RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
F1カナダGP・佐藤琢磨は大健闘、ホンダはエンブレムを張り直せ
スーパーアグリ F1 チーム キッズ Tシャツ

2007’カナダGPは、マクラーレン・ルイス・ハミルトンが全てを味方につけ、完璧なレース運びを見せました。一度も首位を譲ることない素晴らしい初優勝。 これから二桁の勝ち星を挙げる人の衝撃的な勝利です。 4度のペースカー投入が不利益に繋がったのはアロンソ、マッサ、フィジケラ。 1度目のペースカーの原因となったクピサのクラッシュは酷いものでしたが、幸い大事には至らず、当初報告されていた骨折は誤報であったようです。

ハミルトンの後ろをハイドフェルドとブルツが押さえ込んでくれたのも、今回の完全勝利を助けたようです。

残り10ラップを切ったところで、スーパーアグリ・佐藤琢磨の猛追が始まりました。3度目のペースカーが入ったところでソフトタイヤを使った琢磨は、最終スティントをハードタイヤで走ることができます。 今回のレースでは、明らかにハードタイヤが有利でした。 ソフトタイヤも、ハミルトンのように最初の数ラップをじんわりと使えば性能劣化が防げますが、アロンソのようにアウトラップすぐに攻め込むと著しい劣化があるようです。

熱した金属が「焼き入れ」「焼き鈍し」によって物性が変化してしまうように、急に熱を持たせたタイヤは所定の性能を発揮できないことがあるのです。

最スタート後、僅か3〜4ラップ後に2秒ほど遅くなったアロンソをコース上で抜き去る佐藤琢磨に、スタンドもテレビの前も総立ちでした。 その前に同じく琢磨に順位を譲ったラルフも(珍しく)紳士的なコース取りを見せていました。

深夜生放送を見ていたのですが、クピサのクラッシュ前に意識を失いましたので、続きは開店準備中に観ました。残り5周で胸が痛くなり出し、最後には目頭が熱くなります。 一緒に作業中の妻に、琢磨の活躍を伝えたいのですが、声がうわずりそうで上手く伝えられません。 深夜に生放送を観た知り合いからメールが入っていました。 恐らく、すぐに寝付けなかったことでしょう。

対して本隊のホンダは未だ波に乗れません。 今月号のNAVIにもホンダの不調を伝える記事がありました。 そこにはアースカラーに彩られたノーズコーンの
写真がありました。 ホンダのHマークが誇らしげに貼られています。 そのHマークは薄い金属性ステッカーのようですが、おや?皺が見られます。

マンセルやプロストが乗っていたフェラーリの鼻先にある跳ね馬は特別製の薄い七宝焼きです。 芸術と科学のせめぎ合い。 日本製らしくステッカーのHマークはいいのですが、科学で攻めるなら皺はいただけません。 古くは空力の鬼と呼ばれたロリー・バーン。 彼はリアウィングにスポンサーステッカーを貼ることさえ嫌がったそうです。 千里の道も一歩から、と言うではありませんか。 今のホンダは空力面に弱点があるのは明らかです。 ならば、空気を切り裂く鼻先に貼るHマークの皺を伸ばしましょう。

ホンダは、フェラーリ在籍中ながら休職状態であるロス・ブラウンにオファーを出しているとも聞きます。 今回の様なレースはもちろん、刻々と変化する状況に対応する必要があります。 また一年を通じて成長をしていく為にも、監督、が大事です。

ロス・ブラウン? どうなんでしょう。 
| formula-1 | 00:20 | comments(2) | - |
実に惜しいレースでした。
最高位5位まで追い上げたのに・・・。
表彰台がすぐそこまで迫ってたレースだっただけに非常に残念です。
って、フェラーリ以外は興味がない私の発言とは思えません。
でもヤッパリ日本人の心が少しでもあったということの現れなのでしょうかね。
次のアメリカGPでは高速サーキットなのでどうなるか楽しみです。
多分ダメでしょう。
な〜んて書くと怒られるかな・・・。

Fマッサなんて初歩的なミスで失格なんて『ア○かぁ〜』って言いたくなりました。
私の知る限り、セーフティカー導入中にピットレーン出口の赤信号を無視したって聞いたことがないです。
次で巻き返しを期待したいですがタイガース同様イマイチ信用できません。

しかしルイス・ハミルトンは恐るべしです。
英才教育をしてきただけありますね。
新人記録を更新して欲しい面もちょっとだけあります。

>ホンダは、フェラーリ在籍中ながら休職状態であるロス・ブラウンにオファーを出しているとも聞きます。 
無理でしょう。
ロス・ブラウンに他のスタッフが付いていけないと思います。
| しんじろう | 2007/06/12 2:53 PM |

フェラーリは、今週末が正念場ですね。 出来ればワンツーフィニッシュが望まれます。 マクラーレンも、ハミルトンが望外の成績を収めれば収めるほど、内部崩壊の危険が増大しましょう。 出来れば4人が最後までチャンピオンの可能性を持ちながらの戦いが見たいものです。
スーパーアグリは、幸運をかき集めての結果ですよね。 デビットソンがビーバーを轢いてしまったも運。 今年は琢磨に風が吹いています。
>ロス・ブラウンに他のスタッフが付いていけないと思います。
そうなのかも? でもどうなんでしょう?
古くは、フェラーリのアドバイザーを務めたベルガーが、一線を退いたホンダに技術援助を求めたことがあります。 ホンダはフェラーリと同等のレーシングカンパニーです。この2社は特別です。 現在は風洞設備において遅れを取っているため、成績が出ていないのだと思います。
エンジンだけで勝てた時代ならまだしも、現在は空力が大事ですね。
野球もF1もご贔屓チームの調子はどうあれ、最後まで応援していきましょう。 フォルッツア!
| rhymin master | 2007/06/13 12:46 AM |