RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
残念
ハンガリーGP予選で負傷したマッサの代役として、「早すぎる引退」をしてしまったミハエルシューマッハが、お盆開けのバレンシアGPに出場すると伝えられていましたが、最終的にその計画は見送られてしまったようです。

引退してからはフェラーリのスーパーバイザーとしての仕事の傍ら、周囲の反対を押し切る形でスーパーバイクに搭乗していたミハエル。 幾度かのレース出場も果たしたと記憶していますし、レース中の転倒も経験しているはずです。 今年の2月に二輪のテスト走行中にも転倒していたようで、その時に負った首の傷の回復具合に問題があるということです。

先行していたブロウンGP。それを完全にキャッチアップしたレッドブル。 マクラーレンは件のハンガリーでは見事な復活劇を披露しています。 そこにフェラーリが食い込む力があるとは思えないのですが(今季型マシン開発を断念するというニュースがありました)、次回のバレンシアGPは市街地コースですので、不確定要素もあり、ミハエルならやってくれそうという期待を抱きたくなるシチュエーションでした。 また、トップ争いに絡めなくても、チーム内での順列は出て来ます。 精彩を欠くとは言え、方やライコネンもチャンピオン。 比べるに不足はないという組み合わせでした。

2人の戦いが見られないのは残念です。

また、再来年のJAFレースカレンダーに、エフワン日本GPの文字がありません。 やっと今年から鈴鹿でエフワンが見られるのに! このままでは鈴鹿どころか日本でエフワンが開催されないという事態となりそうです。 FIA発表のレースカレンダーから鈴鹿なり、日本の名前が消えていたという事ではありませんので、未だ不透明ではありますが、、。

次男が小学校から社会見学に出かけたのは三重県鈴鹿市のホンダでした。 大量生産のコンパクトカーがラインの上を流れるのも見たそうですし、少量生産のオープンカーのフロントスクリーンを人間2人の手作業で取付けているのも見学出来たそうです。 大変楽しい社会見学だったようですが、ホンダさんからのお土産の下敷きに描かれていたのは、、
良く覚えていませんが、交通安全やエコに関するものだったようです。 

そこにエフワンも、WGP二輪も、GTカーも、いや、アシモクンもいなかったようです。 さみし〜。

エコも安全も大事ですが、子供には夢も大事です。 爆音を立てて燃料をまき散らすようにして回路上の道を走り回る競技に、教育的要素は無いという判断だとしたら、それは寂しいです。

自動車屋さんなのにアシモを造ったのはホンダさんでしょ。 そのアシモが世界で初めて人間型二足歩行を達成した動力源は「夢」だったと信じています。 それは多分鉄腕アトムから紡がれた夢だったんだと思っています。

しばらくサーキットからホンダミュージックが聞かれないのは我慢しますが、鈴鹿でのエフワンは継続していただきたい。

ベッテルが、クピサが、未だ見ぬ新人が、どのように鈴鹿を攻めるのかを見てみたいです。

| formula-1 | 00:03 | comments(0) | - |