RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
Honda F-1 新カラーリング発表
’07シーズンを戦う車を発表してからも、ホンダは車体に塗装を施さず漆黒のボディでテストを行ってきました。 BAT(タバコ会社)の後に大きなスポンサーが付かないためとも聞きます。 また、環境問題と無縁でいられない自動車会社として、それに取り組む姿勢を現すために、なんらかのアピールをすろのではとも聞いていました。

本日、発表されましたので、早速見てみましょう。

一部に噂はありましたが、グーグルアースのグラフィックをモチーフにしたものでした。 今までに無いものではありましたね。 みなさんはどう思われますか? マクラーレンホンダの頃から比べると、車体形状は複雑に、空力付加物は多くなった現代のエフワンは、モデルカー会社泣かせです。 このホンダなど、塗装が大変そうです。 プラモデル化は困難ですね。 デカールは、、、無理。 塗装は、、どうするのでしょう?

しかし、冬のテストを見る限り、今年のホンダは走っていません。 タイムが出ていません。 思うに、、
昔から、ホンダは丼勘定なんですよね。 今は昔、世界的な排ガス規制のマスキー法をクリアする事に傾注していた時代のこと。 そのころの2輪は、悪名高いホーク2. 3バルブヘッドのSOHCエンジンは、排ガス規制の無い2輪車に対しても、勝手に規制をかけたような地味なバイクでした。 世界で最初にマスキー法をクリアした後は、再び高性能2輪車をリリースしています。 エフワンで連勝街道を邁進していた頃、2輪GPや、インディはお留守になっていたことがあります。

レースも排ガス規制も燃費対策も環境対策も、それぞれに大変なお仕事。 全ての分野において、オリジナルな技術を社是としているホンダは、マンパワーが偏るのでしょうか? ひとつに優秀な人材が集中するのでしょうか?

本業あってのレースですが、レースあってのホンダとも言われます。 私としては、レースチームが良い成績を出すことによって、このカラーリングのプラモやミニカーを世界中のみんなが欲しがるような事になって欲しいです。 その節には、タミヤさんやミニチャンプスさんに頑張って頂きましょう。 BAR時代、ラッキーストライクと555を同時に塗り分けた車がありました。 私はアシュラ男爵仕様と呼んでいましたが、あの車のミニカーを欲しがった人は少なかったと思いますね。 速ければ格好良く見えてきます。 遅ければ、、、駄目ですね。 チャンピオンルノーのカラーリングも、最初は子供のパジャマに見えたものです。 
| formula-1 | 00:28 | comments(0) | - |