RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
愛宕山詣り 其の二
延々と続く階段状登山道を登りつづけること約1時間で 5合目に到達します。 

7月31日深夜に行われる千日詣り用だと思いますが 参道の両脇には電柱が並んでいることが分かりました。 場所に応じて緑色や茶色に塗られているので、夜間に登ることが多い 千日詣り時には気づかないかもしれませんね。

五合目に差し掛かると最初に眼に入るのがこも樽。 大杉大神としてお祀りされています。

そこから10分ほど歩くと、少し開けた場所があるのでひと休み。 苔むした大きな岩が目印になるかもしれません。 疲労が目線を下に落としますが、

こここそが落語愛宕山の舞台であることに気付かずに通り過ぎるところでした。 その昔、この場所でかわらけ投げが行われていた事を示す立て札は 帰路の目線でなら容易く見つけることが可能ですが、先を急ぐ登りの目線からは 確認しづらい場所に立っていました。

見つけることができて良かった。

落語では、この辺りから京都市内への眺望が開けていると云われていますが 実際はそれほどでもありません。 人間国宝米朝師匠が、「この噺は、実際に登らんほうが良いんや。嘘ばっかりやからな。」 と仰ってるようです。

私は鳴り物入りで賑やかな上方落語で楽しむより 江戸落語の正統継承者でありながら、上方落語にも造詣が深い「古今亭志ん朝」の一席が 大好きです。 

愛宕山の粗筋は こちらで http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E5%AE%95%E5%B1%B1_%28%E8%90%BD%E8%AA%9E%29

お手製の小判、晴れているのに傘を開けて記念撮影している私の意を汲んでくださる方は あの日に居られたでしょうか? 危ない人だと思われていたのでしょうか?

そこからさらに10分程進むと、
愛宕神社・水尾へと分かれる三叉路に到達します。 この辺りで7合目近く。 もうすぐです。

階段状に整備された参道ですが、もちろん段差は一定しません。 しっかりと足元を確認しながら進むことになります。 大勢の人とすれ違いますが、道幅は広いので待つことはありません。 しかし、あまり眺望が開ける場所が巡ってきません。  単調に歩を進めるだけの作業に感じるかもしれません。

一定の年齢を越えておられる近視の方にお伝えしておきます。 足元のピントが怪しくなる遠近両用メガネは危険かもしれませんので、近視用メガネを 用意なさることをオススメします。  

付録 道中、休憩所に利用できる東屋は点在しますが、トイレの用意がないことはお伝えしましたね。 知り合いがご夫婦で参詣された時のお話です。 どうしても我慢できなくなったご主人が奥様に「先に行ってて。すぐに追いつくから。」 適当な茂みを探して用を足していた まさにその時のことだそうです。 いつまで経っても追いつかないご主人のことが心配になった奥様が携帯を開いたんです。 しゃがみ込んでいたご主人。 とっさに携帯を取ることができません。 参道から少し離れた所から鳴り響く着メロのイン・ザ・ムード。 パラララッパッパパラララパラララララッラ、、、、、(汗)

| 旅行 | 18:04 | comments(0) | - |