RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
海の博物館 義父のこと

今日は義父の事を書きます。 年に一度くらいしか帰りませんでした。 私は魚が苦手ですので、食卓を共にすることも少なく、今まで何度膝をつき合わせたか、、数えるほどです。 義父の人生については、死後に親戚、知り合いから聞いた事の方が多いかもしれません。 船大工として、名を残した人でした。 今も作品は、人の目に触れるところにあります。 この機会に紹介させて下さい。

中部地方読売新聞に掲載された記事

義父の作品が展示されている三重県鳥羽にある海の博物館のHP。 トップページにある大きな船も作品です

海の博物館に隣接されるタラサ志摩のHP。 何も関係はありませんが、女性にとって、良いところだそうです。 ここが目的で志摩に行かれる方もおられるでしょう。 その節には、ぜひ、海の博物館にもどうぞ。
| about Rhymin' | 01:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
亡父は『漁師』でした。
サラリーマン(実母の親戚の会社)はたったの1年くらいだったようです。
私も年中365日食卓には魚介類が並んでおりました。
普通の家庭からすれば『贅沢だ』な〜んて思われるかもしれませんが『魚をみるのも嫌な時期もありました』
今となっては態々お金を出してまで買うなんて・・・。

私が小学生の頃までは『木船』でしたね。
港の傍に『船大工さん』がいました。
中学生になって流石に世の中FRP船が多くなったので亡父もFRP船に変えました。
船大工さんにも息子さんがいたのですが『嫌だ』とか言って継がなかったようです。
私も漁師が嫌でサラリーマンやってます。(収入が安定しないんですよねぇ)
でも義理のお父さんは偉大な方だったんですねぇ。
職業は違うけど『後継者』っていないのが淋しいですね。
私は不器用だから何もできませんし面倒くさがりやなので後継者には不向きですよ。
いつの日か三重県に行くことがあれば是非寄りたいです。
| しんじろう | 2006/08/21 11:59 AM |

ありがとうざいます。 伊勢志摩方面は観光地として、お勧めできますので、ぜひ行ってみて下さいね。 
亀田家や、花田家のように子供全員が同じ職業を選ぶケースもあります。
家の親は商売をしていますが、2人の子供はどちらも跡継ぎとはなっていません。 親も、今になって、どうしよう?とか言い出していますが、、。 その辺の事情、考え方は、人、ご家庭それぞれ。 と、しか言えませんね。 私自身、自分の仕事を子供に譲る気は髪の毛の先程もありません。 手伝わせることはしますが、、。
自分の裁量、才覚で、好きなことが出来る、好きなものに成れる。
幸せな事ですね。
| rhymin master | 2006/08/21 11:59 PM |

そうでしたね。前回お伺いした時は。お義父さまが亡くなってから、まだ1ヶ月程だったのですね。私は、お悔やみも申し上げず浮かれておりました。大変申し訳ございませんでした。
 後世に自分の作品を残されたお義父さまも、沢山の友人を財産にもつマスターも素敵です。あらためてお義父さまのご冥福をお祈りします。
| taka60 | 2006/08/29 11:40 PM |

恐れ入りやす。 ありがとうごぜぇやす。
とは言いましても、そりゃぁ旦那、「駆け抜ける喜び」ってぇやつですかい? そんなものを手に入れた日にゃぁ、浮かれるな、なんつっても、無理な相談ってなもんですぜ。
ここんとこ、しばらく続いた全輪駆動から、舵取りだけの躁蛇輪を楽しめる毎日ですねぇ。 うらやましい話じゃぁござんせんか。
 義父には、またの機会にお心持ちを、ちゃぁ〜んと伝えておきますぜ。
ありがとうござんす。 taka60さん。
| rhymin master | 2006/09/01 6:54 PM |










http://rhymin.tblog.jp/trackback/104360