RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
さようならスーパーアグリF-1
22日フジテレビ739で放送されていた「こちらスーパーアグリ広報局/最終回」に鈴木亜久里代表が生出演されていました。

改めて鈴木代表の口からチームが無くなった事を聞かされ、改めて感傷的になりました。 番組内では参戦当初から、あのスペインGPでの初得点、深夜に日本の一部が覚醒したカナダGPのオーバーテイクシーン、素晴らしい場面が流されていました。 歳を取ると涙腺が緩くなって困ります。 鈴木代表も仰っていましたが、佐藤琢磨はフォーニュラーフォードからイギリスF3、ヨーロッパチャンピオンズカップ、マカオGPと、獲るべきタイトルを全て獲ってのF1参戦です。

F1に参戦してからの佐藤琢磨はマシンに恵まれていた時には経験不足。 経験を積み熟成されてきてからはマシンに恵まれず。 その中でも欧州を中心としたジャーナリストにはきちん評価されていました。 私の周りや、ネットの一部では佐藤琢磨の事を悪く言う方も居られますが、残念です。 

噂のルノーでも、ホンダでも、来シーズンの日本GPは鈴鹿です。 130Rを全開で駆け抜ける事が出来た数少ないスピードレーサー佐藤琢磨を鈴鹿で見たいではありませんか!

SA-F-1のいないモナコGPは、本日フリー走行が行なわれました。

マッサはモナコを不得意としているようでして、ここではライコネンに注力するフェラーリでしょうが、フリー走行2ではハミルトンとロズベルグが速かったそうです。

今年のモナコはドライバーズエイドが無くなって最初のレースとなります。 攻めればクラッシュが必至。 それとも無難に走るのでしょうか? 良いマシンで攻めれば楽しいでしょうが、集中力が欠かせない2時間でしょう。

HONDAのメルマガから、テストドライバーのブルツのコメントを転載しますので、ご興味のある方はどうぞ。
◆アレックス・ブルツのコースガイド  あれだけ狭いモナコの道をF1マシンで走るのは、正気の沙汰とはいえ ない。でも同時に、ほかでは絶対に経験できない、すばらしい挑戦でも ある。コーナーに突っ込んでいくたびに、新たな決断を迫られる。そし て絶対に、ミスは許されない。それを可能にするためには、とにかくリ ズムを作り上げることが重要だ。そのリズムをつかまない限り、どれだ けマシンを滑らせられるか把握できない。  スタート地点での、路面のグリップはすごい。これが市街地サーキッ トだということを考えると、驚くべきことだ。そこからあっという間に、 1コーナーのサント・デボートに到達する。いたずらにブレーキングを遅 らせたりせず、マシンに任せて、素直にコーナリングする。イン側の縁 石に、軽く触れながら。そしてカジノへの上り坂を、全開で駆け上がっ ていく。上りきったマッサネでは、マシンが着地した瞬間にブレーキン グ。かなり思いきって減速しないといけないが、そこでマシンを不安定 にさせると、大きくタイムロスしてしまう。マシンを完全に信頼し、大 きくマシンを滑り込ませる。  カジノの右コーナーは、3速で抜けていく。トラクションコントロール なしだと、この立ち上がりはけっこう難しい。ミラボーからは、急角度 で下っていく。ブレーキングでフロントが軽くなって、そこからの立ち 上がりで急激にグリップが回復する。相当に慎重なドライビングをしな ければならない。フェアモント・ヘアピンは、すごくRがきつい。でも普 通は、ステアリングを一度大きく回すだけで、クリアできるはず。立ち 上がりですぐに2速にシフトアップして、ホイールスピンをできるだけ防 いだ方がいい。ポルチエの立ち上がりは、非常に重要だ。そのあとのト ンネルを通って、長い全開区間が続くからだ。  トンネル自体は、今のV8エンジンではさほど難易度は高くない。とは いえ、すごいスピード感だ。出口では、時速300kmぐらいになってる。そ してシケイン手前の100mの標識で、フルブレーキング。ブレーキング地 点は下りだし、路面がちょっとバンピーだ。だからすぐに、ホイールを ロックさせやすい。次のタバココーナーも、すごく面白い。進入スピー ドがちょっとでも速いと、すぐにガードレールにぶつかってしまう。数 cm単位のコントロールが、必要とされる。とはいえ出口のグリップは十 分にある。だから、できるだけ速さを維持してコーナーに突っ込んで、 フロントタイヤのグリップ回復を待つのがいいと思う。  スイミング・プールまでの短い直線は、思いきり全開だ。進入で縁石 に乗るから、マシンは跳ねて、オーバーステアになる。大興奮する。2つ 目のシケインは、ほとんどルーティーンに近い。でもそうはいっても、 壁が迫ってることに変わりはない。少しでもミスしたら、すぐにガツン となる。ラスカスも、昔ほど難しくなくなった。そして最終コーナーは、 くれぐれもオーバースピードで進入しないように。むしろ立ち上がり重 視にしないと、メインストレートで失速してしまう。 追記、時事通信より

 【モンテカルロ23日時事】自動車レースのF1世界選手権シリーズからチームのスーパーアグリが撤退し、シートを失った佐藤琢磨が23日、モナコ・グランプリ(GP)の会場を訪れ、今後もF1ドライバーとして活動したい意向を示した。  佐藤によると、「(F1ではない)他のカテゴリーからの誘いはあった」そうだが、すべて断ったという。その上で、「(F1でも)レギュラードライバーの可能性がないと満足できない。そのあたりを視野に入れて交渉したい」と話し、ファンに対しては「信じて待っていてください」とメッセージを残した。 
| formula-1 | 00:53 | comments(0) | - |