景です。 京都では、大文字の送り火の風習がありますが、海沿いの集落の送り火は、灯が近くにあり、暖かく感じました。

さて、盆踊りです。 写真は、櫓の上で生念仏を謡う贄浦のご老人達。 交代で謳い上げます。 この日を楽しみにしていた方々が太鼓を打ち鳴らし、漁歌を基板とした生念仏を謳います。 おそ松音頭やケロロ音頭はありません。 リズムも歌詞も振り付けも独特で、ひと夏では覚えることは出来ませんでした。 私自身は、生まれて始めての盆踊りでした。

写真は、2日目に扮したケロロ小隊。 アイデア賞をいただきました。 地区の商品券で4,000円余り。 贄浦でもケロロ軍曹は放映されていましたので、子供達が喜んでくれました。

さて、初日に演じた三蔵法師一行は、見事、一等賞を戴くことに成功しました。現金でなんと1万円! お寺の境内いっぱいに溢れた人達。 数多くの参加者に喜んで頂けたようです。ご先祖さまも喜んでいたと思います。

三蔵法師一行の様子はこちら(先日掲載の「とりあえず」へ)
| about Rhymin' | 01:07 | comments(4) | trackbacks(0) |
2日続けての受賞、おめでとうございます
いやー、手間ひまかかってますね
ライミン2号、大きくなったなー
お盆は長野の湯田中というところに行ったのですが、そこでも盆踊りをやっていたので娘を連れて参加しました
盆踊りというのは日本人の本能を刺激する何かがありますね
中々楽しめました

おくさん、素敵〜
神々しいまでの美しさですな

月曜日に定例の大阪出張なので、日曜日に遊びに行きます
| nureyev1968 | 2006/08/18 11:16 PM |

nureyevさん、ありがとうございます。
西遊記の衣装は、妻の手作りで、段ボールやカレンダー、果物ネットやアルミホイルなどから出来ています。 事後は燃やせるようにと。
夫婦そろって、工作好きですので、制作も楽しめました。
私は大雑把なのですが、亡父のDNA(知る人ぞ知る船大工)でしょうか、
妻・担当分は、非常に精密に出来ていました。
ケロロ小隊制作用にと、ペンタブレットを購入したものの、使いこなせずにいた私、、、トホホです。
娘さんとの盆踊りは、良かったですね。 良い思い出になりますね。
それでは、日曜日にお待ちしております。
| rhymin master | 2006/08/18 11:20 PM |

日記に書き込みありがとうございました。
まさか、あの唯一写真をとらせてもらった方だとは!
私の同居人が贄出身で毎年私の友人を連れて盆踊りに行かせてもらってます。

なぜみつけてもらったのか?とググってみたら・・・
実質2名だけのようで・・事務所で大笑いです

京都でカフェなさってるんですね。
私は京都造形大卒で、昨年贄の盆取りに連れて行ったのは
真如堂の敷地内のお茶さんの息子でした ますます偶然です

機会あれば助三郎屋の雅彦さんと伺いますね。
うちは心斎橋で画廊を開いております。
近くにおたちよりの際はお声をかけてください。
| fukugan gallery | 2006/08/25 1:33 PM |

ご訪問ありがとうございました。
私たちにとって、お盆の帰省は20年振りでした。
仮装も、もちろん初めてです。
助三郎屋さん、もちろん妻は知っていましたよ。
当方は阿波屋という屋号だそうです。 やはり雅彦さんは知っておられるのでしょうね。
来年の盆踊りに帰るかどうかは未定ですが、その節にはお声を掛けて下さいね。
| rhymin master | 2006/08/26 12:04 AM |










http://rhymin.tblog.jp/trackback/104208