RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
世の中には「越後屋」が、たくさんいます。
昨年発売の新型薄型TVの背面から映像出力端子が消えています。 これまではコンポジットとS端子がありました。 この端子を手持ちのアナログ波にしか対応していない録画機に接続すると、TV側の番組表で予約したものを留守録することが出来ました。 S端子ですので、もちろんHD画質には遠く及びませんが、HDDに圧縮して録画したりVHSを利用する場合には十分なクオリティです。 録画信号出力中に画面は点きませんし、録画機のほとんどはシンクロREC機能を装備していますので、簡単な操作でデジタル放送録画が可能だったんです。 今までは。

映像出力端子を外すという事は、とりもなおさず、その手段を封じる事に他なりません! 音声出力は光端子で残っています。 これは、外付けのサラウンドシステム構築に必要不可欠です。

新たな消費が期待出来る為の端子は高コストでも取付けて、古い機械をいつまでも使用する為の端子は、簡単なものでも取り外してしまえ! という企みでしょう。

世の中には「越後屋さん」がたくさんいるようです。 

これは、映像出力が残っているブラビアの40型。 すこし古い2倍速モデルです。

永ちゃんが踊るCMでおなじみの4倍速モデルがこれ。 でも、Wチューナー装備で映像出力が無し? 裏番組録画がWチューナーのメリットだと考えるのですが? 知らずに買った人もいそうです。 もちろん、TVと同時にブルーレイを購入なさるお大尽には関係の無いお話ですが、SONYに限らず、ほとんどのメーカーでも同様の変化が認められます。 古い録画機を生かす方向で、新しいTV購入をお考えの方は、背面端子にもご注目下さい。 カタログでも確認出来ます。 入出力端子の欄を御覧下さい。

TV関係といえば、デジタル放送電波自体に関する所でも「越後屋」の暗躍が認められます。 と、言いますのは、
京都市内で受信するテレビ電波は、NHK京都局/KBS京都のUHF局が比叡山から送られています。 その他の近畿広域VHF局は生駒山から発射されているものを受信しています。 いわゆる地デジUHF電波も生駒山から発射されています。 標高640mを誇る生駒山ですが、そこからの電波だけで京都盆地全体をカバーする事は難しいのです。 特にUHF電波は直進性が強く、見通し状態で無いと上手く受信出来ないと聞いております。 生駒山から飛んできて、京都タワーを越えて飛ぶ電波ですが、京都タワーの天辺と、京都市内の北に位置する宝ケ池の水面とは同じ標高らしいです。 そりゃ、電波も大変です。 宝ケ池あたりの小山を越える事も難しかろうというもの。

そこで、総務省管轄だと思いますが、2010年の夏頃には新たな地デジ中継局を比叡山に設置運営して、京都市内全域をカバーする事が決定しているようです。 

この中継局が稼働すれば、おそらく比叡平や岩倉、嵯峨野、松ヶ崎、長岡京等の難視聴区域にとって福音となるはずです。

これが周知されると、有料のCATV契約が不要となるケースが出て来そうです。 新規にアンテナを設置する際にも、現在のように、比叡山向き/南向き二本のUHFアンテナを混合する必要から開放されます。 また、見通しで比叡山が見える窓やベランダ、物干がある家屋なら、室内アンテナや簡易アンテナでも十分な利得が得られるでしょう。

でも、ほとんどの方は、これを知らされていない。 知られては、アンテナ工事を発注しなくなるから。 知られては、薄型TVの買い控えに繋がるから。 知られては、CATVの解約に繋がるから。

エコポイント全般も、消費者や環境の方を向いていない事は、多くの方の語る所です。 今回の中継局新設情報が周知に至らないのも、同じ構図ではないでしょうか? 企業や団体の利益が優先されていますね。 

どうか、ここで得た情報を元にして、損をしないTV環境構築を行って下さい。

| エレクトロニクス | 19:54 | comments(0) | - |