RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
ブラジルGP 皇帝シューマッハ引退
PUMA(プーマ)トリオンフォ ロウリボンレッド/ホワイトプーマ フェラーリ スピードキャット N GT ホワイト PUMA FERRARI SPEED CAT8ヶ月で18戦。 ヨーロッパ・アジア・中東・北米・南米を転戦するF1世界選手権の最終戦ブラジルGPが開催されました。 先だって行われた鈴鹿で、選手権の行方はほぼ決定していましたが、製造者選手権は可能性を含んでいましたし、それぞれの戦いがあります。 決して消化試合ではありません。

果たしてアロンソが2年連続のチャンピオンに決定。 ルノーも製造者部門の栄冠を得ています。 コース上で最も速かったミハエルは、下位グリッドからのスタート。 レース中にもタイヤにトラブル。 結果、4位に終わり、表彰台こそ逃しましたが、皇帝の最後に相応しいレースとなったとも言えます。 何故なら、ミハエルの真骨頂は、どんな時でも諦めない姿勢にあると思うからです。 レースに全身全霊を捧げるその姿は、他の誰にも似ていません。 まさに不世出のレーサーでした。 伝説のレーサーは、命を落としてしまう事が多いのですが、五体満足でトラックを去る事ができて よかったですね。 これからの人生が、これまで以上に素晴らしいものとなることを祈ります。

ブラジルのトラックに、もう一つ、輝くチームがありました。 それはスーパーアグリ・佐藤琢磨選手。
スーパーアグリ・佐藤琢磨選手。 徒手空拳で挑んだ2006年シーズン。 当初は20位の車からも数秒落ちでした。 渾身の鈴鹿でも下位グリッドからの脱出は果たせませんでした。 この難しいホセ・カルロス・パーチェでは、望み薄でした。 が、しか〜し、運に頼らず、ピットワークに頼らずの10位。 チェッカーフラグを16台受けての10位です。 これを評価せずに何を評価するというのか。 来期に参戦を予定しているデビッドリチャーズ率いるプロドライブは、シャシーの供給がなければ参戦断念もやむなしと言っています。 それと比べて、5年落ちのシャシーで戦った、最後にこの成績を出したアグリは、凄いです。 それにしてもお金はどこから出ているのでしょう? 不思議な感じも受けますが。佐藤琢磨 ドライバーズCAP 2006 バージョン3 (11月下旬入荷予定御予約品)佐藤琢磨 ドライバーズCAP 2006 バージョン3 (11月下旬入荷予定御予約品 来期はドライバーのシャッフルもあります。 また、1からの出発です。 トヨタエンジンを得るウィリアムズも楽しみですし、 アロンソ・メルセデス/ ライコネン・フェラーリ/ ロバート・クビサ/ コバライネン。 新しい世代のF1。 冬のテストが、今から楽しみです。 タバコスポンサーが消え、マシンのカラーリングがどうなるのかも楽しみですね。 速い車は、かっこいいものですが、遅くても、かっこいい車っていうのも、見てみたいです。
| formula-1 | 00:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
終わりました。
今年のタイガース同様で身体が床に崩れ落ちました。
これもシューマッハの人生!
いまは『ありがとう』と言いたい。
そしてこれからは後継者を見つけ育てて第二のシューマッハをと願ってます。
しかし野球が終わってF-1が終わって今年は全て終わりました。

今もブラジルをGP見てますがシューマッハの走りは『本当に引退するの?』です。
まぁしかし最後はトラブルもなくガチンコ勝負で終わってほしかった。
A・セナ亡き後もよく頑張ってくれました。
感謝です。
| しんじろう | 2006/10/24 10:06 AM |

しんじろうさん、ほんまにシューマッハが好きなんですね。
伝わります。
ファンジオがどうだったと書かれているのを読んでも実感がありません。
ジム・クラークしかり。 ジル・ビルニューブしかり。
最初から見ている中島悟にしても、初期の衛星中継は、輪郭と色がずれていました。 車載カメラも、ウオッシャー液で掃除していました。
我々はミハエルの最初から最後までを極東の地に居ながら、鮮明に記憶に留めることができました。 幸せでした。
あのような特性を持つチャンピオンは、2度と出ないでしょう。
| rhymin master | 2006/10/24 11:45 PM |










http://rhymin.tblog.jp/trackback/115605