RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

午前10時半より午後9時まで営業

日曜は午後5時で閉店してます

はやく 元に戻れますように
トップページへは、この上をクリックして下さい。
まさにチャンピオンズレース、サンマリノGP
★★★ セナが亡くなったレースで後ろを走っていたミハエルが、ここでセナの持つポールポジション獲得回数記録65を上回りました。 あの時のセナのように13歳年下のアロンソを後ろに従え、今日のレースに挑みました。 抜きづらいコースとはいえマシンの性能はルノーの方が上です。 高速コースなので、リズム良くラインをキープして走り続けなくてはいけません。 ライバルのプレッシャーに負けてはたちまちタイムにも影響します。 踏んでよい縁石、駄目な縁石があります。
実質、勝敗を分けたのはピットワークでありました。 ホンダのバトンがここまで遅れたのはまさにピットワークミスです。 

しびれを切らしたアロンソが早めのピットイン、それを見て、ここしかないというタイミングでのフェラーリのピットワーク。それも、全くミスの無い作業でした。 ここを制する者がチャンピオンになるといわれるチャンピオンズコースです。 昨年もここでミハエルを打ち破ったアロンソがその後、勢いに乗りました。 今年のマシンを見る限り、ルノーの優位性が覆ることは難しそうですが、シェルの燃料も新しくなったようですし、タイヤも日々進歩しています。 夏場を迎えてどう展開するでしょう?

天国のセナも今日のようなレースなら喜んで観ていたでしょうね。 

鈴鹿やここイモラは、古くても、コース幅が狭くても、コースに魂があります。 コース上の順位入れ替わりが無くても、緊張感は伝わります。 来年はコース改修があるそうですが、魂を残したいい設計を望みたいです。 素晴らしいレースを有難う、ミハエル、アロンソ。
| formula-1 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
ご無沙汰してます。
今日はA・セナの命日ですね。
もう12年になります。

14:17 タンブレロコーナーに激突
19:45 死亡
偉大なチャンピオンが天国へ召されました。
二度とあのような事故は起こって欲しくないですね。
| しんじろう | 2006/05/01 5:38 PM |

最近では2輪の加藤大二郎選手も鈴鹿130Rで亡くなりましたね。
その事故以降、鈴鹿130Rは改修されましたが、世界GPは茂木に移ったままです。 命を賭けて戦う人たちの凄さを、お金を払って見ている私たち。 観客はよりスリリングなシーンを期待します。 その為にはスリリングなコースやレギュレーションが必要です。 しかし、人の命が消えゆく所まで見せ物にする必要はありませんね。
配慮の行き届いた運営、規則が望まれます。
佐藤琢磨選手、今年の車の性能なら大丈夫そうですが、また、勝負出来る車に乗れた時が心配です。 速い人って、車を降りたところが想像しにくいんです。 太ったセナとかイメージできませんでしたもの。
| rhymin master | 2006/05/01 10:14 PM |










http://rhymin.tblog.jp/trackback/84030