RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

しばらくの間
午前10時半より午後9時まで営業。
日曜祝日は休業します
はやく 元通りに戻れますように

トップページへは、この上をクリックして下さい。
400mリレー 見事な銅メダル
お昼に行われた北京オリンピック野球準決勝で、宿敵韓国と闘った我らが星野ジャパン。

残念な結果となってしまいました。

シンクロチームも僅差ながら中国に遅れをとりました。 夕方の時間は、これといって見るものも見つからないという感じでした。

しかし、先ほど行なわれた男子400mリレーで、塚原直貴=末続慎吾=高平慎士=朝原宣治の4選手が80年ぶりのトラック競技での銅メダルを獲得してくれました。 やったー。

星野ジャパンも明日の対アメリカ戦に勝利すれば銅メダルを得る事が出来ますが、こちらは金メダルを期待されていました。 

韓国は先だっての国際試合で、アマ構成の日本代表に敗戦した後、マウンドの高さ、使用球、ストライクゾーン共に五輪仕様に変更してまでこの戦いに備えて来たと聞きます。

選手個々の力や気持ちにおいて、日本が韓国を始めとする他国に負けているとは思いませんが、準備や対策の面で見劣りしていた事は否めませんね。

対して400mリレーチームは、選手個々の力を補うべく、他国が採用していないバトンパスの手法を取り入れ、練習に練習を重ねていたと聞きます。 そこに運も味方して、素晴らしい結果を残してくれました。 一日の終わりに、素晴らしい戦いを見る事が出来て幸せな気分になりました。 ありがとうございます。 特に朝原選手は、奥さんとともに、ご近所さん(住所自体は違いますが、所属スイミングや大学が近く、川端ニック等にも出没されているようです)ですし、思い入れがありました。

できれば、銅メダルをかけた明日の対アメリカ戦に勝利していただき、大事なペナントレース中にチームを離れた意味を見いだしていただきたいと思います。 魂を見せていただきたい。

珍しいアシックスのミュールです。
| スポーツ | 00:04 | comments(4) | - |
銅メダルでこんなに嬉しい競技もあるのに…(涙)
昼間はTV見られないので野球録画しましたが、選手達の呆然とした姿を見る勇気がない根性なしです。
願わくばヤワラちゃんみたいに、開き直って力を出し切って欲しいですね。

準備が不足していたのでは?という記事が目に付くようになりました。
確かに、WBCの時は、使用球はもちろんロージンの種類まで取り上げられてたのに
今回は、あまりそういう報道もなく…
まあ、他にいっぱい報道しなきゃいけない競技があるし
野球も国際試合に慣れてきているってことかな?と
思っていたのですが。
今思えばそれこそが「油断」以外の何物でもありませんね。

やはり、本当に勝ちに行くのであればペナントレースを中断して
オリンピックに備えるべきだったのでしょう。
それができないなら、アマチュアの方にお任せする、と。
今まで、この手の議論がもうひとつピンとこなかったのですが
今回のことでやっと実感しました。
私にとっては、それが収穫です。
でも、この経験を生かせる機会はやってくるのでしょうか?

あ〜もう3位決定戦が始まる時間が刻々と…
泣いても笑っても、これが最後の試合。
みんな〜、がんばれ〜!がんばれ〜〜!!(録画しなくちゃ←懲りてない)
| 云月 | 2008/08/23 9:46 AM |

終わってしまいました。 
有名な江夏の21球で空振り三振に倒れた佐々木恭介は、これがきっかけとなり再び輝きを取り戻す事が無かったと聞きます。
GG佐藤などは後遺症が残るかもしれません。 しかし、このような事はたくさん経験済みで、あの場に立っていたのかもしれません。
韓国選手がご褒美として受け取る懲役免除に代わるものを、日本で探しても見つかりません。 新井や球児と矢野チャンは、いつから合流してくれるのでしょう? 色々な事が頭を巡ります。
準備のことに考えを馳せると、仕方ない、当然の結果だったのかもしれません。
国際ルール、国際審判団になれた選手を選んだ方がよい、と星野さんが言っていました。 私は、プロアマ規定、使用球問題で「日本の方が上感覚」を持っている偉いさん方の意識改革こそ必要だと思います。
WBCで勝ちたいなら、改革が必要でしょう。 五輪はもうありませんが。
陸連も酷い事になっていますが、、とほほ。
| rhymin' master | 2008/08/23 11:51 PM |

本当に残念でしたね〜。。。
GG佐藤選手、予選ではクッションボールを上手に処理したりして
守備のセンスの良さが見受けられたのですが
とうとう立ち直れませんでしたね。辛いです。

準決勝の前、会社で、普段野球を見ない女の子が
「韓国って、野球強いんですか〜?」と訊いてきました。
アジアのチームには日本が勝って当たり前、な雰囲気があるんやなーってその時思いました。
第1回WBCでは苦しんで、最後やっと勝った相手なんですけど。
あの時と違って今回は決勝に残った4チームのランクがはっきりしましたねえ。
これからは韓国に胸を借りるつもりで…(悔しいけど)
手始めに秋のアジアシリーズは厳しい戦いになるかも。

日本の「野球」も国際試合が増えると、いろいろ変わってくるかも知れませんが
日本人に適ったやり方を安易に手放してしまうのではなく
逆境でも自分達のプレーができるような強さを身につけて
欲しいな〜と思いました。

そういえば最近の高校野球、ビッグイニングが目立ちますね。
流れに呑まれてしまう子が多いのかな、とちょっと心配。
| 云月 | 2008/08/24 12:24 PM |

使用球ひとつをとっても、「日本の硬球はゴルフボールの技術を応用していて素晴らしい物なのだ。」と、話をすり替える人がいます。 それはそうだとしても、自分たちが優れているという視点では見えてこないものがあるでしょう。 上原投手は、使用球について触れていました。 飛ぶ飛ばないではなく、投手の手触り感がもっとも大事だと思います。
決して、金メダルがその後の人生を保証したり、徴兵免除だったりという裏書きになる国が良いとは思いません。 スポーツにお金をかける余裕のある国であって欲しいとは思います。
北京オリンピックにしても、この後に開催されるパラリンピックの成功こそが
大事なのではないでしょうか。 スポーツはすばらしい。 見るのもするのも楽しいです。 お金は必要ですが、お金のためっていうのは、、、あってもいいけど、あまり見えないようにしてね。 と、思いました。
| rhymin' master | 2008/08/25 1:26 AM |