RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

3月8日と22日 両日曜日はお休みです

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
お休みのお知らせと WBC 2
26日 日曜日

27日 月曜日

都合によりお休みです。土曜日か火曜日に来て下さいね。

当ブログサイトへのコメント及びトラックバック攻撃が頻発しているため、当日最新ページにのみ、書き込み可能とさせて頂いております。 もし、書き込みをしていただけるようでしたら、ページに関わらず、最上部表示への書き込みをお願いします。

WBC日本代表チーム優勝、おめでとうございます。 点差はつきましたが、緊張感が持続した好いゲームではなかったでしょうか? ドミニカチームの試合も見たかったですね。 テレビで見た限り、日本、韓国、キューバは良いチームでしたね。 メキシコにも有難うですか。 打つだけではなく、好い守備が楽しめましたね。件のデービットソン審判員の1塁でクロスプレーが多かったのも今となってはご愛敬です。 宗りんのホームタッチをちゃんと見てくれた主審は立派です。 9回の守備時、日本ベンチの選手が足をグラウンドに踏み入れているのを注意しているのが、微笑ましかったです。 

しかし、王監督、面白かったですね。 
王監督といえば、ダイエー監督就任当時は、なかなか勝ち星に恵まれず、ベンチ内での様子を漫画で描かれる時は必ず斜線が入っていました。 ちょうど2004年の岡田監督の様です。王監督も、今でこそ名監督、人格者としてのイメージがあります。 しかし、お若い頃は怖かったそうです。 WBCでの王さんは表情がころころ変わって、ジェスチャーも大きくテレビ映えしてました。 見ていて、買って良かったなぁと 感じました。

岡田監督もまだまだ若いですが、これから上手く歳を重ねて名監督の道を歩んで欲しいですね。 王道野球、エースと4番を大事にする姿勢はお二人に共通したものと思います。 WBCが、4年後に再び開催される保証はありませんがしっかり、日本のコミッショナーが発言して、よりよい大会にして欲しいですね。

良い試合でした。
| スポーツ | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
まさかいきなり4点もとれるとは…。
これは点の取り合いになるな、と覚悟した1回表でした。
ミスもお互いに出たし、9回に突き放せてやっと
「勝てるかも…」と思いました。
キューバの不屈の闘志も見事でしたね。

最高の結果を出してくれたことは、本当に嬉しいのですが
何と言っても勝負は時の運かと。
始まる前からいろいろあったWBCが最後にこれだけ
盛り上がったのは、やっぱり参加した王監督と選手達の
素晴らしいプレーと野球への情熱の賜物だと思います。
彼らを誇りに思いますし、観客の1人として
「いい試合を見せてくれてありがとうございました!」と
言いたいです。楽しい日々でした。

コメントを求められた古田監督、原監督や清原選手も、
みんな少年のように顔を輝かせておられて、
とても微笑ましかったですね。

ところで、川崎選手、ホームベースにタッチした後
右腕にブロックの膝がぶつかってたみたいだけど
大丈夫だったのでしょうか。
ベンチで右腕を気にするシーンが一瞬映ったので気懸かりです。

それにしても、やっぱり王監督と岡田監督って、イメージする
野球が似てらっしゃるのでしょうか。
2次リーグまでの「…まだ動かへんかー…」という感じ、
なんか懐かしかったですもんね〜。
そんな岡田監督も、だんだんと風格が出てこられて、近頃では
風貌にも独特の魅力が備わってきたように感じられます。
さあ、いよいよ一回り逞しくなった(であろう)FKの帰還。
開幕まで10日となりました!
| 云月 | 2006/03/22 2:12 AM |

FK、あまり好いところがなかったようでしたが、多分に里崎捕手のリードに問題があったような気も、、。 藤川くんも久保田くんも、まだまだ自分で組み立てが出来るところまでは行ってないかもしれません。 やはり矢野捕手とのコンビネーションで真の力を発揮できるんでしょう。 そう信じたいですね。 2段モーション封印で、調子が崩れたなんて事がないように信じたいです。 里崎捕手、ベスト9に選ばれていましたが、多分打撃面の評価でしょ。強気一辺倒でしたしね。
そろそろ矢野捕手も全試合出場は無理でしょうから、若手の育成にも協力してほしいです。 やはり、扇の要。 大事です。 
シーズン開幕、楽しみに待ちましょう。
| rhymin master | 2006/03/23 12:57 AM |










http://rhymin.tblog.jp/trackback/78766