RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
1泊2日走行1,000キロ 銀婚式記念富士山ドライブ その3
富士スバルラインのゲートを出て、137号線を使い河口湖を目指します。

河口湖大橋に二分される形で東西に分かれていますが、面積では六分の一ほどの東部分に多くのホテルが密集しています。 そのエリアの中でも富士山に背を向けて立地する南と、部屋から富士山と河口湖を同時に見ることができる北があります。 

その中に「風のテラス・ククナ」という南国リゾート風のホテルがあります。 今日のお宿です。

ホテル前に車を寄せて、チェック・イン。 ちょうど混んでいる時間帯のようです。 大きなホテルでも、この時間を苦痛に感じることがありますが、ククナでは宿泊客それぞれに椅子とテーブルが用意されます。 ハーブティかビネガーのウェルカムドリンクが用意され、それを楽しんでいる内に係の方が用紙を持って来られます。 その椅子に腰を掛けたままチェックインを済ませることが出来ます。

これなら、待ち時間も苦になりません。

丁寧な若い担当の方に連れられてエレベーターで5階まで。 このフロアまでは通常棟なんですが、そこから別のエレベーターを乗り継いで中央棟へ。 展望館と呼ばれる6〜8階のお部屋にはテラスに個人用露天風呂が付きます。 また、7階には展望館宿泊客用のコンシェルジェが小さなティラウンジの体をなしたエレベーターホールに居ます。

もちろん、展望館の他にもいわゆるスイートルームもあるようです。 通常棟と展望館との宿泊費用差は、シーズンによってまちまちですが、もし予算が許せるようなら展望館が断然オススメです。

室内側からガラスを通して露天風呂付きテラスを撮影しました。 向こうに河口湖と富士山が見えます。 ウッドデッキのテラス。 多少濡れても大丈夫な様にラタンを多用したカーペットや家具類。 とても清潔な室内でした。 

露天風呂付なので、洗面所にバスタブはありません。 ふたりが別々に使用することができるお洒落な洗面台も素敵です。 冷蔵庫や電気ポットの備えはもちろんですが、備え付けの食器の手入れが素晴らしく良いことも書いておきます。

これは部屋からの富士山。 時刻は5時14分と記録されています。 左半身を夕日が照らしています。 風がありましたので、逆さ富士は拝めませんでした。 明朝に期待しました。

最上階には露天風呂付き大浴場があります。 もちろんそこからも絶景が楽しめます。

そう言うと、エレベーター等で一緒になった中国人観光客のみなさんは大浴場では見かけません。 白人の宿泊客は沢山露天風呂を楽しんで居られます。 中国には火山や温泉が少ないので、富士箱根はアウトレットモールとセットで大人気だと聞いていましたが、大浴場という文化が無いのでしょうか? まぁ、タオルをジャバジャバ浸けられたり、大声で騒がれるのも嫌なので、良かったのか。

良いお湯をいただきましたが、お昼のほうとうがまだお腹の中に残っています。

そこで河口湖大橋を通り、手前の小さな河口湖を一周ウォーキングすることにします。 妻は、まさか一周するとは思っていなかったようですが、もうここまで来たら戻るも進むも一緒となだめて進みます。左から4軒目がククナです。 一周して戻る頃には夜はとっぷりと暮れていました。

つづく。
| 旅行 | 23:41 | comments(0) | - |