RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
福岡いじめ自殺事件に思う・その2
昨日の記事・福岡いじめ自殺事件に思うへ、寄せられたコメント。TT乗りさんからです。

マスターの意見に大賛成です。 あの担任にも責任の一端はあるのかもしれませんが、それだけであの人をあそこまで袋だたきにするのはあまりに酷いと思いました。また、あの先生を叱責する被害者の親をみて、こんな親の子供だったら辛いだろうなとも思いました。 わたしの中学時代には既に学級崩壊は始まってましたよ。授業は成立してませんでした。40人もの生徒が脈絡なくわいわい騒ぐ姿を前に孤立して授業をすすめる先生たちをみて、わたしは先生を気の毒だと思いました。そして何があっても学校の先生にだけはなりたくないと思いました。あんなにいい先生たちがいつのまにか自分の授業が成立しなくなる状況に陥ってしまう現実を目の当たりにして怖いと感じました。そして、そんな騒ぐ生徒の中に自分がいることがすごく嫌で、でもその生徒たちとは仲がよくて、皆、すごく悪意があって騒いでいるわけではなく、授業が終わると皆なにごともなかったように楽しく学校から帰る。すごく複雑でした。いじめも沢山あったし、わたしはいじめられる子を守ることが多かったんですが、でもこちらが守ってもいじめられる子はなぜかひねくれている子が多くて、時に迷惑がられることもあって、どうすりゃいいんだと思い悩むこともありました。こんな学校(公立中学)は早く卒業したいと思いました。 いじめなんておそらく昔からあったことだし、これからもなくならないだろうし、そんなもんだと思います。いじめに関してあまりに目くじらをたてて、犯人捜しをする今の社会そのものが病んでいるように思えてなりません。犯人はおそらくわたしたち自身、現代社会そのものだと思うのですが。

お寄せ頂きましたこのコメントへの返信を、本日の記事とさせて頂きます。
ご自分の体験を書いて下さいました。有難うございます。 集団でいると、色々な事がおきますね。 いわゆる集団心理は、時にプラス、時にマイナスに作用します。 集団で、ある生徒やある先生を攻撃してしまった経験をお持ちの方もおられると思います。 特別な一人が音頭を取る事によって、思いもかけない人物が、標的になる事があります。ターゲットが誰になるのか、いつそこから解放されるのか、予想がつきません。 だから、誰でも被害者になるとも言えますが、だから、誰でも自殺の可能性があるとは言い切れません。 昨日の記事にも書きましたが、そこは個人によって、異なると思います。  これは、自分が決して自殺など選択しないと言っているのではありません。 私が言いたいのは、仮に学校に居場所が無くても、私なら、他に逃げ場を見つけただろうという事です。

先の事件の例に限らず、私たちそれぞれの記憶にある虐めの構図。 その対象者に共通のイメージがあります。出しゃばる? 目立つ?暗い? 大きい? 小さい? 主張が強い? 自分の意見を言わない?  日本の社会において、其処に嵌ってしまう特性が、他国では当てはまらない事もあるでしょう。 狭い日本の中においても、地域や風土によって異なるかもしれません。 働き蟻の集団における仕事をしない個体のように、気の毒ではありますが、ある集団において、虐める対象が必要なのかもしれません。 スケープゴートがいなくなれば、また新しい羊が、、。そのような事は、けっして認めたくはありませんが、、、。

特別な私立の学校は知りませんが、公立の小中学校の事を考えます。 公立には入学に学力審査がありません。 色々な子供がいます。 進学先もバラバラ。 勉強やスポーツに対する姿勢も様々。 将来の職業も千差万別でしょう。 裁判官もいれば犯罪者もいるでしょう。 頭で稼ぐ人もいれば、身体で稼ぐ人もいます。 いわば、教室はサファリパークです。 肉食獣もいれば草食獣もいます。鳥類もいれば、植物もいるかもしれません。 個性を伸ばすとか認めるとか、きれい事はよく聞きますが、そこまでの幅は認められていないと思います。 結局、綺麗に植林された果樹園や、群れをなして泳ぐ鰺になるように指導しているように思います。

誰とも仲良く出来る子は確かにいます。 でも、全ての子供がそうではありません。 無理に誰かと仲良くするより、一人でいる事を心の底から願っている子供もいるのです。 そこを理解せずに、仲間になりたいに決まっているから、、という指導が悲劇を生む事があるのです。 確かに、子供を受け持つ担任にすれば、みんな仲良く・が、理想でしょう。 でも、職員室はどう?  みんな仲良くなんて、出来ていないでしょう? 社会性や規律を学ぶべき学校生活ですから、それぞれの子供がある程度のストレスを抱える事は当たり前です。 が、みんな同じという感覚を見直す必要があると考えます。 金子みすずの唄は習うのに、「みんな違ってみんな良い」

その1へ
| その他 | 03:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://rhymin.tblog.jp/trackback/115473