RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

9月20日 日曜日  21日 月曜日
おやすみさせてください

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
ダストレスチョーク
2/13日金曜日テレビ朝日報道ステーション放送内で、日本理化学工業という会社が紹介されていました。

粉の出ないダストレスチョークという商品を開発販売している会社です。

廃品として捨てられていたホタテの貝殻を原料として混入する事により、板書時に粉が出ず、書き味も滑らかなままで、なおかつ滑らかな書き味を実現している商品とのこと。 チョークと言えば、ビリヤード喜楽でも使用しておりますので、使ってみるようにしたいと思いました。

なぜこのダストレスチョークを使ってみたくなったのか? 番組をご覧になった方はご存知でしょうが、
日本理化学工業という会社は昭和12年創業。 以来日本国内シェア30%のトップメーカーと聞きました。 また、昭和35年以来、重度障害者の雇用に踏み切り、現在でも多くの障害者の方々を雇用されています。 番組内では、35年当時に養護学校から生徒さんの斡旋を依頼された当時の社長さんが、依頼を一度は断ったものの、「この子供達が一生働く喜びを知らずに終わってしまう」という言葉に2週間の体験就労を受け入れ、その後、終了のベルが鳴り終わるまで仕事を続ける生徒さんの姿に心を動かされた社員の皆さんが、社長さんに正社員として雇い入れる事を陳情する下りが紹介されました。 その時の生徒さんは、現在も笑顔で就労されておりました。

一人一人異なる障害に合わせて、仕事を選んだり、仕事がスムーズに出来るように、砂時計を採用したり、分銅に色をつけて判り易くしたりと、工夫は欠かせません。 

少子化の波が押し寄せる中、未曾有の不況という時節柄ですが、飽くなき商品開発を行ない、近くあこや貝を混合した新しいチョークも販売されるとも。 画面からも光輝く肌が見えました。

正社員の前に派遣社員の方々が、外国人の方々が解雇され、役員給与削減の前に人員削減が行なわれる昨今、障害者の雇用を守る姿勢を崩さない日本理化学工業の姿勢は賞賛されてしかるべきでしょう。

人間の幸せには4つあります。 『人に愛されること、人にほめられること、 人の役にたつこと、 人から必要とされること、の4つです。 働くことによって愛以外の三つの幸せは得られるのです』 と、これを社是にしていると紹介されています。 その通りだと思いました。

どうせチョークを買うなら、日本理化学工業製にしようと思いますよね。

同じく障害者雇用に先進的な姿勢を持たれていたのは、故クロネコヤマト社長です。 それを知ってから、宅急便はクロネコヤマトを、と心がけて来ました。 しかし、最近のクロネコヤマトは不祥事が多く報道されていますし、当家に届くメール便もトラブル連発です。 やはり、商品、サービスの質自体が水準を越えている事も大事です。そこはお商売ですから。

個人、家庭でチョークを購入する事は少ないと思いますが、覚えておいて下さい、日本理化学工業。
| その他 | 00:22 | comments(2) | - |
 2月13日の報道ステーションであこや貝のチョークのことが紹介されました。そのあこや貝ですが、神戸市内にある兵庫運河という、数年前までミナト施設であった海で、小学校の児童と親があこや貝を育てて、生き物生命の大切さとその生存に環境がもたらす意味を学ぶプロジェクトがありまして、そこで真珠を採った後の貝殻を「チョークにできませんか」と日本理化学工業さんにおたずねしたのがコトの始まりです。
 兵庫運河は都心の産業施設だったころは、子供が近寄ってはいけない、といわれるほど危険でキタナイところでしたが、今は改善されてレガッタ競技の公認練習コースにもなっています。でもそんな海で真珠が採れるなど誰も頭から信用しませんでした。でも夏から冬にかけて一週間に一回子供たちと大人が貝殻にくっつく虫や泥やホヤ・カキ果てはナゾの生物を取り除くお掃除をしてあげて、真珠が採れます。この作業は汚く臭くキモチワルイです。真珠が採れたとき大人の誰もがニッコニコ笑顔ですが子供たちは違います。「真珠を採った後あこや貝が死んでしまうのはかわいそう」と教えられました。それも自分の手できたないお掃除をしてあげた貝に情が移ったから出た発言でしょう。
 養殖真珠の生産手段であったあこや貝の貝殻を、産業廃棄物としないで、再活用するのは簡単なことではないと思います。でも炭酸カルシウムの純度が高いあこや貝の殻を資源として再利用する可能性が拓けたことは間違いありません。手前ミソな話ではなく、兵庫運河であこや貝を育てて真珠を採り、貝殻や身肉を活用するプロジェクトを進めるつもりです。
| 佐々木 亨 | 2009/03/17 9:42 PM |

佐々木様、興味深いお話を戴きましてありがとうございます。
せっかくですので、このまま転載させていただき、3/18日の記事とさせていただきます。
| rhymin' master | 2009/03/17 11:50 PM |