RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
ハイブリッドカー・意外な苦情って?
ポータルサイト・インフォシークに「ハイブリッドカー・意外な苦情」という見出しがありました。 いったいどんなものでしょう?

環境問題やガソリン価格高騰などで、今まで以上に注目を集めているハイブリッドカー。 京都市内でも、法人、個人を問わずプリウスのタクシーが営業車として使用されています。 知り合いの中にもプリウスユーザーはおられます。 学校の先生が多いような気がします。 200万円以上するという認知があり、ほどよい大きさで、知的な香りが先生方にうけているのでしょうか? 

タクシーなど多走行車として使われるプリウスと、年に5千キロ以下使用の一般ユーザーとでは、また異なった苦情が出そうです。 しかし、意外にも同じような事象が起こりえるのです。

それはバッテリー問題です。 1年に10万キロ乗ろうと、千キロしか乗らなくても、どちらもバッテリーに負荷が掛かります。 プリウスの車載バッテリーは巨大なものですので、交換には多額の費用が発生します。

聞けば、営業車には特別プログラムが存在し、割安で交換してくれるそうです。 個人使用においては、多額の見積もりを前にしての買い換えが多いとも聞きます。

ガソリンです。電気です。どちらもです。 と頑張る機械に親しみを感じる感性は理解できます。 必要とはいえないがの8人乗り。 いえないがの280馬力。 いえないがのオープンカー。 いえないがの色々。 100万円デミオで充分なところを、より高価な車を購入します。 なにがしかの満足を得ます。 その満足がハイブリッドシステムであったとしても、それは納得できますね。

そんな内容がインフォシークニュースに掲載されているのだと想像しましたが、違いました。 なんだと思われますか? リンク先を見る前に考えて下さい。

ヒントはこれ。

パフパフ。キャプテンスタッグ製が300円。
苦情は、エンジンと電気モーターを併用して走るため、低燃費に加えて騒音が小さいことも特徴のひとつだが、一部の消費者から「知らないうちに、すぐ後ろに来ていて驚いた」と言うものでした。

ちょうど40年前、マツダコスモスポーツロータリーが発売されました。 ウルトラマンでも使用されていましたね。 他にもファミリアロータリークーペ、サバンナ、カペラなど、ロータリーエンジン搭載車が続々と発売されました。 当時、レシプロエンジン車と比べてロータリーエンジン搭載車はあまりにも静かなので、歩行者は注意しなくては、と言われたものです。

もちろん、他の車が騒々しすぎただけです。 電気モーターだけで走る車と比較するものではありませんよね。 どちらにしても、車対歩行者・自転車事故は避けたいものです。 痛いのは歩行者。 責任は自動車に多く配分されます。 どちらの立場も考える訓練が必要ですね。
| | 00:13 | comments(6) | - |
静かだろうと五月蝿かろうと道路は歩行者優先のものであったと思います。
いま住んでいる地球も同じでしょう。
人間よりも先にいたにも関らず人間は大きな顔をして暮らしてます。
けれど交通弱者を守ろうとすれば完全に隔離しないと無理ですね。
極端に言うと、車道に横断歩道は作らない&車道と歩道の間に外壁を設けるetc
クルマの性能を抑える場合として、一般道と高速道路との切替えがあるとかね。
一般道では時速60km/h、高速道路は100km/h。
まぁ無理なんでしょうけど何れ考えさせられる出来事が起こっても不思議ではありません。
| しんじろう | 2007/06/21 2:49 PM |

私の考え。
街中の一方通行道路などの制限速度は、現在より低く、徹底して取り締まる。
一級国道などの場合、制限速度は80キロでも安全なところがあります。
高速道の場合、130キロ制限でも安全性に心配はないでしょう。
ただ、高速車と低速車の棲み分けを物心両面から再構築しなければなりませんが。
150キロしか出ない車より、220キロまで出るように設計された車の方が
明らかに快適で安全です。
交通弱者の認識は必要ですが、右折車が待っているのに、ゆっくり横断歩道を渡る健康な歩行者の精神は病んでいると思います。
| rhymin master | 2007/06/22 1:13 AM |

↑↑↑
これはいかがなものかと思います
歩行者優先は決まってることです
物凄く基本的な間違いをなさってると思います
車を乗る人間は偉いのですか?
逆に高いお金払って免許を持ったり車持ったりしてるんですからもっと大事に運転したほうがいいと思いますが

