RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
上海GP・雨中の激闘・レインマスター・ミハエル
予選・本戦ともに雨中の戦いとなった上海GP。 予選結果を見る限り、ルノー・アロンソ・ミシュランのパッケージは盤石に見えました。 対するミハエル・フェラーリ・ブリジストンは、未だここ上海では未勝利。 これが最後の上海となるミハエルとしては、色々な意味でも勝ちたいGPであったと思われました。 予選を見る限りBSタイヤは、雨量に敏感で、2時間のレースを考えると、どうしても不利に見えます。 表彰台の一角を狙って、アロンソとの差を広げないような展開を考えているのかと想像していました。

果たして、決勝もレインレース。 序盤はアロンソの独走でした。 しかし、雨量は増えたり減ったり。 チーム力もドライバーのスキルも要求されます。 スタンダードウェット、ヘビーレイン、スリックと色々なタイヤを選択するだけでなく、ピットインの度にレンチを使ってフロントウィングの角度を調整していました。 3回回すのか4回回すのか、間違ったら大変です。佐藤琢磨/ヘルメットピンズ 2005
終盤にレースは動きました。 ミハエル・フェラーリが、ルノー・アロンソをずばっと抜いた時は、鳥肌が立ちました。 滑りやすい条件下で、車体の半分を芝生に落としてのパッシング。 自信と確信をもっての決断でした。 とても引退を決意したドライバーの技術ではありません。  西武の松阪が、今年で引退すると言っているようなものですね。

レース自体も、最終ラップで4位から6位が変動しました。 周回遅れの佐藤琢磨・SAが絡んでのハプニングでした。 特に佐藤琢磨選手にお咎めがあるとは思いませんが、キーを握らされましたね。 ここへ来て、スーパーアグリも戦闘力が上がっています。 今週末にある鈴鹿は期待できそうです。 後続の中でもレースはあります。 できれば、フジテレビには佐藤琢磨の走りにも注目して欲しいと思います。

しかし、ミハエル・シューマッハ、恐るべし。 アロンソの為にも、もう一年、走って欲しかったですね。 一年休んでから、復帰。 プロレスの常套手段ですが、ミハエルに限っては、それも期待したいと感じました。

最後になるかもしれない鈴鹿。 若干、怖さの薄れた130Rですが、スピードスターのミハエルに全開アタックを期待します。 車さえ仕上がれば、佐藤琢磨も全開です。 週末が楽しみですね。
| formula-1 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
最初は雨→ハーフウェット→ドライ→ハーフウェットって感じでしたね。
昨夜は感動しました。
夜遅くにも関らず拍手、喝采の連続でした。
狂喜乱舞でした。
途中アロンソが失速したときに『今日はもろうたでぇ』などと言いながら嫁とハイタッチしました。
案の定トップになりそのままゴ〜ル!
これで遂に1位になった。
多少アルコールが入っていたが昨夜は興奮しました。
気がつけば両手は真っ赤でした。
いやぁこれが本当に引退する人の走りとは思えませんでしたね。

来週は『鈴鹿』です。
アロンソには不吉なデータ有り!
何と4戦未勝利です。
一方、シューマッハは15戦中6勝&ポールポジション8回です。
しかも昨夜でシューマッハがアロンソに王手をかけました。
鈴鹿でシューマッハが優勝する。
しかもアロンソが9位以下だと、シューマッハの8度目のワールドチャンピオンが決定するんですねぇ。
表彰台でもアロンソは暗い表情に対してシューマッハは笑顔・笑顔でした。
神風はシューマッハに吹いていると思う。(できればタイガースにも神風が吹いてほしい)
奇跡は自分から起すものだと言うことを教えてくれてるのかなぁ。
頑張れマイケル!(頑張れタイガース)
最後の勇姿を見たくてチケットを狙いましたが残念でした。
しかも当日は法事があるためチケットがあっても行けません。
保存版として録画します。
| しんじろう | 2006/10/02 10:21 AM |

ミハエル・フェラーリファンのしんじろうさん、おめでとうございます。
さぞ、興奮された事でしょうね。 素晴らしい走りでした。
滑りやすい条件下にも関わらず、車体の半分を芝生に落としてのパッシング。 私は、てっきり相手がアロンソで、接触覚悟の仕掛けかと思いました。 しかし、相手はフィジケラでしたね。 余程、乗れているんでしょうね。 
勝利後インタビューでのミハエルですが、引退発表の時に続き、今回もなんだか壊れているように見えます。 サイボーグの面影がありません。
感情を露わにしている皇帝シューマッハ。 私には違和感があります。
この様子が引退を決めて、日に日に人間に戻るミハエルを感じさせてくれます。 とはいえ、レース中は精密機械の走り健在。 最後のインテルラゴスまでピッチを狂わさずに、アロンソとのたたき合いを楽しんで欲しいと思います。
| rhymin master | 2006/10/03 12:35 AM |










http://rhymin.tblog.jp/trackback/112006