RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

8月19日(日曜日)地蔵盆でおやすみです

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
友人のお父さんがお亡くなりになりました

NISSANのCMで「ものより思い出」というものがあります。 それを信じてではないでしょうが、家族の為にミニバンを買い、海に山にと子供たちを連れてゆくお父さん。 決して子供に尋ねてはいけません。 きれいな風景だっただろうとか、たくさん星が見えただろうとか、良い思い出になっただろう等と。 何故なら。
子供は往々にして残酷です。 殆どの子供たちは自分の時間は永遠だと思っています。 いや、そのような事に無関心だともいえます。 どんなにきれいな月を見ても、それが最後になるかもしれないなどとは考えないのです。 ですから黒部峡谷の自然より、ホテルにあったベッドのスプリングや、ロビーにあったゲーム機の方に興味があったりします。 思いでに残るかどうかは、その時には判りません。 一緒に色々な経験をしてあげる事はとても大事ですが、すぐに見返りを期待してはいけません。

友人のお父さんがお亡くなりになりました。 子供の頃の私は家庭の事情で年に一度ほども家族で何処かへ行く事がありませんでした。 友人のお父さんは、ご自身の子供をプールや遊園地に連れてゆく時に私も一緒にと誘ってくださいました。 何度も何度も誘ってくださいました。 その時にどこへ行ったかより、何を戴いたかより、その時に何を喋ったか、何を感じたかをよく覚えています。 他人の子供を連れてゆく事の難儀を感じる事などは出来ませんでしたし、その事自体にきちんと感謝の念を持っていたとも思えませんが、半世紀近くたった今でも、そのときの事は思い出せます。 何を喋ったかを思い出せます。

それなら、「ものより思い出」と言えますね。

友人のお父さんには、その時の事を改めてお話しする事も、謝意を述べる事もしていません。 でも、あなたの事は忘れません。ありがとうございました。 どうぞ安らかにお休みください。
| その他 | 02:00 | comments(6) | - |
マスター、僕もびっくりしました。

つい先日息子さんとお父様のことについてお話していたところだったんです。

その数日後に皆さん黒い服を着て玄関の前にいらっしゃったので、、、、、

マスターも小さい頃からの思い出がいっぱいの方がなくなられて、さぞかし寂しいことでしょう。

御冥福をお祈りいたします。
| gucci. | 2007/11/11 5:46 PM |

マスター、ご無沙汰してます。

人の有り難味を今時の若者は知らないですね。
全てとは言いませんが多いのは事実ではないでしょうか。
実は私も子供の頃に家族で出かけた記憶はないです。
と、言っても母親の親元には正月とかお盆とかに行きましたがレジャーで出かけたことはありません。

『その時にどこへ行ったかより、何を戴いたかより、その時に何を喋ったか、何を感じたかをよく覚えています』
それは素晴らしいことだと思いますし、いい経験をされたと思います。
うらやましいです。

友人のお父さんのご冥福をお祈りいたします。
| しんじろう | 2007/11/12 11:09 PM |

しんじろうさん、gucciさん、コメントありがとうございます。
このコメントをご遺族の方が読まれたときに、少しでも慰めになるかもしれません。
人が亡くなったとき、多くの場合は像も名前も残りません。 でも確かに人の子供であった事実が残ります。 その記憶が残ります。
しんじろうさんのこともgucciさんのことも、記憶に残ります。 確かに残りますよね。
| rhymin master | 2007/11/12 11:40 PM |

少し落ち着いたので、久々に訪れてみました。親父が、その様な思い出を、家族以外にも残してくれたことは、今回のお葬式に来て頂いた皆様から、お話を聞き親父に対する過去の気持ちを、恥ずかしく思いました。居なくなって、わかる存在感・有り難さ、今ひしひしと感じています。わたくしも、これからの人生その時には、同じような事を言ってもらえる人間になるよう今の気持ちを大切に、歩んで行こうと思っています。qucciさん、先日は有難うございました。しんじろうさん、有難うございました。master、お砂糖三杯のコーヒー有難うございました。思い出して涙が出てきました。・・・・・
| 友人の兄 | 2007/11/13 5:57 PM |

歳の所為でしょうか、思わず涙が出そうになりました
| nureyev_1968 | 2007/11/13 8:20 PM |

お兄さん、nureyev_1968さん、コメントをいただきありがとうございました。 同じく子供を育てる者としても、数十年前のお葬式とは異なる感覚を覚えるものですよね。 私たちは残されたものとしてではなく、託されたものであると云う自覚を持てばよいのだと思っています。 仕事に生きるも、家族に生きるも、地域に尽くすも、それぞれの人生。 それぞれに答えが待っています。 何が失敗で何が成功なのかは、、判りませんよね。
ナポリを見ないで死ぬのは構いませんが、とりあえあずLOSTの最終話は見たいです。
| rhymin master | 2007/11/13 11:46 PM |