RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

9月20日 日曜日  21日 月曜日
おやすみさせてください

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
パルケエスパーニャでプラド美術館を疑似体験
雲一つ無い夜空に中秋の名月を眺め、ハロウィンテーマのテンプレートを採用しました。 この体裁では先日訪れた伊勢神宮の話題は不釣り合いと考え、同日訪れたパルケエスパーニャの記事とします。 

連休の中日とあってかパルケエスパーニャは混雑しています。十数年前に訪れたときは第3駐車場まで回されましたが、今回は第2駐車場。 シャトルバスが巡回しています。 前回は長男が小学生低学年の時。 今回は次男が主役です。 ハウステンボスほど大人向けでもなく、ディズニーランドとは比べるまでもなく、お子様向けの施設です。 せっかく伊勢湾に立地しているのに、レストランは冷凍食品が出されます。 これは十年前から変わっていません。 伊勢湾の遊園地としては鈴鹿や長島の方がお勧めです。 

が、入場料だけで楽しめる施設にすばらしいものがあります。 お城の中にあるハイビジョンシアターがあるのです。 そこではスペインが誇るプラド美術館の所蔵作品を居ながらにして楽しめます。

ベラスケスのラス・メニーナス。 ピカソは何度も何度もこの名画を模写したと言われます。 近代美術における最高傑作ともいわれるこの名画を大画面で眺め、技術的解説、歴史背景解説を体験できます。 あのダリが存命中に古今東西の画家に点数を付けたそうですが、自分以外で満点を付けたのはベラスケスその人だけだそうです。

こちらはゴヤの作品、「マドリード、1808年5月3日」、半島戦争における争いを描いた作品です。
前日にナポレオン率いるフランス軍と戦ったスペインの民衆が、翌日、捉えられ次々に処刑されていく惨状を描いています。 処刑される人々の怒り、悲しみ、絶望が描かれています。 対照的に銃口を向けるフランス軍兵士は、一様に視線を落とし、その表情は描かれていません。

彼らは戦争の部品です。 人の心は停止しています。

戦争とはそのようなものなのでしょうか。

よそ様から預かった未成年に親方自ら暴行を加え、兄弟子たちも執拗に暴行。 死に至る暴行を加え続けた彼らも、200年前のフランス軍兵士も同じでしょうか。 仏教国ミャンマーで僧侶に発砲する兵士たちも同じでしょうか。
| その他 | 23:46 | comments(0) | - |