RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
京都・タクシードライバー日記 おおきに 矢貫隆
悪化する一方のタクシー事情。 かつてタクシードライバーだった矢貫隆は、その現状を実体験するために古巣京都で再び運転手となった。 カーグラフィック12月号より連載となった京都・タクシードライバー日記は、交通問題を中心に取り上げるルポライター矢貫隆氏が、7ヶ月間に渡っての取材生活を元に書かれているものです。 ライミンにも、タクシードライバーのお客さんがおられます。 皆さんも、興味津々のご様子。

ルポといえば、10年ほど前になるでしょうか、未だNAVIの編集長が鈴木さんだった頃、ホンダの溶接工場に鈴木編集長の命を受けたライターさんが潜入し半年から1年に渡って実際に仕事をし、寮生活をし、秘密裏に記事をあげたものがありました。 連載が始まった時、件のライターは未だ就業中でありましたので、工場では犯人捜しが行われたそうです。 あの連載は凄かった。 ホンダファンの私にはショックな連載でした。 先に今岡誠選手が「バネ指」の手術との報道を受けたとき、その症状をすぐに理解できたのは、ライターさんがやはりバネ指になっていたからです。 あの連載が終了してから、鈴木さんがENGINに転出したのは、なにか因縁があるのでしょうか?

先の矢貫氏の連載は、まだ始まったばかりです。 タクシー関係の報道は、なぜか当たり障りの無いものが多いと感じているので、非常に楽しみにしています。

私もここに書きづらいような事があります。 ディープ・スペース・ライミンといいますが、本当にディープな事は、カウンター越しに、、です。 

とはいえ、今日、ドライバーさんから仕入れたお話は、、、これなら大丈夫でしょう。 こちらに。
京都駅で客待ちをしていると、若者男2人、女2人、年配女性1人の組み合わせ。 荷物多し。 栗東の○○まで、ということ。 栗東までなら、良いお客さんです。 地理に不案内な為、ナビを装備したタクシーをと選ばれます。 2台に分乗。 知り合いの運転手さんの車には若い女性の2人だけが乗り込みました。 東インターより名神に。 バックミラーには頭の一部しか映っていません。 深く腰をかけているようです。 細い方の女性が「タバコを吸っても良いか?」と尋ねました。 目的地までの間に2〜3本。 運転手さん、ナビを確認しながらの運転ですが、名神の間は栗東まではリラックスモードです。 すると、なにやら不穏な雰囲気です。 大きな声で罵っている訳では無いのですが、喧嘩が始まっているようです。 

なになに、、Aカップ、Bカップ? 洗濯物の干す場所? ブス? ふくよかな方の女性が口汚く毒づいています。 つかみ合いが始まりそうです。 が、バックミラーのお二人にあまり動きがありません。 そのうち、目的地に到着。 どうやら喧嘩は収まっているようです。 支払いは、もう一台に乗っている年輩の方が受け持つようです。 改めて乗客を確認すると、あれ? どこかで見たお二人です。 どうやら吉本の若手芸人でした。 

タクシーは密室。 運転手さん以外に気を遣う人がいません。 お二人は、ネタ合わせをしていたようですね。 役得か? さて、あえてコンビ名は伏せますが、みなさん、おわかりですよね。
| | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://rhymin.tblog.jp/trackback/117982