RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
信じたくない、HONDAのF1撤退
岡田監督の辞任発表の比ではありません。 HONDAがエフワンから撤退してしまいました。

確かに第三期のHONDAの成績はタナボタの一勝に留まり、贔屓目に見ても酷い物でした。 しかし、知将名将の名を欲しいままにしたロスブロウンを擁し、来季の飛躍は約束されていると多くの方が期待していた中での電撃発表でした。 社長の記者会見は、
私どもHondaは、このたび、2008年をもってF1レース活動から撤退する ことを決定いたしました。  サブプライム問題に端を発した金融危機と、それらに伴う信用危機、 各国に広がった実体経済の急速な後退により、Hondaを取り巻くビジネ ス環境は急速に悪化してきています。  当面の世界経済は不透明さを増すばかりであり、回復にはしばらく時 間がかかることが予想されます。  Hondaはこの急激かつ大幅な市場環境の悪化に対し、迅速かつフレキシ ブルに対応をしてきましたが、将来への投資も含め、さらに経営資源の 効率的な再配分が必要との認識から、F1活動からの撤退を決定いたしま した。今後のHonda Racing F1 Team、英国でエンジンの供給を行ってき たHonda Racing Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含 め従業員と協議にはいります。  Hondaは第3期のF1活動として、2000年よりB・A・Rとの共同開発という 新しい形での参戦をいたしました。その後のF1を取り巻く環境変化によ り2006年よりHondaが100%出資するチームとしての運営に移行しました。 最高峰のレースへの挑戦は、思いのほか厳しい道のりでしたが、多くの 応援を頂き、2006年に貴重な1勝をあげることができました。頂いたご声 援に十分お応えすることなく撤退の決定をすることは大変困難をともな う決断でした。  今後は、この激動の時代を生き抜き、レースで培われたチャレンジン グ・スピリットをもって、様々な新たな課題に引き続き挑戦し続けてま いります。  これまで、ご声援をくださった多くのファンの皆様、そして活動を支 えてくださったF1界の皆様に対し、心よりお礼申し上げます。  尚、来年、鈴鹿サーキットでは予定どおりF1日本グランプリを開催い たします。来シーズンに向けての改修工事も順調に進んでおります。  ありがとうございました。

これでトロロッソのシートを佐藤琢磨選手が手にする事さえも出来なかったら、、来期はスカパーと契約しません。 仲間内で楽しんでいる、エフワン予想クイズのライミンカップも開催運営する気が出ません。 来週には佐藤琢磨選手がトロロッソの三回目のテストを受ける予定です。 せめて、たくちゃん、頑張ってグリッドに着いてね。
| formula-1 | 02:22 | comments(0) | - |