RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
愛媛・臓器売買事件
愛媛・臓器売買事件、連日のテレビ新聞報道で皆さんご存知でしょうね。 事件の背景や人間関係、お金の流れなど不明な点も多い事件ですが、移植を待つ患者さんや、真剣に医療に取り組む人達には迷惑なお話です。 技術的にも発展中ですし、なにより法整備途上の医療ですので、報道のあり方ひとつも影を落とす事になりかねません。 日々、医療に取り組む方々を見ている者として、心配しています。

最近、コミックでも臓器売買を扱うエピソードがあります。 漫画といえども、多くの場合、取材を元に構成されています。 今、漫画に出ている事象は数年前の事件が元になっているようです。 有名な「なにわ金融道」も、その中に出てくる事件、悪徳商法の手法、手口は、少し前のモノだと聞き及びます。 某有名司法試験予備校では、「なにわ金融道」は指定図書となっています。 多くの教材では、悪徳商法や、闇金に嵌ってしまう被害者の心情や考え方まで解説されていないため、件の漫画が有効なのでしょう。

ナニワ金融道(10)という事は、今の臓器売買や悪徳商法は、想像以上に巧妙になっているのでしょうか?
臓器移植において、生体はもちろん、脳死の場合も、子供には制限があると聞いています。 日本国内で希望を叶えられない御家族は海外に渡られ、その日を待っておられます。 今回の愛媛の事件を見るまでもなく、お金で臓器が売買される事実がある以上、立場の弱い子供の人権を守るための施策という事なのでしょう。 虐待で命を失う子供が、臓器を取られる等というのは考えただけでも悪寒が走ります。

先週のスーパードラマチャンネル「サードウォッチ」は、脳死患者の心臓が子供に未来を与えるお話でした。 テレビの登場人物の多くは肯定的な考えを持っていました。 しかし、ドラマの主題になるという事は、かの国でも、それが問題を含んでいるという事。 やはり、運転免許証にドナーカードを忍ばせているようです。

ドラマの作り方次第で、使われる音楽次第で、視聴者の否定肯定意見はすぐに左右されそうです。 充分に審議して、法整備の望んで欲しいと思います。 

ひとつ思う事があります。 規則を制定する時に、その規則によって法の上の平等を意識する余り、なんのための規則かを見失ってしまってはいけないという事です。 例えば、生きたいと望む人を救う事が目的の規則を制定する時に、臓器売買等という下の下の犯罪の存在のために、制限が生まれるのは不条理ではないでしょうか。

新しい駐車禁止取り締まりでも、駐車禁止車両の付近に運転手らしき人影を確認しても告知しません。 教えていると不公平が出るから? そんな馬鹿な。 そこに車がある事が違反なら、すぐに車を移動させれば良いのでは? 取り締まりの為の取り締まり、あるいは懲罰的な取り締まりですね。 

小学校では、ニックネーム禁止ですと。 嫌なあだ名で呼ばれる事を嫌う子供に配慮しての規則でしょうが、ケースバイケースで対処するべき問題ですよね。 現場教師の力不足か、能力を見くびられているのか? みんなが暮らしやすく、幸せになるために規則や法律があるはず? 違うのかしら?

ちなみに私はドナーカードは持っていません。 肉親が移植を必要とするまでは考えないのかも知れません。 難しい問題ですね。
| その他 | 01:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
現在移植医療に携わる一員として、ショックな出来事でした。でも臓器売買は、世界的に見て実際多く行われいるようですね。(これはテレビを通じての情報なので、真実のほどは???)愛する人を救いたい気持ちはよく分かります。
なんとしてでも(法に触れてまでも)救いたい気持ちがそうさせたのでしょうか?
ただ、マスターのおっしゃるようにほんの一握りの悪が多くの善の規制の対象になることだけは避けて欲しいですね。

法のための法ではなくて、本来の目的をよく加味して法を施行して欲しいものです。
| ぐっち | 2006/10/05 12:01 PM |

ぐっちさん、ありがとうございます。                死後移植に抵抗がある。 脳死判定に疑問がある。 移植医療に賛成できない。 でも、献血は進んで行う。 この様なお考えの方もおられるでしょう。 
ある人は言います。子供が親に提供するのは、当然でしょう。 
また他の人は言います。親が子供に提供するのなら理解できると。
それぞれの価値観や、宗教観、または時代によって変化しそうです。
学校教育に組み込まれれば、10〜20年後に社会全体が変化します。
同じ人間の考え方が、子供を持つ事によって変化する事もあるでしょう。
キムタクの一言が影響するかもしれません。
一人一人の善意や、研究に流される汗が、つまらぬ事で無駄にならないようにと、心から願います。
盲腸や結核で命を落とす心配が無くなったのは、人間の英知のおかげ。
決して、自然治癒力では無いと言う事を忘れないようにしますね。
| rhymin master | 2006/10/05 11:20 PM |










http://rhymin.tblog.jp/trackback/112342