RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
ランオフエリアと床運動マット
酷いコンディションの中、おそらくはテレビ放映時間の都合で定刻通りにスタートした日本GP。 安全を考慮してのセーフティーカースタートですが、そのセーフティーカーは20周の間先頭を走り続けます。 FRレイアウトのメルセデスが、あのスピードで周回を重ねる事は進歩した制御技術の証明です。 20年前ならFFのペースカーを選択する必要があったかもしれません。 全戦同じドライバーがステアリングを握っているそうですが、彼にとっても初めてのサーキットです。 お見事でした。 

しかし、パレードを見せられた観客はたまったものではありません。 テレビ画面を通じて失望と怒りが感じられました。 実際、件のバス移動でトラブルが頻出。 土曜日には雨中4時間もバス待ちのあげく乱闘騒ぎも。 決勝日にはスタートに間に合わない方も出たようです。 有料スタンドながら設置場所を誤ったため、コースが見えないという信じられないトラブルも出ました。

「金返せ!」

いや、実際、返金があるそうです。 どこのGPでも初年度はトラブルが出ます。 今回は天気に祟られたため、より目立ってしまったようです。 翌年もここFISCOでの開催が決定していますので、トヨタお得意の「カイゼン」精神でよりよいGPを開催していただきたいものです。 

レースはハミルトンが圧勝しました。 セッティング能力に劣る驚異の新人は、アロンソからセットアップ情報を得られなくなった中盤以降、若干その輝きを失っていました。 しかし、このコンディションではセッティングがどうあれ、肝心なのはその場その場の対応力、瞬発力、判断力、スピードそのもの。 ハミルトンはそれが他のドライバーより優れていたということでしょう。 もちろんマシンも良かった。 雨のフィジケラ、雨のバトン、雨のバリチェロ、雨の、、F1ドライバーのほとんどは雨であろうが速い人ばかりです。 そのドライバーも、ある一定の性能を有するマシンでなければ それを証明できません。

最終盤に順位が変動しました。 マッサのピットインはコメントを額面通り受け取ることはできません。 おそらくライコネンに順位を譲るために指示が出たと思われます。 そのマッサは最終ラップにクピサと鍔迫り合い。 お互いをコース外に押し出しながらの肉弾戦です。 3年前ならどちらかはリタイアです。 鈴鹿のシケインで2台並んで無事にすむわけがないのに、最近はそのようなシーンが少ないのはなぜ? オールージュで緊迫感が減ったのはなぜ? 昨年の鈴鹿でも旧130Rでの緊張感が減っています。 なぜ?

体操の床運動。 その床と最近のコース。 相関関係が有ると見ます。
これはどちらも体操床運動で使用されるマットです。かたやスプリング、かたやウレタンが仕込まれています。 プロレスのマットでも新日本プロレスと女子プロレス各団体が採用しているものは全く異なるそうです。 もちろん女子プロのマットは柔らかいものです。 

それが安全とショーマンシップに貢献するなら、それを否定するものではありません。

20年前、体操のマットに現在のような弾性はありませんでした。 故に現在高く飛び跳ねる選手が、その昔のマットで演技することは不可能と言います。 逆に昔の選手は現在のマットでもすばらしい演技が出来るであろうとのことです。

昨今のサーキットはランオフエリアが舗装路で作られています。 80年代のように芝生では、特に雨天時に危険です。 そこで砂利のベットが採用されました。 しかし、砂利のベットではコースに復帰することは叶いません。 マシンの破損も大きくなります。 アマチュアレーサーにとっては頭の痛い問題だったとも聞きます。

オールージュでも130Rでも、はみ出したら終わり。 であるから緊張がありました。 今のレイアウトなら、失敗してはみ出しても、戻ったら終わりです。 それでは緊張感が漂わないですね。 体操のマットが進化の過程で選手の安全と技の派手さを実現したことは間違い有りません。 それを元に戻す必要があるとは思いません。 しかし、今日のレースでクピサとマッサが相撲のようにお互いを押し出し合ってもお互いがコースに復帰することに違和感を覚えます。 リタイアを防ぐためにランオフエリアが舗装路で有ることを維持するなら、そのエリアからコースに復帰する場合、定められた狭いゾーンからの復帰を促す工夫ができないでしょうか? そのゾーンを通過する必要があれば、飛び出すことによって大幅なロスが出ます。 損します。 そうなれば一か八かで大回りしても大丈夫とはならないでしょう?

ドライバーたちはどう考えているのでしょうか?
| formula-1 | 01:09 | comments(2) | - |
マスター、おはようございます。

昨日のレースには超ガッカリしました。
SCが引っ張るのも大概にせえよと叫んでました。
見えないオンボードカメラに何の意味があるのか?
一番腹が立ったのはマスターご指摘のようにFマッサのピットイン!
遂にやったか!と、思いました。
クビサとのバトルもそうです。
あんなん有り?って思わず叫びましたよ。
他にも色々とありますがホンマにガッカリしました。
もう次からは勘弁してほしです。

カイゼンは難しいでしょうね。
オラが町に何しに来るんだべな?って興味のない町の人たちは思ったことでしょう。
カイゼンだらけです。
そこまでしてお金を賭ける意味が果たしてあるのでしょうか?
| しんじろう | 2007/10/01 9:54 AM |

ほんまにそうどす。
私もトヨタ的、読売的なやり方には疑問といいましょうか、嫌悪感を抱いておりますので、気持ちを抑えての記事としました。 そうしないと歯止めが効きませんので、、。
金返せ!と言われて金返したから良いというものではありません。
あの会社は金儲けにおいて世界一ですが、レースを愛する気持ちなど持ち合わせていないでしょう。 やはり鈴鹿でやりましょうや。
| rhymin master | 2007/10/02 12:02 AM |