RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

緊急事態宣言 時短営業要請中は 午後9時までの営業となります

午前10時半より午後10時まで営業
日曜は午後5時で閉店してます

トップページへは、この上をクリックして下さい。
目の中に狼煙が立ち上ったら
18日 木曜日の午後4時頃

仕事が一段落して、新聞でも読もうかと、夕刊をカウンターの上に広げて目を落とした時のこと

目の前に煙が立ち上りました。

それは、狼煙のような、消えかけの焚き火のようなものです。

不織布マスクの糸くずが目に入ったのか、それともメガネに髪の毛が引っかかったのか?

そう思いながら顔を触りましたが、そこにはなにもありません。

眼球の上にまつげが乗っているのか?

鏡を見ましたが、なにもありません。

やがて煙は、その様子を変えて、

ヒビが入ったアクリル板を通して見るような風景を出すようになりました。

頭痛や、発熱、目眩はありません。

怖い。 

なにか恐ろしいことが頭の中で起こっている。 

恐怖感が私を覆います。

あと2時間早かったら、音羽病院勤務の眼科医の権威が目の前に居られたのに!

下調べ

視力は普通なので、ウェブで情報を集めることにしました。

飛蚊症(明るいところで、目の前に小さな虫が飛んでいるように感じる症状)と 煙が立ち上っているような現象

それと もうひとつ、急にフラッシュが焚かれたように感じる症状。

これらはすべて網膜剥離の前兆だということです。

軽微な飛蚊症の症状は、これまでも経験済みですが、すぐに収まることもありますし 還暦凸凹という実年齢を言い訳に、あまり気にしていなかったのが現実です。

しかし、狼煙は怖い。 

それこそ、大事な何かを教えてくれているのかと考えて、

近所のクリニックを受診することにします。 受診

検眼のあとの問診。

散瞳のための目薬を投薬したのち、眼底を調べてもらいました。

果たして網膜裂孔と診断されました。

消えかけの焚き火のような煙は、網膜の破れから吹き出していた血液だったんですね

網膜剥離までに進行すると、一週間ほどの術後入院が必要だと聞いたことがありましたが

即日レーザーによる手術が可能とのことなので即決しました。

手術

「麻酔をしますね」 と言われ、「え?目に注射?

「麻酔をしますね」 と言われ、「え?目に注射?」と少し後ずさりする思いでしたが 流石にそれはなく、点眼による麻酔でしたので、ホッとします。

再び散瞳のための点眼も行い、しばし待機。

額と顎を施術台に押し当て、医師の支持に従いつつ視線を時計回りに動かしつつ待機。

各位置で、複数回のレーザー照射を受けているようです。

「痛みはほぼありません」とのことでしたが、なにやら眼球の中が熱くなっているような 錯覚に囚われつつ、白目を綿棒で何度も抑えられているような感覚をも覚えました。

登山中に、下山している方々に「今、何合目くらいですか?」 とお尋ねになったことありますか?

それと似た気持ちになり、あとどれくらい照射が残っているのか?を知りたくて知りたくて。

そんなことを感じていると

医師が「ライミンさん、額をもっと押し付けてくださいね」

   「ライミンさん、顎が離れてませんか?」

知らぬ間に腰が引けていたんですね。  

あぁ恥ずかしい。

献血や注射の時の針は怖くありません。

チクッとするのは一瞬だし、嫌だなと思ったことはありません。

でも、延々と続く不自然な環境は辛かった。 

早く終わらないかな。

一体、何発のレーザー照射を受けたのか

一体、何分くらい経過したのか

実感は無いのですが、おそらく5分前後だったでしょうか。

終わりました。  患

部の周囲を入念に焼きましたので、もう大丈夫だと思います。

一週間後に経過観察しますので、再来院してください。

目薬、投薬はありません。

入浴も可能だし、食事制限もありません。

ラグビーやレスリングはダメですよ。 とのこと。

支払い

初診料などを含めて5万円と少しの請求額は、次回来院時に支払うことになります。

生命保険、医療保険の対象になる手術なので、保険会社には適時問い合わせることを 勧められました。

それなりの出費でしたが、日帰りで済みましたし、日常生活に支障もでておりません。

みなさ〜ん、それなりの年齢を重ねたら、こんなことも起こります。

健康なあなたの身にも起こることだと思います。

巣に帰らない虫の群れ  

突然のフラッシュ光 

消えかけた焚き火のような狼煙

それらは網膜の危険を知らせてくれるサイン 見逃さないようにしてください。

余談

その日 イチバン痛かったのは、麻酔の目薬を拭き取ってくださっていた助手さんが 他の方に呼ばれたときに「は〜い」と横を向かれた時のこと

不意に指先が白目に触れたんでしょうか、グイッと。

それがイチバン痛かった。 

その程度です。 
| からだ | 22:07 | comments(2) | - |
マスター、お久しぶりです。
また、大変なことが起こりましたね。
早目に気づいてホント良かったです。
網膜剥離になりレーザー治療となると
まだまだ長い治療時間がかかったことでしょう。
しばらくはまぶしくて目が開けられないとかあるのでしょうか?
治療後、眼や顔が腫れましたか?
マジで白眼にはさわらんといてほしいですよね^_^。
お大事になさってください。
| ターさん | 2021/02/23 5:50 AM |

ありがとね〜 もうすっかり治ったと 自分では感じてます

一晩寝たら 眩しさはゼロ 腫れもゼロ まったく普通どおりでした

木曜日に経過観察受診しますが コレを機に定期的な検査を勧められるかもね

5万円は痛い出費ですが 剥離にまで至ると治療期間も費用も 比較にならないと

聞いておりますので 納得してます

どなたにも起こり得ることなので 予兆を見逃さず注意してね

| rhymin' master | 2021/02/23 9:11 AM |