RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ



午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
キャノンボールトリップ・国宝姫路城編

飛び込み乗車のゴンドラで、体は地上に。 真下に見えるのは山陽自動車道でしょうか。 神姫バスが待ってくれています。 駅近くに書写団子が売られているのを思い出したときは後の祭り。 次回の楽しみとします。

このような細い道を譲り合いながらバスは進みます。

JR姫路駅終点までは乗らず、城前で降車し、いざ入城。 その前にもうお昼前となりましたので腹ごしらえを、と考えました。

しかし、交通量の多い道路を横切る歩行者用信号がずっと赤のままです。 しびれを切らして「城の中で何か食べるところがあるだろう」と考え、門をくぐることとなります。 これが間違いだとは知らずに、、。

国宝でもあり、世界遺産登録もされた姫路城は、築城400年を越え現在も威容を誇っています。 お濠の切り方を始めとして城内の構造は、江戸城などと同じく風水を取り入れたものだそうです。 敵の侵入を防ぐ工夫が数多くなされています。 その工夫が功を奏す機会は無かったと言うことでしょうか。

さて、城内が禁煙飲食禁止となることは承知していましたが、公園に簡単な屋台などが出ていると想像していました。 しかし、飲料水以外は売られていません。 「ここ、これでは兵糧責めじゃぁ! 困り申したが、引き返すのも難儀でござる。」 諦めて、いざ天守をめざしましょう。 入り口では「イングリッシュ?コリアン?チャイニーズ?」と流ちょうに問いかけられます。 「じゃぱん」と答えましたが、本当に外国人観光客が多いようです。 先だって訪れた大阪城でもそれは同じでした。 シルバー人材から派遣された2000円ガイドさんの中には英語で解説をこなす方も見受けられました。 楽しそうにお仕事をなさっていました。

エレベーター施設などの無い城内ですが、スプリンクラーは装備されています。 所々に設置されている消火器は、このように木製の箱に入れられています。 嬉しい気配りですね。

足を進めるに連れ、以前訪れたときの記憶と異なる城内です。 国宝がその姿を変えることは無いでしょう。 なるほど自分が訪れた他の城、和歌山城などとの記憶が混在しているようです。 「情けなや。」

ここ姫路城の天守も、やはりそうでした。 細く急な階段を手すりを頼りに登り進みます。 外は陽炎が揺らぐほどの炎天下ですが、四方に開けられた窓から入り、吹き抜ける風が室内温度を下げてくれます。 もとより高台に立つことの多いお城ですので、町衆が住む下界とは異なる快適さがあるようですね。 「苦しゅうない、余は快適じゃ。」

エレベーターはありませんが、AED(自動体外式除細動器)は設置されています。お世話にならずにすませたいものです。 「薬師などに用はない、籠を持て。」

出口ほど近く、三国壕には千姫の化身か、はたまたお菊さんの亡霊か、一匹の蛇が泳いでおりました。 南無。

朝食以来まだなにも食べていません。 持参した500ペットのお茶はとうに空。 ここまでにたくさんのお茶やスポーツドリンクを買いました。 賑わう城下町の食堂で遅めの昼食を摂ることとします。 店内にてみるみる汗が引いていきます。 お腹もふくれ、ほっこりしましたが、まだまだ本日の予定は終わりません。 山陽電車にも興味があるのですが、早く次の目的地近くまで行きたいこともあり、再びJR姫路駅を目刺し15分ほど歩きます。 そこから目指すは神戸元町駅・メリケンパークへと向かいます。 続きは明日。

| その他 | 00:00 | comments(1) | - |
世界遺産登録の姫路城も未経験です。

>外は陽炎が揺らぐほどの炎天下ですが、四方に開けられた窓から入り、吹き抜ける風が室内温度を下げてくれます。
天守閣からの眺めをみて当時の人は何を思ったんでしょうねぇ?
また今現在の姿を見たらきっと腰を抜かすことでしょう。
その姿も見たい気もするなぁ。
| しんじろう | 2007/08/26 4:22 PM |