RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

6月 17日(日曜日)18日(月曜日)    おやすみです

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
九条山 あれこれ
九条山は京阪三条〜蹴上から山科御陵へと向かう途中にある小さな小山です。 京阪電車京津線が地下鉄化されるまでは、九条山駅も存在しました。 京津線の中で最も高い標高にあり、蹴上からの勾配は66.7%もありました。 途中東山ドライブウェイへと向かう道が取り付けられていますが、そこには天文台がありますので元は天文台下駅と呼ばれたそうです。

現在は廃駅となりました。 地上にあった線路が撤去されてからは対向2車線であった道路は4車線となりました。 併せて山科側御陵から東も路面電車が居なくなった事により渋滞が緩和されたことは喜ばしい事です。 それまでは滋賀県方面に向かう時には山中越え(比叡山)を選択しましたが、現在ではほとんどの時間帯でその必要が無くなりました。

思えば東海道53次、遙か東国から京を目指した旅人は、皆この9条山を越えたのでしょうね。

私も旅人よろしく人力でこの九条山を越えます。 両足だけではなく自転車の助けを借りますが。通学用自転車ではいわゆる立ち漕ぎが必須です。 年配の方々は乗車を諦め押しておられます。 先だってレストアなった軽量スポーツ車は標準の2.0幅のタイヤを1.5幅に変更しました。 トレッドも舗装路面用で、いわゆるブロックパターンではありません。 

この自転車でなら立ち漕ぎは必要有りません。 なんとなれば上り坂にも関わらず加速することも可能です。 恐らくタイヤ選択が効果をあげているのでしょう。 これなら1.25幅にしても良かったかもしれません。 しかしそれだけでもないようです。

フレームの剛性が高い為、力をペダルに込めても、それによってフロントギアとリアギアの位置関係が平行を保っている感じを受けます。 通学用自転車の場合、立ち漕ぎをくれた時にペダルクランクを保持するボトムブラケットと呼ばれる軸受けが左右に振れます。 不安定なギアホイールと不安定なリアスプロケットギアはチェーンで連結されています。 私が出す少ない出力は、この振れに少なからず影響されるようです。

下り坂で調子に乗って速度を上げている時にも、剛性の恩恵を受けます。 通学用ではある速度を超えると前輪と後輪が個別に不安定な動きを示します。 制動時にも安定感が異なります。 総じて低速走行時には全く差がないように思える2種の自転車ですが、速度を上げたり急勾配を上り下りした時には顕著な差が出ます。 こうなるといわゆるロードレーサーと呼ばれる種類のマシンにも興味が出てきます。 信じられない速度で急勾配を駆け上がるレーサー。 乗り手の性能次第では意味が無いかもしれませんが、、。

数年前、この峠が40キロ制限だった時のこと。 乗用車で山科方面に降りたところで「ねずみ取り」に引っかかりました。 その数値僅か14キロオーバー。

当時は京都方面でも蹴上を下りきり、ウェスティン都ホテルを左に見るところで「ねずみ取り」が仕掛けられていました。 最近は見かけないと思っていましたが、京都向けに御陵から上り始めた処に仕掛けが有るようです。 主に原付が狙われている様です。 知り合いが犠牲に、、。

片側2車線のこの峠。 急な勾配もあって、多くの車は60キロ前後で走行します。 その左側を30~40キロで走行する原付は、2輪4輪双方にとって非常に危険です。 確かに速度を抑制することによって安全を得ようとする考えは理解できますが、交通の流れを考えた時、速度差も考慮するべきでしょう。 日常生活道路として、この道を使用する原付ライダーさんたちが一度でも「ねずみ取り」にかかれば、常に40キロ以下で走行することが想像出来ます。 それが全体の交通安全に寄与するかどうかは疑問と考えます。

これから自転車や2輪にとっては厳しい季節です。私は外耳が大きく、いわゆる福耳です。 人より良く聞こえるかもしれませんが、人より冷たい風に弱いようです。 冷風が外耳でせき止められて内耳に導かれるようです。フロントスポイラーかい! 頭の中からじんじん冷えます。 こんな時はヘッドフォンが耳当て代わりになります。 イヤープラグ型インナーフォンは周りの音を遮断しますので自転車には不向きです。危険です。 その用途にはこのタイプがお勧めです。 
| その他 | 00:00 | comments(1) | - |
京都は全くわからないので最低でも一年間くらい住んで見たいなぁと思ってます。
住むなら隅から隅まで散策したいですね。
メジャーじゃない場所へも行ってみたいですね。
それなら一年じゃ足りませんね。
| しんじろう | 2007/10/17 10:32 PM |