RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition
Ferrari F1 Wireless Gamepad F60 - Limited Edition

Ferrari F1 Wireless Gamepad F60
for PS3
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント
Amazonベーシック ポータブルナビ用ダッシュボードマウント

PNDをダッシュボード上に安定して
設置するための座布団
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' ,since 1980
カフェ・ライミン・ブログ


午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
PARASOMブランドのお買い得イヤホン情報 追記

PARASOMというブランドのイヤホンがAmazonで販売されていますが、販売元よりお買い得クーポンの提供を受けましたので、掲載します。

R2は、クーポンコード I39AQBZW の利用で、Amazonでの販売価格が20%オフとなります。

A6のクーポンコードは R6YDQDIX

どちらも9月20日が使用期限となりますので、もしご購入をお考えの方が居られましたら、お早めに。

R2のレビューは既に書きました。

後日提供を受けていたA6の簡単なレビューを書き留めます。

Bluetooth接続方式4.1に準拠しているワイヤレスイヤホンは市場に溢れていますが、この製品が持つ特徴として一番上にあるのは、とても良い装着感だと感じました。

シリコンゴム製のイヤフックは、柔らかさと保持力を両立しています。

使用者によって外耳の大きさや耳腔の位置は千差万別でしょうが、、
、身の回りの複数で試したところ、おそらく万人にフィットするだろうなと思える感想を得ました。  

但しこのイヤフックは取り外し不可能です。

付属品

黒に赤いステッチがスポーツカーの内装を思わせるキャリングケース。

大中小3種類のイヤピース。 遮音性の強弱は、イヤピースの選択で調整できます。 低音量も比例する傾向にあります。

USBケーブルはフラットタイプで、これも質感の良い製品でした。

取説と、故障時に使用するリーフは全て英語表記です。

取説は英語のみですので、初期設定のコツだけを書き留めます。

右側ハウジングにあるメインスイッチを長押しすると、小さなLEDが青と赤の交互点滅状態に入ります。

これがBluetooth接続モードを示します。

使用端末のBluetoothモードをオンにすると、対象機器一覧に「Parasom A6」が現れますので、それを選択するだけです。

取説には書かれていませんが、注意すべきは

「供給端末一台に対して設定可能なBluetoothイヤホンは2台まで」ということ。

また「Bluetoothイヤホンは、一台の端末と接続が完了している状態で、新しい端末との契約は結べない」ということです。

手持ちのスマホと接続したあとに、タブレットと新規接続設定を行うときには、スマホ側の接続を切る必要がありますよ〜。

これに気づかずに「接続できない」と困っておられる方が案外多いので書き添えました。 i

OSと接続していると、iOS機器側で、A6の電池残量が確認できます。

Android端末との接続も確認しました。

Androidの亜流であるAmazon製タブレットとの接続も確認済みです。

音質ですが、

映画の視聴にはBluetooth接続故の遅延などは一切感じませんし、明瞭な台詞が楽しめます。

ラジオ番組や落語でも、アナウンサーの年齢が実際より若くなることも老けることもなく、自然に楽しめます。

ただ、音楽再生時にはジャンルを選ぶ傾向があると感じています。

中低音域が、少しブーミーで、歯切れが悪い傾向。

低音楽器の音程や打楽器との分離を楽しむ域には到達していないと感じました。 ので1点マイナスしています。

しかし、その装着感の良さを活かして、ストレッチ中・ランニングやウォーキング中・スポーツを楽しむ時には、そこまで音楽を聴きこむ姿勢で望まないケースも多そうです。

ヘッドセットとしての性能を活かして、他の仕事を行うときの助っ人として使用する場合などは、やはり長時間掛けていて辛くない製品が望まれます。

この製品の持ち味は、そのようなじ条件下でこそ生きるだろうな と感じています。

販売価格を考えると、非常にCP比は高いと感じました。

近い将来に発売される新型iPhoneには通常のイヤホンジャックが装備されないとか。 アダプターを利用して愛用のイヤホンを使うことは可能でしょうが、徐々にそんな時代に近づいていますね。 Bluetoothによる通信品質はドンドン進化しており、雑音などは気にならなくなっていますが、ワイヤレス故に音質は内臓アンプが決めてしまいます。 これまで以上に吟味することが必要になると感じております。
| お買い得情報 | 15:34 | comments(0) | - |