RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

9月20日 日曜日  21日 月曜日
おやすみさせてください

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
6フィートアンダー 3rdシーズン スタート

スーパーチャンネル改めスーパードラマチャンネル。 そろそろスタートレック・エンタープライズも終了しますので、契約終了かな?と、思っていましたが、上手くスケジュールが組まれていました。 6フィートアンダが再開されます。               今週の金曜日・8月25日午後11:00より待望のシーズン3が始まります。

6フィートアンダーとは、、
ロサンゼルス郊外のパサディナで葬儀社<フィッシャー・アンド・サンズ>を営むフィッシャー家。父ナサニエルは、ある日交通事故に遭って帰らぬ人となり、それまで父親を手伝っていた次男デイヴィッドと、シアトルで独立していた長男ネイトが共同で家業を引き継いだ。この事故をきっかけにフィッシャー家の面々が家族に秘密にしていた事実が次々と明らかになっていく。 母親ルースは浮気をしていた。次男デイヴィッドは皆には隠していたが同性愛者で現在は警官のボーイフレンド、キースと付き合っており、高校生の長女クレアは素行の悪いボーイフレンドにすすめられてドラッグにはまるなど、それぞれが深刻な問題を抱えていた。ネイトも行きずりの女性ブレンダとの関係が深くなるうちに、彼女の家族の意外な一面を知る。そして…。 ライバルの大手葬儀社チェーン、クローナー・インターナショナルの告発により、監査が入り営業停止寸前となった<フィッシャー・アンド・サンズ>だったが、フェデリコが5万ドル投資して共同経営者となることで<フィッシャー・アンド・ディアス>としてなんとか危機を乗り越える。一方自己啓発セミナーを受けたルースは前向きになり自分の人生を立て直すことを決意するが、子供たちの反応は薄く孤独感を募らせる。一度は別れたデイヴィッドとキースだったが、キースの姪テイラーがとりもつ形となってなんとかよりを戻したものの、まだまだケンカが絶えず、キースは暴力亭主を殴り倒し停職処分となってしまう。そしてブレンダと婚約したネイトは、昔の彼女リサが自分の子供を産んだことを知り苦悩する。さらにブレンダがセックス依存症であることが分かって二人の関係はこわれてしまったまま、ネイトは死の恐怖におびえながらAVMの手術を受ける…。 秘められていた事実が白日の下にさらされていくフィッシャー家の面々。 もろくも崩れ去ったかに見える家族の絆、しかし…。

と、手術の結果が気になるところで中断されて早半年。 これからどうなるのでしょう?

一般的にハリウッド映画はお馬鹿だとか、アメリカ人自体がお馬鹿だとかいわれています。 が、ことドラマに関しては 日本の方がお馬鹿なんではないでしょうか? とりわけHBO制作のドラマは質が高いです。 集中して見ないと、判りづらい所もあります。 全てをセリフやナレーションで説明したりしません。

6フィートアンダーと、サードウォッチ。 他にも色々ありますが、私はこの2本が好きです。 音楽や、カメラワークも良いですよ。
| television | 00:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
このドラマは初めて知りました。
海外だと『24 -TWENTY FOUR』、『ER 緊急救命室』くらいですね。
24 -TWENTY FOURだとキーファー・サザーランドよりも親父のドナルドですかね。
バックドラフト、JFK、スペース・カウボーイetc
ER 緊急救命室はジョージ・クルーニーが出ていたのにはビックリでした。
あとルカ・コバッチュ役のゴラン・ヴィシュニックはカッコイイですねぇ。
二つとも録画してゆっくり見てました。
| しんじろう | 2006/08/23 11:36 AM |

サードウォッチは、、
警官、消防士、救急隊員、時に交錯する彼らの活躍を徹底的に描く「サード・ウォッチ」。1話の平均出動回数、なんと7回!警察官、消防士、救急隊員と異なった3つの分野のプロフェッショナルな活動を描く「サード・ウォッチ」は、危険も緊張度も3倍のおもしろさ。企画・制作総指揮は 「ER 緊急救命室」 で、放送当初から監督、脚本、製作総指揮を務め、マイケル・クライトンとともに「ER」を作りあげた立役者。 ジョン・ウェルズ は、 「ER」 「サード・ウォッチ」だけにとどまらず、さらに 「ザ・ホワイトハウス」 でも製作総指揮として活躍。米国NBCの2大看板番組「ER」と「ザ・ホワイトハウス」のプロデューサーとして、米国TV界の重要人物である。、、と、コピペですが、、。
ER内にサードウォッチのメンバーが怪我人を搬入するシーンもあります。
黙々と毎日を過ごし、救えるものの為に命を賭す時もありますが、決して救えないこともある。 楽天的に過ぎないところが魅力です。
スキップサダス、同世代の独身男性。 良い味出しています。
| rhymin master | 2006/08/24 1:10 AM |










http://rhymin.tblog.jp/trackback/105000