RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
アロンソがホンダに?

マクラーレンを出たフェルナンドアロンソが2008年度の働き場所として選んだのはホンダかもしれません。 先月からルノー、レッドブルとの間で交渉が持たれていたようですが、一年契約を基本線として持ちかけるアロンソとルノー、レッドブル双方の首脳陣との間では合意に至らなかったようです。 では、アロンソとホンダの間にある契約はどうなのでしょう?
ブラックレーでシート合わせを行ったようだというニュースが流れただけの現在、契約内容までは伝わってきません。 しかし、今期絶不調でわずか6ポイントの獲得に終わったホンダチームに、あのロスブラウンが就任するには訳があるはずです。 人材、設備、資金、情熱、全てにおいて満足できる状態でなければ契約書に署名しなかったと想像します。 また、そのような可能性のあるチームであると判断したからこそアロンソも契約(シート合わせだけかもしれませんが)したのだと信じたい気持ちです。 

デビットリチャーズがBAR時代に指揮を取っていたときをピークにして、ホンダチームは下降線をたどっています。  今年に限っては風洞設備の不備などはっきりとした原因もあるのですが、求心力のある指導者が必要だという感じは否めません。 そこにあのシューマッハが全幅の信頼を置くロスブラウンが入ってくるのですから、否が応にも期待が高まるというものです。 ドライバーラインアップとして見ても、アロンソ、バトンという組み合わせは、かつてルノーで実証済み。 不安は少ない組み合わせです。 チャンピン候補と言われながら未だ1勝に過ぎないバトンとすれば、対アロンソというチーム内比較の中で、自分自身の力量を再確認できるというものです。

その意味では、アロンソに追い出される形でスーパーアグリに移籍すると言われているバリチェロですが、彼が佐藤琢磨選手にとってのリトマス試験紙となるのではないでしょうか? 今期は僚友デビットソンに対して、予選こそ譲った事がありましたが、概ね早さも安定感も見せる事に成功した佐藤選手です。 バリチェロ選手は、一時の輝きは失せた感もありますが、9勝、ポールは15回の猛者です。 この猛者を相手に吸収できる所は利用し、勝負に勝つ事によって、佐藤琢磨がF1に留まる意義を確立して欲しいと思います。

| formula-1 | 00:44 | comments(2) | - |
マスター、こんばんわ。

アロンソねぇ・・・。
彼を見てるとD・ヒルを思い出します。
チャンピオン候補からチャンピオン獲得。
そしてMシューマッハとの確執。
似てるでしょ?
まぁ違いと言えば、D・ヒルは地味でアロンソは全てが派手かな。
あと生い立ちも違うしね。
Mシューマッハが居なくなった今は、アロンソ〜、アロンソ〜の大合唱をもう一度聞きたいです。
| しんじろう | 2007/12/01 8:35 PM |

こんばんは。 アロンソですが、たとえホンダチームに入っても、おそらくは一年契約。 様子を見てフェラーリに移籍する含みがありそうです。
ハミルトンを始めとして、クピサ、スーティル、ロズベルグと才能あふれる若手がたくさん居ます。 ドライバースキルの平均点は、ここ20年で最も高いシーズンのように思います。 しかし、若手は若手。 なかなかミハエルやアロンソのようにはいかないもの。 老練、中堅、若手が入り交じっての戦いが面白いのですが、、。 いっそのことミハエルも復帰すれば良いのに。
| rhymin' master | 2007/12/02 12:07 AM |