RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

3月8日と22日 両日曜日はお休みです

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
違いの判らない男
車なんてなんでも同じと言う方が居られます。 TVだって画面の大きさ以外にこだわる所なんてあるのか? 今時オーディオに大枚はたくなんてどうかしている。 カメラなんて携帯で充分でしょ? コーヒーも缶コーヒーで充分ですか? それはどうかご勘弁を、、。

価値観の違いと一言で片付けるのは簡単ですが、そのものに趣味性を見いだすかどうかで判断が分かれます。

3シーズンぶりにスキーに出かけましたが、自前の板を車に積み込む事はしませんでした。 所有の板は190センチ。 今時そんな長尺板で滑るには、それ相応の覚悟が必要です。 板の手入れも大変ですし、長男のスノーボード一枚をトランクスルーに積み込んだら、もう余裕もありませんでした。 長野のスキー場なら板のレンタルは2,000円以下、岐阜では3,000円程です。 シーズンに5度も出掛ければ買えてしまいますが、初めてカービングスキーなる物を借りてみる事とします。

エランとヘッド、どちらも160センチほどの板でした。 初めて経験するカービングスキーですが、
私には違いが判りません。 きちんとクラシックスキーで滑る事が出来る人ほど戸惑うと聞きます。 いかんせん、その資格がございません。 特に戸惑う事なく一日が終わります。

ゲレンデでは違和感を感じる事がありませんでした。 ただ、短くて軽いのでリフト乗り場付近では楽でしたし、乗車中も負担がありません。 初心者がよく犯す「自分で自分の板を踏んで転ける」心配もありません。 持ち運びも楽です。

今にして思うと、久しぶりなのに転倒していない。 林間コースでも、あの木とあの木の間を抜けようというイメージ通りに滑れていたような気がします。 ボーダーさんが抉ったと思われる大きな穴による不意打ちにも影響は少ないように思えますね。 終日小学生と滑っていましたので、こぶこぶ斜面に挑戦することは無かったのですが、(今までもほとんど立ち入ったことはありません。時間の無駄とさえ言えます)なんだか滑りきれそうな気がしています。 来シーズンには、いっちょう挑戦しましょう。

車の乗り味なら、タイヤの違い、エンジンの違い、ひいてはメーカ−の味付けなど、その違いを楽しむ事が出来ると自負しています。 できれば、ゲレンデでも「違いの判る男」となりたいものです。

スキーウェアは、20年ぶり!に買い替えました。 ジャスコで一万円程です。 その昔、バブル時代には考えられない価格。 でも、新しい物の方が軽く、暖かく、便利です。 今時のデザインは、高い物か安い物か、見た目に判りません。 子供用の物も大変安くなりました。 普段の通学にも使用できる事を思えば本当に良い買い物ですね。

ミツハシで売られている5万円のウェアには、どのような違いがあるのでしょうか? ま、それは判らずとも良いです。
| スポーツ | 00:17 | comments(2) | - |
3シーズン振りですか!
僕なんて5年近くいってないような気がします。
最近の板は全然チェックもしてないですしウラシマ君です。トレンドとしてはやはりカービングがメインなのでしょうか?
カービングの特徴としてはターン時の体重移動が多少大雑把でも板の彎曲で自然に曲がる!ということです。
昔習った外足に体重移動し内エッジを立てしっかりと踏ん張る、といった操作は全く不要になります。
200cmの競技用の硬い板をはいていた僕にとって、驚き以外の何物でもありませんでした。
車でもオートマチック車より、ミッションがいいという方が多いように板も好みがあるでしょうね。
| gucci. | 2008/01/31 12:46 PM |

スキー操作については、、正直よくわかりません。
よくわかっているつもりの車に例えるなら、ですが。
カービングスキーなるもの、そのトレンドはレーサーにも及んでいるようです。  と、なれば、それはキャブレターから燃料噴射。 ABS,トラクションコントロール、パワステ、アンチノーズダイブ、、などなど、それぞれ初期段階においては多少の疑問符が付きながら、現在では競技車両にも全面的に取り入れられている技術に例える事が可能かと考えます。
今、200センチスキーを履いて、がんがん滑る事が出来れば目立つと思いますよ。 その姿は峠のスーパーセブン。
| rhymin' master | 2008/01/31 11:53 PM |