RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
電動缶切り ワンタッチ
缶切り。 皆さんはどのようなものを使用していますか?

小学生低学年の頃、初めて缶切りを使わせてもらったときの事を思い出します。 缶の円周外輪部にある1ミリ程の縁に缶切りに備わる切り込みをはめ込みます。 その後最初の一撃を缶蓋に喰らわします。 鋭利な刃物が柔らかく薄い金属に食い込む感触は、他の何と比較できるでしょうか。 缶切りという作業は、缶という完成品を壊す作業ですが、その作業中に掌に伝わり、味わうことの出来る感触は、良くできた金属製のパズル嵌め込む時や、桐のタンスの引き出しを閉めるときに感じるものに近いと感じるのは私だけでしょうか?

子供の時は、最初の一撃こそ上手く行くのですが、その後が続きません。 上手く支点を移動できないため、空振りが続きます。 注意しないと缶から外れた缶切りが缶を支えている左手を傷つけることもあります。 コツを掴んで上手く開けることが出来たときは、本当に嬉しかった事を覚えています。 しかし、当時はそれほど缶を開ける機会も無かったわけですが、、。

現在は仕事柄、一日に一缶は開けます。 25年ほど前に、お客さんがゴルフの賞品に手に入れられた電動缶切り機なるものを頂きました。 缶切りという作業が好きでしたので、最初は「こんなもん、誰が使うんや?」と感じましたが、使ってみると、これがなかなか便利です。 そもそも缶を開けるときは忙しい場合が多いので、上手く使うと仕事の段取りが良くなります。 缶の切り口もギザギザになりませんので、安全面でも優れています。数年の使用で、主に缶を送るギアの摩滅が原因で駄目になりますので、買い換えを余儀なくされます。 当初は松下製の包丁研ぎ機を兼ねたAC駆動のものを使っていましたが、程なく生産完了。 後に乾電池駆動の自走式が世に出ました。 これには包丁研ぎ機能はついていません。 現在は松下製の電動缶切りは、AC/DC共に発売されていないようです。 何とか新潟県ツインバード社製のものを探し出し使用していましたが、先日寿命を迎えました。 そこで探し出したのが、この商品です。

どちらで購入しても込み込み3,360円です。

このワンタッチ電動缶切りですが、写真に写る商品の真ん中に映るギアが確認できるでしょうか? このギアの上部に回転刃が隠されています。 スイッチを入れると、
ぎりぎりという音と共に、隠れていた回転刃が出てきます。 この刃が、先の回転ギアと缶の縁を挟み込んで、缶の外側上から2ミリの部分を切り裂きます。 

作動中の様子です。 なにか動物の動きを彷彿とさせます。 緑色のスイッチの反対側が尻尾といえるでしょうか、その尻尾を振りながら自走します。 機械式タイマーが内蔵されているようで、大まかに一周したところで自動停止します。 缶の直径が大きく切りきれないときは、もう一度スイッチを押します。

切れた上蓋は機械のマグネットが吸着します。 上手く切れました。

アマゾンや楽天の使用感を読んでみると、上手く使えないという報告も見受けられます。 これは恐らくマンガン電池を使用しているのでは無いかと思います。 アルカリ電池使用を推奨されています。 マンガンでは力不足でしょう。 また前述のように機械式タイマーで管理されていますので、規定されていないところで電源が切れると、缶に挟み込み自分を駆動するギアと回転刃が接触している状態で停まっていることとなります。 これではスタートできません。 商品の取説では、そのあたりの説明が不足していますので上手く使えない方がいるのかもしれません。

しかし、ぎりぎりと音を立てながら動く様は、エドカー・アラン・ポーの殺人振り子を彷彿とさせます。 一振り一振り毎に身体に迫る大きな鉞状の殺人振り子です。 初めてホンダのアシモをテレビで見たときも、身体各部に仕込まれたジャイロが回る音に恐怖しました。 トラウマがあるのでしょうか? ぎりぎりと云う音に潜在的な恐怖を覚えます。

しかし、この商品は便利なので愛用しています。 「そんなもんいらんやろ」とお考えの貴方も、使ってみると「案外便利やん」と言い出すかもしれませんよ。
| お掃除 | 00:20 | comments(0) | - |