RECOMMEND
There Goes Rhymin' Simon
There Goes Rhymin' Simon

ライミンのルーツ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Deep Space Rhymin'

ディープ・スペース・ライミン
Information from Rhymin' since 1980
カフェ・ライミン・ブログ

3月8日と22日 両日曜日はお休みです

午前10時半より午後10時まで営業。
日曜祝日には午後5時で閉店しております。

トップページへは、この上をクリックして下さい。
スポーツと笑顔
トラッキーフルフェイス(バッター)

本日の対バッファローズ戦は残念ながら、降雨中止となりました。 5月というのに気温も上がらず、雨模様の日が続きます。そんな中、昨日の対日ハム戦で楽しい出来事があったようです。 新庄選手が試合前、守備練習で阪神5番のユニフォームを着て登場。 もちろん、試合前から球場に詰めかけていたファンは1塁側3塁側を問わずの大声援だったそうです。 事前に新庄サイドから要請があったそうで、阪神側もこれを快諾。 審判団にも断ってからのパフォーマンスだったそうです。 岡田監督自身、どう思っていたのか? 聞いてみたい気もしますが、同時期にユニフォームを着て戦った戦友でもあり、快く了承したと信じたいです。 星野さん、野村さんであれば、どうたったでしょう? 野村さんはともかく、星野さんでも怪しかったような気がします。 と、いうのもムーア投手が活躍した頃、甲子園の売店で「ムーアの付け髭」が売られていました。 折りしも、赤星選手とムーア選手の活躍で勝った試合。 お立ち台に上がった赤星選手の口元に付け髭が、、。それを見た星野監督、烈火の如く怒り、翌日から「ムーアの付け髭」は売店からその姿を消しました。 試合前の外野でプロレス技を連発する、先代トラッキーを首にしたのも星野監督でした。 今は横浜でブラックホッシーとして活躍していますね。 一度は新庄のプランを承諾したはずの審判団も今日になってから、新庄サイドに自粛を申し入れたそうです。 なんだかね。 

先日のバルサ対チェルシー戦でのロナウジーニョ選手の事です。 最近、公的な日本のCMでもおなじみです。 お世辞にも男前とは言えませんが、笑うと可愛いですね。 しかし、試合中の笑顔は、もっと素敵です。 新庄選手も、笑顔が素敵、歯も白い。  スロー再生で確認しますと、両選手ともインパクトの瞬間は笑っていません。 多分、練習で高負荷をかけている時も笑っていないでしょう。 負け試合の時も笑っていません。 しかし、いいプレーをしている時はいい顔で笑っていますね。

以前、日本シリーズを控えて、解説の仕事を引き受けた古田選手がいっていました。彼が言うには、
「シリーズを控えて、試合前のインタビューで、{楽しみたい}と語る選手は決して活躍しない。」と。 確かに、その予言は的中しました。 確か、現楽天所属の磯部選手がその人でした。 でも、それは決してジンクスや占いではありません。 日本人のメンタリティと集団のメカニズムとの関係からはじき出された一つの例だったと思います。 それが証拠に、古田新監督は野球を楽しむと言っています。

スポーツ選手は練習時には歯を食いしばり、口元から笑みは消えています。 勉強でも、集中力を欠いた状態では効果は上がらないと思います。 しかし、勉強もスポーツの練習も、それが目的ではつまらんではないですか。 その努力で得た力を使って、結果を出すためにがんばるのでしょう。 そして、向上代を自覚した時、笑えば良いのではないでしょうか。

日本代表には覇気がないと嘆いていた中田英寿選手。 今回のワールドカップでは、予選突破の後、最低1勝はしたい。 そして、ゲームを楽しみたいと、言っています。 一瞬、違和感を覚えましたが、よくよく考えると、覇気を持って戦う事とゲームを楽しむことは両立します。 負けているのにへらへらしているのが、駄目なだけですよね。 期待しましょう、カピタン・ナカ〜タのキャプテンシーに。

先日、録画したバルサの試合を店で見ていました。 フト見た人が曰く。 「これは2倍速で見ているのか?」 いいえ、等倍速です。 ハードディスクレコーダーの場合、ノイズレスで音声もピッチが上がらず再生出来るため、一瞬、錯覚しますね。 日本の試合を見た後だと。 あまりにスピードが違います。 しかし、どんなに足の速い選手でもボールより速く走ることは出来ません。 されば、正確なパス回しでボールを進めれば良いわけですね。 もちろん、それが困難ではありましょうが、それをしてこその活路でしょう。 できれば、決勝トーナメントに進めることを、奇跡を祈ります。
| スポーツ | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://rhymin.tblog.jp/trackback/88985