大体「ゆっくり渡る健康な歩行者」という表現も
見ただけどどのようにわかるのですか?
世の中には見た目にわからずとも
病気を抱えてる人間だっています
それに私たちもいつかはゆっくり渡らなくちゃならない事
もあるのに、こんな風に考えてるのでは
どうかと思いますよ
しかも「精神が病んでる」なんて表現もどうかと思います
「健康」だと思うなら「病んでる」なんて言うべきではなく
「精神が病んでる」と思ってらっしゃるなら
もっと弱者としての対応をするべきです。矛盾してます
暑い時期に歩いていれば疲れてゆっくり歩くようにも
なるでしょう

それに「右折車が待つ」事は当たり前です
交差点に入る時は誰しも注意しなくてはならない
その配慮は他人だけでなく自分を守るために必要な事です
赤になっても交差点内に入っていれば嫌でも曲がらなくちゃ
ならない、交差点から出なくてはならい状況にちゃんとなるんですからあせる意味がわかりません
どっちかといえば右折する時こそ歩行者に気をつけなくちゃならないと思います。

もちろん歩行者だって点滅してるところを飛び込んでみたり
するのはどうかと思いますよ
いくら歩行者優先だと言っても間違ってます

自分勝手な行動や考えを人に押し付けるから
こういう間違った考えを生み出すのでしょうし

自分は車という箱の中にいるから歩行者とは違うという考えを持つのもおかしいです
交差点に進入する時は速度を落とし注意する
これは車に乗っていても乗ってなくても同じ事です

いくら取り締まりや車の速度の制限なんて言っても
このような考えの人が多い限り
事故はなくなりません

車の安全性や交通の事について語る前に自分の間違いにお気づきになった方がいいと思いますし
このような考えになってしまう交通事情に問題があると思います

| | 2007/08/12 5:14 PM |

どなたかは存じませんが、おしかりをいただいたようです。
2行ほどの私の文では、私が申したかった事が正しく伝わっていないと思います。 その上、左折と書くべき所を右折と書いてしまいましたので、それも含めて、もう一度、私の考えを書いておこうと思います。
>歩行者優先は決まってることです
確かに交通法規上は、弱者保護基準です。 事実、歩行者は物理的に弱者ですので、対車のみならず、対自転車からも一方的に被害者となる可能性があります。 ですので、歩道のない道路や交差点内など車両と接触する可能性のあるところでは、歩行者以外のものが充分に気をつける必要があると思います。 加害者にも被害者にもなりたいものはいないでしょう。

>それに「右折車が待つ」事は当たり前です
私が左折と書くべき所でした。(右折でも全く間違っているとは言いませんが、、)
ここで、私が述べた「健康な歩行者」とは、まさに健康に見える若者達の事です。 おっしゃるように「見た目に判らないが健康では無い方」や「調子の優れない方」がおられるのは存じております。 
しかし、信号待ち時に自転車の前輪を車道にはみ出している方、携帯電話を操作しながら、前も見ずに横断する方、まさに歩行者こそ王様と左折待ちの乗用車を睥睨するかの様にゆっくり渡る方も、確かに存在します。
受益者負担の原則を持ち出すこととします。 殆どの方は公共交通機関や緊急自動車、宅配便など、あらゆる自動車から益を得ているはずです。
歩行者用信号が横断を禁じているのに、歩行者が横断を続けたりする事によって、左折待ち車線は大渋滞となることをご自分で運転しない歩行者は気付いているのでしょうか? 知らないだけなら、それを持って「精神が病んでいる」と表記したことは間違っていますね。 認めます。
ただ、ベビーカーやお年寄りを見守ろうと思うドライバーから見ても、明らかに間違った権利意識を持っている横断者がいると、私は思います。
元エフワンドライバーの中島悟氏が、引退後に講演などをする事があるようですが、その時に「歩行者優先だが、それを100%信じて注意せずに交差点などに臨むと、時には事故に巻き込まれます。 その時、歩行者が加害者となることはありませんが、痛い思いをするのは歩行者自身なので、自分で安全を確かめましょう。 ただ、車は時速数十キロで移動します。 歩行者は数キロです。 弱者を守る仕組みを維持するのも社会の努めですが、経済効果を考えるのも社会の仕組みです。 だから歩行者も社会全体の動きを考慮して、スムーズな交通を意識すべき。」と言われています。
その様な考えは日本の教育では教えられません。 ただただ弱者保護です。 落としどころはありませんか?
私は、「ゆっくりと前も見ず渡る健康に見える歩行者」を苦々しく思いますが、恫喝したりはしません。 譲り合いの精神も持ち合わせているつもりです。 車に乗るときは加害者にならないように、歩行者の時は被害者にならないように、また、事故の遠因とならないように気を付ける様にしています。 
>自分は車という箱の中にいるから歩行者とは違うという考えを持つのもおかしいです
 ですので、私は自動車に乗るときも、歩くときも、自転車にのるときも
同じ考えで臨みます。 おわかり頂けたでしょうか?
ただ、先の中島さんのお話にしましても、始めて伺ったときの感想と、しばらくしてからの感想は異なったものであったと記憶しています。
新しい情報や考えを知ることは大事なことと考えますので、何かご意見やお考えがありましたら、またここにお寄せ頂きたいと思います。
| rhymin master | 2007/08/12 9:35 PM |

