RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
オメガスピードマスターはウルトラ警備隊の支給品だった

オメガスピードマスターといえば、ホイヤーカレラと並んで車好きの時計というイメージがあります。 しかし、スピードマスターは後述していますように、宇宙との関わりをイメージさせる腕時計でもあります。 そんな宇宙との関わりを感じさせるTV番組を見ました。

1967〜68年に放送された円谷プロ制作のウルトラセブン第6話。 地球の軌道上にある宇宙都市ペガッサを破壊する使命を受け、ウルトラホークで大気圏を飛び出したウルトラ警備隊。 彼らの腕には地球防衛軍より支給されたオメガスピードマスターが輝いていました。 第6話では、アマギ隊員の右腕にあるスピードマスターが爆発のカウントダウンを刻んでいました。 コクピット内に装備されている時計を使用せずに、腕時計を使っています。 この2年後に、アポロ13号の飛行士が実際にスピードマスターで噴射時間等を計測して奇跡の地球生還を果たしたのですから、奇遇です。  車ではポルシェ911が半世紀近く基本コンセプトを変えずに作り続けていますが、水冷化は言うに及ばず、現在の911のデザインは初期型と別物です。 しかし、スピードマスターは、1997年にムーブメントの変更が有ったようですが、基本デザイン自体に変更ありません。  松本零士先生が、宇宙船のコックピットデザインのモチーフに、オメガスピードマスターとブライトリングとナビタイマーを使用したのも普遍性を見抜いておられたからでしょうか? オーディオアンプマッキントッシュのブルーメーターと共に、オメガスピードマスターの盤面は、永遠に男の憧れ。 いつまでたっても古びない、一生物と言えますね。

ウルトラ警備隊も腕に付けていました。動画で確認。
| television | 01:15 | comments(0) | - |