管理者殿
色々な事を書かれていますが
6月22日から今まで書いたものに目は通していないのですか?普通は見ると思います
普通に考えたらおかしいと思いますよ

色々書き連ねていますが
自分を擁護する考えの元かかれているとしか
思えません
結局権利意識をお持ちなのはあなたのような考えを持っているのだと思いました

それに
『左折待ち車線は大渋滞となることをご自分で運転しない歩行者は気付いているのでしょうか? 知らないだけなら、それを持って「精神が病んでいる」と表記したことは間違っていますね。 認めます。』

知っていれば精神的に病んでると言いたいのでしょうか?

私もドライバーですがこんな考え方した事ありません
明らかに間違った認識の歩行者に対して苦言をおっしゃっていますが、根本的に間違ってるんです
その様な人は車に乗ろうが自転車に乗ろうが歩こうが
同じように振舞います
その中に私はあなたも入っているとしか思えません
あなたが憤慨した時多分威圧的だったと思います
それに対してまた威圧的に振舞う
結局同じ考えの持ち主の対立です
それに益を得てるのは皆一緒だと思いますよ
それにそれを妨げるのも皆やりかねない事です
そこに焦点をあわせるのもいかがなものかと思います
見苦しいと思います




| お返事します | 2007/08/13 12:01 AM |

いやぁ、手厳しいですね。 
>あなたが憤慨した時多分威圧的だったと思いますそれに対してまた威圧的に振舞う結局同じ考えの持ち主の対立です
<私が威圧的であったかどうかは、他者の判断となりますが、言い得て妙ですね。 悪意のある人間は、他者からの悪意に敏感となるものでしょ。
悪意のない人は、その行為が迷惑をかけていることなど想像の外にあることが多いものです。 私の悪意がそれを見せているということでしょうね。
>自分を擁護する考えの元かかれているとしか思えません
<それは、その通りです。 
>明らかに間違った認識の歩行者に対して苦言をおっしゃっていますが、根本的に間違ってるんです
<その通りでして、明らかに間違った認識の歩行者に対する苦言を述べただけのつもりなんですが、その発言から、私自身の人間性を否定されるような事を申されましても困ります。
高速道路上では、他車の速度や運転マナーを考慮して運転する。
エスカレーター上では、背後に気を配り、片側を開ける。
プールでは、能力に合ったレーンを選びターン時に気を配る。
ゲレンデでも、自分のスキルを考え行動する。
お互いが相手を理解した上、尊重しあう事が大事。 と考えているのですが。 おそらくそれは貴方も同様だと思います。
つたない私の表現・文章が貴方の癪に障ることがあったのだと思います。
その様なことが無いようにと気を付けて来たつもりでしたが残念です。
顔を見ておしゃべりをするときとは異なりますね。
不特定多数の方が閲覧する可能性のあるページですので、配慮が足らなかったのだと改めて注意するようにしたいと思います。
お互いに長文となってしまいましたが、この記事を元に、他の方のご意見なども伺えればと思います。 
| rhymin master | 2007/08/13 12:48 AM |